お勧めの本

昨年の暮れに大阪は茶屋町に日本最大(?)級の本屋さんがオープンした。『丸善&ジュンク堂』書店である。B1から7Fまで、本、本そして本。洋書は6Fで参考書や英語その他外国語の本などは7F。
勿論、その数のすごさには、半日この本屋さんで時間を費やすことができるのは間違いない。本好きにはたまらないこと間違いなし。また、洋書の数も素晴らしい。昨年、愛用していた紀伊国屋書店が改装と同時に、洋書の数を大幅に減らしたこともあり、ちょっと残念に思っていた矢先、この大型書店のオープン。気分も晴れる・・・。(ちょっと大げさかな?)
書店のレイアウトもわかりやすいし、落ち着くスペース。心地よい心地よい。ここでぼ〜っとしたい。 ただ、仕事の合間にぱっ、と興味を引く本を見つける場合、毎回大型書店に足を運ぶわけにもいかない。 そんなときの愛用書店がBOOK 1st。駅からも近いし、そんなに時間のないときに本を見つけるには程よいサイズ。また本のセレクションもなかなかよろしい。(これはただ単に好みの問題ですが・・・)そこで先日みつけたのが、
単行本で『その英語ちょっとエラそうです』著者:デイビッド・セイン。ご存知の方も多いのではないでしょうか? 英語に関してかかれている本は何を選んでいいか迷うぐらい沢山ある中、どういうわけかタイトルに惹かれお買い上げ。
勉強するぞ〜。モードで読むものではなく、気軽に肩を張らずに読めるのがいい。また、結構分かりやすく、退屈させないところが○。オンラインブックショップ、アマゾンで調べると結構この著者の方、本を出していたので、早速注文。(お手頃価格だし)
c0215031_1122247.jpg
 英語学習されてる方にはお勧めの一冊です。気楽に読んでみて下さい。

コネクション英会話スクールへのお問合せはこちらへどうぞ↓

電話: 06-6211-2181    E-mail: info@connection-eikaiwa.com
ホームページ: www.connection-eikaiwa.com

[PR]
# by connection-eigo | 2011-06-14 11:02

お詫び・・・。

先週の金曜日6/3から3日間ほど、更新の手続きの手違いから当校のホームページがご覧いただけず、誠にご迷惑をおかけしたこと、取り急ぎお詫び申し上げます。

これからもConnectionをどうぞ宜しくお願いいたします



コネクション英会話スクールへのお問合せはこちらへどうぞ↓

電話: 06-6211-2181    E-mail: info@connection-eikaiwa.com
ホームページ: www.connection-eikaiwa.com

