朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Jan.11 2018

早いもので1月も下旬を迎えました。昨日22日月曜日は、寒波が関東地方を襲い、雪がみるみる間に積もり、雪景色となりました。4年ぶりの大雪だそうです。私の息子が神奈川県に住んでいます。送られてきた写真がこちらです。176.png150.png
c0215031_22152228.gif
大阪ではなかなかここまで積もることがないので、初めての体験のようで、びっくりしたようです。関西地方も昨日の晩から空気が冷たい日が続きます。明日24日はこの冬の一番冷え込む日となりそうなので、ご自愛下さい130.png

さて、本題に入りましょう。今年2018年初『英語で学ぶ日本語文化』。2週目の11日に講座がありました。11日はえべっさん最終日。前日の10日がシトシト雨が降り、寒い日となったので、神社に御詣り行く人も少なく、この11日が混み合ったようです。

さて、いつものように、様々なお菓子が机を飾り付けてくれます。1月はやはり『花びら餅』。お茶では初釜に戴く和菓子です。白い生地のお餅にうっすらとピンク色がほどこされ、新春を感じさせる和菓子です。S氏が毎回旬の和菓子を持ってきて下さいます。
c0215031_22152854.gif
他にも、顔がほころびるお菓子が並んでいます。受講生のみなさん、いつも有難うございます113.png

S氏のミニプレゼンは『日本の山岳信仰 - Mountain worship in Japan』日本には多くの山々からなっている島国です。古代から日本では、山からの恵みの恩恵を受け、一方で火山などのような、自然のもたらす破壊から畏怖・畏敬の念から、山は神が鎮座する場所とされ、神や温霊が宿る、あるいは降臨する場所と信じられ祭祀が行われてきました。
私たちは神社にある本殿でお詣りをします。なんと日本最古の神社である大神神社では、本殿を設けずに拝殿の奥にある三ツ鳥居を通して三輪山そのものを神として拝むそうです。

山に登った霊魂は一定の歳月が経つと自然に神の地位へと上昇し、神は季節に応じて今度や里に降りて来るとのこと。秋の収穫を終えると山に帰る・・・。これが田や神の年神となり、里に定着すると氏神や産土神になるということ・・。興味深いです。

仏教が伝来する前、古代日本ではまさにこの山岳信仰が存在していました。また日本は農耕民族であったということが、大きなポイントとなるのではないでしょうか。仏教伝来以来、仏教は大陸とは少々違う、日本という土壌に合う宗教観が生まれました。(そんな中、四季折々に行われる節句の由来は中国ですが・・。)日本の仏教信仰においても人が亡き人になると、四十九日、三回忌
七回忌・・・五十回忌といった亡き人を偲ぶ法事が執り行われます。今回のS氏のミニプレゼンでありましたが、人は歳月と共に自然の神の地位へと上昇する。または祖霊になると言われています。自然は恵みをもたらし、また脅威にもなる。S氏は修験道にも触れられました。修験道とは、日本古来の山岳信仰を中心にしつつ神道、仏教、道教、陰陽道などが習合し確立された日本独特の宗教です。修験道の実践者を山伏と言います。明治時代になってかなりの山伏がいなくなったと聞いたことがあります。吉野山から大夆山系を経て、熊野本宮大社に至る80キロの道が修験道の修行の道になっているそうです。

便利になったこのご時勢、インターネット一つで様々な情報をゲットすることができます。一方で競争化は進み、均一化する社会。あまり自分の色出せないのかもしれません。これ決して、日本だけではないと思うのです。格差社会はどこでも見受けられます。SNSの産物でしょうか?世界的に寛容性がなくなってきています。
そんな時代だからこそ、人は何処かで拠り所を求めているのかもしれません。山に登ってみたり、神社やお寺詣りをしたり、などなどどこかに所属するのではなく、おもむろにふらっと出掛けるのはいいことかもしれません。


次にM氏のミニプレゼンです。童謡が生まれてどれぐらいになると思いますか?なんと100年だそうです。150.png タイトルは『童謡が生まれて100年(童謡誕生100周年)です。1918年7月1日に童話や童謡を創作するための文芸雑誌『赤い鳥』が発刊されたそうです。この文芸雑誌が創刊されて満100年。大正7年ですから、もし私の亡き祖母がもしまだ生きていたら大正4年生まれなので、103歳ぐらいでしょうか?