[PR]
# by connection-eigo | 2011-06-06 20:21

6月・・・。

先週に梅雨入り宣言に入ってから、本当に雨が大いですね。先週の週末は、まさに ''it rained cats and dogs.''
(土砂降りだった!)あそこまではげしく雨が降ると、気分を消沈させるのは通りすぎて、床上浸水ならないかどうか、心配になってきたぐらいである。
さて、今日から6月。衣替えにはすきっとしない、ちょっと湿気を感じる。でも、半袖ではまだ肌寒い日のようだ。つまりは、はっきりしない天候ということ・・・。
衣替え・・・・、日本も近頃四季を感じなくなったと言われて久しい今日この頃、皆さんは衣替えする派?それともしない派? この時期になると思い出す事がある。かれこれ20余年前、私がカナダに住んでた頃、今亡き両親がはるばる日本からカナダはトロントに訪ねてきてくれた。時期は確か7月頃だったと記憶している。 当時、両親の海外旅行は、韓国やグアムちょっと遠出でハワイ、だったろうか。なので初めての北米は、この2人にとって大きな衝撃をもたらせた。つまりカルチャーショックを肌で体験。 買い物好きだった母は、EATON CENTERイートンセンターといって、大型ショッピングモール、いまでこそ日本ではもう珍しくもなんともないが当時は日本にはあまり、存在しなかった、いや、なかったと思う。)をぐるぐる、目がきらきら輝いていたものだ。昭和一桁生まれの父はもちろん買い物につきあうはずもない。母は父に、「ここで座っとって。ちょっとぐるってまわってくるから。」そのちょっとが、ゆうゆう1時間を過ぎ、父は待ちぼうけ。言葉も通じなければ、左も右も分からない。日本人かと思って喋りかけたら、中国人・・・(苦笑い)。興奮から少々さめ我に返った母、父を結構またしていることに時間をみて気付く。悪いと感じた母は、ベンチに待つ父のもとへ小走りで。(手には一杯のショッピングバッグ)以外や以外、父親は全くもって平然、いや、以外と楽しんでいるように見えた。 コスモポリタンなトロント、いろいろな人種がいてる。夏で暑いのにもかかわらず、ブーツを履いて革ジャンを着てる人もいたら、タンクトップ姿のねーちゃん。まずは、当時の大阪でみかけない光景がたくさんで、人間ウオッチングを満喫したようだ。そう思えば,日本も今は随分ヴァリエーションが増えました。おしゃれ〜ですよね。ほんと。ちなみに私は今日ブーツ履いている。20年前だったら考えられなかっただろう。

ちなみにこの「衣替え(衣更え)」の習慣は平安時代にまでさかのぼるらしい。宮中では、旧暦の4月1日に、冬の着物を夏物に。10月1日に夏の着物から冬物に替えたらしいとのこと。

TERUMI

コネクション英会話スクールへのお問合せはこちらへどうぞ↓

電話: 06-6211-2181    E-mail: info@connection-eikaiwa.com
ホームページ: www.connection-eikaiwa.com

[PR]
# by connection-eigo | 2011-06-01 11:50

WORKSHOP ''カナダを知ろう(トロント)編''

カナダ在住,Education Primeより宮本理絵さんを招いて、この度ワークショップをCONNECTIONにて開催することになりました。
ミニ英会話レッスンをいれながら、カナダはトロントの魅力や文化そして旬な話題を紹介していただきます。午後のお茶菓子をいただきながら、気分はカナダ。 
皆さんのご参加お待ち申し上げております。


Title:ワークショップ 「カナダを知ろう!(Toronto)」
Place: コネクション
Date: 6月15日(水) 13:00-14:30 
Fee: Connection/Muse students : ¥1,500 / 一般:¥1,800

注) 定員10名迄 
準備の都合上、参加希望者の方は前日までにメールもしくは、お電話にてご予約下さい。


c0215031_172044100.jpg

コネクション英会話スクールへのお問合せはこちらへどうぞ↓

電話: 06-6211-2181    E-mail: info@connection-eikaiwa.com
ホームページ: www.connection-eikaiwa.com

[PR]
# by connection-eigo | 2011-05-24 17:20

イヴェントのご案内

MUSE ENGLISH 加島校において、6/18 (土)に、イヴェントを開催いたします。

詳細は下記の通りです。

お願い:
1. 定員は8名です。ご参加ご希望の方は事前にご予約下さい。 定員がいっぱいになり次第打ち切らせていただきます。 少しでも多くの皆さんに気持ちよく参加していただけますよう、お申し込み後のキャンセルは当日の5日までにお知らせ下さい。
2. チーズの入荷の都合により、使用するチーズが変更になることがあります。
予めご了承下さい。


お問い合わせ・お申し込み先:
Connection 06-6211-2181 三栖まで。
Muse english 06-6390-2133 / reiko@muse-eng.jp 後藤まで。


コネクション英会話スクールへのお問合せはこちらへどうぞ↓

電話: 06-6211-2181    E-mail: info@connection-eikaiwa.com
ホームページ: www.connection-eikaiwa.com

[PR]
# by connection-eigo | 2011-05-14 14:10

講師やスタッフが綴るブログです。


by connection-eigo
プロフィールを見る
画像一覧