『赤い鳥』は日本を代表する優れた、詩人や作曲家の多くが参加し、またここで多くの童謡が生まれたとのこと。いつの時代にあっても童謡は、自然を大切にし、全ての生き物を思いやる優しい『心』が歌い込まれています。私も小学生の頃は童謡を沢山歌った思い出があります。M氏曰く、今、自然環境、社会環境は著しく変化し、私たち人間は心の豊かさを見失ってきていると・・・。今はあまり学校でも童謡を歌わないと聞きました。これは私の意見なのですが、今の日本の教育には賛同できないということです。歴史に文学、哲学、そしてや音楽などのような教科から学ぶ情操教育を軽視している事です。目先の損得が重視される社会、仕方ないのかな? しかしながら、残念ながら、今の日本の教育は目先だけのものとなってきています。もっと心を豊かにする教育をはぐんでいきたいものです。138.png


S女史のミニプレゼンは年末の『天声人語』を紹介して下さいました。年末の起った出来事を覚えていらっしゃるでしょうか?まだ1ヶ月前のことです。日本では、相撲業界の話でもちっきり!(今もですが・・・。)S女史がピックアップした天声人語は、12/23はやはりクリスマスの話題でしょう〜!次に、中東和平とトランプ大統領。US大統領の発言により、すでに10名のパレスチナ人が命を落としました。妄動・妄言なければ失われなかった命。
次にはチャールズ・チャップリン。12/25、喜劇王チャップリンが没して40年。笑いでファシズムに立ち向ったコメディアンでした。時代を痛烈に皮肉りながら人間という存在に最後まで信頼を置いたチャップリン。さて、グローバル化が進み、均一化が進む中、コンセンサスばかりが一人歩き。人間という土臭さが行けていないこの時代、人間が機械化してきているのだろうか。まさしくAI。人間のコンピュータ化。しまいにAIが人間を支配する時代がやってうるかもしれません。チャップリンがもしこの時代に生きていたらどう思うのだろう。天声人語はあと二つ続きます。イーグルス『ホテルカリフォルニア』。結論を述べると、時代が進むごとにイントロが短くなっているらしい。確かにホテルカリフォルニア、イントロが長かった。さて、文化論として、これはどういう意味が含まれているのでしょうか? 最後は『ロケットマン』。誰のことでしょう?核とミサイルの開発。もうお分かりでしょう。『小さなロケットマン』と命名したのも誰かはお分かりでしょう。年末は核戦争になるのか、などなどかなり緊迫した情勢でしたが、現在は平昌オリンピックを控えて小康状態を保っています。

最後はY女史。年末の大晦日は神社前で晦?されたそう・・。地元の神社にお詣りされたY女史、23:00ごろに神社に到着するや、かなりの行列だったそうです。私も1日の日中に地元の神社に初詣に行ったのですが、いつも以上の行列でした。お天気も良かったからでしょうか。あとひとつ気付いたことは、ワンチャンを連れてる方が多かったこと。さすが戌年です。
Y女史の、ミニプレゼンは、ある、海外の女性が日本語と文化を学ぶにあたりエッセイを執筆された本を読んで、その反対として日本人が英語を習得するにあたりご自身のご経験をお話しされました。よく日本における英語教育について議論されます。どうして日本人は英語が話せないのか?ということも議論されています。昔、授業で学んだ英語、日本の教育機関で習得した英語を話して、アメリカ人の人に、そんな表現はないよ〜と言われた。そう言われちゃうと、急に英語を話すということに、これが合っているのかどうか自信無くして、''Perdon?'' '' Sorry, I don't I understand what you mean,''なんて言われたもんなら、自分の英語が全否定されたようで。こんな経験ありませんか? 言語は多様化しています。ふた昔前、もっと以前は英語イコールアメリカンののりでありましたが、時代は変わっています。英語を母国語とする以外の国や地域でも英語がコミュニケーションのツールとして使用されています。ネイティブ同士でも、国や地域が変われば、通じない時もあります。正直、日本語を話していて通じない場面が多々あります。やはり自身の経験、ドラえもんのようなポケットを増やしていくことでしょうか。日本における英語教育もこれからどんどん変化していくと思うのです。が、それにはブレない教育育成が大切かもしれません。

次回の講座は2/1 です。立春間近となりました。春はもうすぐそこです。改めて今年も宜しくお願い致します。 (T.M)


[PR]
# by connection-eigo | 2018-01-24 00:29 | プレゼンテーション

2018新春 ニュースレター出来上がりました!

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。 

12月に皆様の手元へ!と思ったニュースレター、1ヶ月遅れで仕上がりました。119.png

来週より各教室で配布していきます。今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

c0215031_12115428.png
c0215031_12115911.png
c0215031_12120230.png
c0215031_12120590.png

[PR]
# by connection-eigo | 2018-01-11 12:13

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Dec.7.2017

大晦日の日ようやく『英語で学ぶ日本文化』講座の受講生の方のミニプレゼンをアップすることが出来そうです。28&29日は寝込むまではいきませんでしたが少々体調を崩してしましました。大事に至らないように、いつもよりゴタゴタせず、すごい睡眠を取り、昨日からまたフル活動しています109.png109.png

12月に並んだ旬のお菓子と果物です。
c0215031_12414241.jpg
いつも美味しく戴く旬の食べ物。いつも皆様感謝感謝113.png

S女史は『安藤忠雄の建築物』について。安藤氏は建築家として有名な方。24歳の年に世界を旅されました。1969年に大阪に戻り、安藤忠雄建築研究所を設立し、個人住宅を多く手がけたそうです。1970年代中旬に「住吉の長屋」で有名になり世界的に評価を得ました。
c0215031_17205664.jpg
今では普通に見かけるコンクリートの建造物、当時は革新的だったと思います。彼の凄いのは、独学で建築を学日、建築設計事務所でのアルバイトを経て、建築士試験に合格したこと。150.png
偶然に11月頃、安藤氏がテレビに出演されてらっしゃっているのを拝見しました。東京は国立新美術館開館10周年の安藤忠雄展―挑戦―が開催されていたことにちなんでの番組だったかと思います。こんな言い方は失礼ですが、正直な感想、バリバリの大阪のおっちゃんでした。でも彼の感性や発想力が月並み外れていることが話の中から伺えました。司馬遼太郎の記念館も安藤氏が設計したということで、是非来年は訪れて見たく思います。私が好きな建造物の一つは、光の教会です。
c0215031_17201606.jpg
フォルムがとても美しいです。何点か彼の作品を紹介してくださいました。ミニプレゼンをされたS女史、この講座の後に安藤忠雄展に行かれるとおっしゃっていたので、1月のミニプレゼンが楽しみです。その時に詳しく、blogとして紹介していきます。他の受講生の方に安藤忠雄氏の建築家について尋ねてみました。賛否両論でした。あまり・・とおっしゃった方の理由として、一つ挙げられるのは実用さに欠けるとの事です。最近私が訪れた安藤忠雄氏作品の建物は、兵庫県立美術館です。
c0215031_17204242.jpeg

次にY女史のミニプレゼンです。
近頃講座では、二十四節気にプラスアルファし、仏像を英語で説明すると?といったような読み物を入れています。お寺に行けば目にする仏さん。何気にみてるけれども如来と菩薩の見分け方とかは皆さん説明できるでしょうか?しかしながら近頃仏像が人気あるのですよ。Y女史も最近日本の仏像に興味を持っていただけたようです。10月に興福寺を訪れ、しっかりと仏像を拝観されたようです。興福寺は多くの『国宝』『文化遺産』が保存されています。最も有名な一つの仏像は阿修羅さんではないでしょうか。
c0215031_17345828.jpg
中性的ではありながら、どこか少年のような、お顔をされています。実物の仏様は誠に迫力があり美しいです。興福寺のホームページには詳しい情報が盛りだくさんです。ご興味のある方はこちらをクリックして下さい。

次にS氏、タイトルは『戌・犬』Dogです。さて、明日は新年を迎えます。十二支の干支は、Dogです。十二支の干支に登場する動物はそれぞれ異なる特性 (キャラクター)を持っていて、同じ干支に生まれた人はその特性を共有すると言われています。さて、戌年生まれの人のキャラクターは?とても誠実で義理人情に厚いと言われているそうで、また優れたリーダーになる素質があるとのこと。私の周りに戌年生まれの人いるかな?と思い起こす。どういうわけか、あまり思い当たらないことに改めて気づく・・・。119.png

S氏は戌にまつわるいくつかのことわざを紹介して下さいました。そして、忘れてはいけません。忠犬ハチ公はとても有名です。最後に初めて知ったこと・・伊勢詣でをした犬のことです。「犬の伊勢参り」(平凡社新書)仁科 邦男著によると、
最初の犬の伊勢参りは1771年犬が伊勢神宮に参拝したという記録が残っているということです。伊勢神宮では犬は不浄な動物で神宮に立ち入ることが出来ませんでした。しかしこのワンちゃん、本宮前の広場で拝礼の伏せをしたので、神官たちはこれは普通の犬ではない、ということで、犬をいたわりお札をくくりつけたあげたそう。
江戸時代には、伊勢神宮に参拝する「おかげ参り」が盛んになったそうです。なんと、犬だけで伊勢神宮まで無事にお参りして返って来るケースもあったそうです。犬の主人は犬の首にしめ縄などでお金を入れた袋をぶら下げて送り出したそうです。この姿を見た人はおかげ犬だとわかるので、餌を与えたり、宿泊させてあげたりしたそうです。無事に帰宅した犬の首にはお参りの証としてお札たついて痛そうです。明治になって伊勢参りの犬がいなくなったのは、そまで日本では、地域で飼っていた里犬が一般だったのが文化開花によって、犬は個人が管理するものとなり、このようなしきたりがなくなったそうです。ご興味のある方はこちらの本如何でしょうか?
c0215031_18064912.jpg
最後にM氏のプレゼン、・・。いや、この度はプレゼンというよりかはクイズでした。10月28日の日経の記事からです。
私は0点でした。149.png成績優秀者はS氏です。

1. 和牛には4種類あるが、そのうち、黒毛和牛は何%程度か? ① 9% ② 63% ③ 38% ④ 8%
2. 国産豚肉が売られているが「三元豚」が占める割合は? ① 75%以上 ② 55% ③ 35% ④ 15%以下
3. 生きた豚を100とすると精肉になる割合はどれぐらい? ① 44% ② 54% ③ 64% ④ 74%
4. 牛肉商品量が最も多い都市は?    ① 新潟 ② 和歌山 ③ 名古屋 ④ 宮崎
5. 牛ヒレ肉について間違っているのは?  ① ヒレの語源はフランス語 ② 最も動かないところが筋肉の部位
                ③ 一頭の牛からたった30%しか取れない ④ ヒレはテンダーロインとも呼ばれている。
6. 牛肉の格付けを決める基準でないものは? ① 肉の質''きめ細かさ'' ''食感'' ② 味 ③ 赤身と脂身のバランス
        ④ お肉への工程(処理)へのパーセンテージ。
7. 食べて運動した時脂肪燃焼効果が最も高いのは?  ① 牛肉 ② 豚 ③ 鳥 ④ 当てはまらない
8. 明治時代に「肉が滋養に良い」との推奨者は誰?  ① 森鴎外 ② 福沢諭吉 ③ 北里柴三郎 ④ 伊藤博文
9. 豚は生後何ヶ月で出荷されるか?  ① 6ヶ月 ② 12ヶ月 ③ 18ヶ月 ④ 24ヶ月
10. 牛タンの輸入量は国内生産量のおよそ何倍?  ① 2倍 ② 5倍 ③ 10倍 ④ 25倍

英語文は割愛させていただきました。あしからず。

さて、プレゼンの凄いところは、どんなテーマを発表することをまず考え、それから、英語で発表するにあたり、文章を色々と構築して行きます。聞き手にどう分かりやすく話すか?ということも工夫の一つです。
聞き手も視野が広がります。自分だけの勉強だとどうも自身の興味のあることしか学習域が広がりません。知識があまりなくても、プレゼンターに質問したり、また、自身の疑問や意見をその場で即興で伝えることが大切です。自分に興味のないことは、見ざる・聞かざるではなく、まず、ほんの少し聞いてみるということが視野の広がりになってくるのかもしれません。こちらの講座と違う講座「フリートーク」(産経学園)でプレゼンテーションという趣旨で講座を担当しています。講師としての立場でありながら、実は、私が多くの事を学んでいるようにいつも思います。
今年も有難うございました。来年もどうぞ宜しくお願いいたします。


来年は1月11日が初講座となります。
良いお年をお迎えください。177.png


クイズの答え:1. ① 2. ① 3. ① 4. ② 5. ③ 6. ② 7. ① 8. ② 9. ① 10. ④

[PR]
# by connection-eigo | 2017-12-31 19:07 | プレゼンテーション

クリスマスイブの今宵

クリスマスイブの今宵は残念ながら雨になってしまいました。本来ならミューズのいちスタッフであるYUKAKO女史と、イヴェントには素晴らしい歌声を披露してくれるAYA女史が、天満橋八軒家浜でのイベント『水上たこ焼バー』でパフォーマンスをするはずだったのですが、残念ながら中止になってしまいました。明日クリスマス🎄このイベント引続きあります。お時間のある方は是非!詳しくはこちらをクリック下さい。
c0215031_17562753.jpg
明日はお天気だと良いのですが・・・・。

さて、クリスマスイブの夜、この時期になるとイベントも増えて街は人で溢れます。活気があってとてもウキウキする時期でもあります。それとは反対に欧米でのクリスマスは、家族やとても親しい友人たちとゆったりとした時間を過ごします。ほとんど人が里帰りをして、家族が集まって過ごすわけなのですが、日本のお正月に似ているかもしれません。

Christmas Dinnerを楽しむ。''Dinner''と聞くと、晩御飯のイメージが多いのですが、英語でいうこの''Dinner''は決して=晩御飯にはなりません。173.png Dinnerとは1日の中で一番メインな食事となるものです。イタリアやフランスといった国に行くと、休日に家族や友人が集まって昼過ぎごろから、食事が始まります。美味しい食卓を囲んで、ワインを片手にお話しに花が咲きます。クリスマス・ディナーも同じように通常、正午を過ぎた昼下がりの14:00ぐらいからディナーを頂き始めます。これもやはり日本のお正月と同じで、お昼時にテレビを見ながら家族や親戚が集まっておせちを囲んでゆっくりした時間を過ごすような感じでしょうか。
今では、2日にもなるとお店も開店し、外に出掛ける人が増えましたが、私が子供だった頃は、お正月の三が日はどこもお店が開いていず退屈な日を過ごしたことを覚えています。冬よりも夏が好き!といった感じでしょうか。今では師走からお正月シーズンが私の一番のお気に入りであります。

Season's Greetings.🎄



[PR]
# by connection-eigo | 2017-12-24 18:16

Cafe @ Connection in December

Hello, everyone
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
12月に入り一気に寒くなりましたね。
風邪には十分にお気をつけ下さい。


今年最後のCafeはクリスマス気分の中トーマス先生を囲んでの
トークを楽しんでいただきました。
クリスマスや年末年始の過ごし方、冬休みの予定などお話頂きました。

クリスマスシーズンにNew Yorkに行ったことがあるという方が
NYでの経験をシェアしてくださいました。
クリスマスツリーやイルミネーションがとっても綺麗だったり、
クリスマスキャロルを地元の人達と一緒に歌ったり、
日本とはまた違ったクリスマスを楽しまれたようです。

クリスマスツリーの話になったところで、
日本では本物の松の木が売られているのか?との質問があがりましたが、どうなのでしょうか…
アメリカでは多くのお家で本物のツリーをデコレーションするそうです。
ツリーの香りがクリスマス気分を更に盛り上げてくれるとのことです
110.png

c0215031_12191960.png
次回の Cafe @ Connection は2月を予定しております。
フリートークを中心にカフェタイムを楽しんでおります。
お気軽にご参加ください。

         

1月はBibliobattleを行います。
Bibliobattleは参加者の皆さまにオススメの本を持ってきていただき、
その本についてスピーチをしていただく書評合戦です。
最後にはチャンプ本を決めます。

日時:1月24日(水)午後2時半から午後4時まで。
定員:6名(要予約)
料金:3325円(生徒)3500円(ビジター)

皆さまのご参加をお待ちしております!!
Thank you very much and see you next time!!

お問い合わせはホームページまたは06-6390-2133まで。


[PR]
# by connection-eigo | 2017-12-13 16:06


講師やスタッフが綴るブログです。


by connection-eigo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

朝日カルチャーセンター中之島..
at 2018-10-07 22:49
朝日カルチャーセンター中之島..
at 2018-10-04 00:36
Thank you very..
at 2018-09-01 21:11
朝日カルチャーセンター中之島..
at 2018-08-12 23:35
朝日カルチャーセンター中之島..
at 2018-08-06 11:29

LINK

お気に入りブログ

留学エージェント【コネク...
Muse English...

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

語学
イベント・祭り

画像一覧