クリスマスイブの今宵

クリスマスイブの今宵は残念ながら雨になってしまいました。本来ならミューズのいちスタッフであるYUKAKO女史と、イヴェントには素晴らしい歌声を披露してくれるAYA女史が、天満橋八軒家浜でのイベント『水上たこ焼バー』でパフォーマンスをするはずだったのですが、残念ながら中止になってしまいました。明日クリスマス🎄このイベント引続きあります。お時間のある方は是非!詳しくはこちらをクリック下さい。
c0215031_17562753.jpg
明日はお天気だと良いのですが・・・・。

さて、クリスマスイブの夜、この時期になるとイベントも増えて街は人で溢れます。活気があってとてもウキウキする時期でもあります。それとは反対に欧米でのクリスマスは、家族やとても親しい友人たちとゆったりとした時間を過ごします。ほとんど人が里帰りをして、家族が集まって過ごすわけなのですが、日本のお正月に似ているかもしれません。

Christmas Dinnerを楽しむ。''Dinner''と聞くと、晩御飯のイメージが多いのですが、英語でいうこの''Dinner''は決して=晩御飯にはなりません。173.png Dinnerとは1日の中で一番メインな食事となるものです。イタリアやフランスといった国に行くと、休日に家族や友人が集まって昼過ぎごろから、食事が始まります。美味しい食卓を囲んで、ワインを片手にお話しに花が咲きます。クリスマス・ディナーも同じように通常、正午を過ぎた昼下がりの14:00ぐらいからディナーを頂き始めます。これもやはり日本のお正月と同じで、お昼時にテレビを見ながら家族や親戚が集まっておせちを囲んでゆっくりした時間を過ごすような感じでしょうか。
今では、2日にもなるとお店も開店し、外に出掛ける人が増えましたが、私が子供だった頃は、お正月の三が日はどこもお店が開いていず退屈な日を過ごしたことを覚えています。冬よりも夏が好き!といった感じでしょうか。今では師走からお正月シーズンが私の一番のお気に入りであります。

Season's Greetings.🎄



[PR]
# by connection-eigo | 2017-12-24 18:16

Cafe @ Connection in December

Hello, everyone
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
12月に入り一気に寒くなりましたね。
風邪には十分にお気をつけ下さい。


今年最後のCafeはクリスマス気分の中トーマス先生を囲んでの
トークを楽しんでいただきました。
クリスマスや年末年始の過ごし方、冬休みの予定などお話頂きました。

クリスマスシーズンにNew Yorkに行ったことがあるという方が
NYでの経験をシェアしてくださいました。
クリスマスツリーやイルミネーションがとっても綺麗だったり、
クリスマスキャロルを地元の人達と一緒に歌ったり、
日本とはまた違ったクリスマスを楽しまれたようです。

クリスマスツリーの話になったところで、
日本では本物の松の木が売られているのか?との質問があがりましたが、どうなのでしょうか…
アメリカでは多くのお家で本物のツリーをデコレーションするそうです。
ツリーの香りがクリスマス気分を更に盛り上げてくれるとのことです
110.png

c0215031_12191960.png
次回の Cafe @ Connection は2月を予定しております。
フリートークを中心にカフェタイムを楽しんでおります。
お気軽にご参加ください。

         

1月はBibliobattleを行います。
Bibliobattleは参加者の皆さまにオススメの本を持ってきていただき、
その本についてスピーチをしていただく書評合戦です。
最後にはチャンプ本を決めます。

日時:1月24日(水)午後2時半から午後4時まで。
定員:6名(要予約)
料金:3325円(生徒)3500円(ビジター)

皆さまのご参加をお待ちしております!!
Thank you very much and see you next time!!

お問い合わせはホームページまたは06-6390-2133まで。


[PR]
# by connection-eigo | 2017-12-13 16:06

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本語文化』November 9th 2017

11月は実りの秋です。本日のクラス、机の上は、まさしく秋の時節にぴったりの食べ物で飾られました。
c0215031_20291314.jpg
畑で獲れた果物、干し柿や柿のジュースもあります。157.png 秋を代表する和菓子は亥の子餅。101.png 大阪ではあまり見かけることがないのですが、京都に行くと、この時期に出回る菓子です。他にもたくさん!アップルのパイ生地のお菓子もお目見え。169.png157.png

いつも皆さん有難うございます。

さて、11月7日に立冬を迎え、暦の上では冬の始まりです。今年も残すところ2ヶ月を切りましたが、街はもうすでにクリスマスモード1色です。Thanksgiving(感謝祭)もまだなので、もう少し晩秋の余韻を楽しみたく思います。

さて、受講生の方のミニプレゼンを紹介していきます。

本日はS女史からスタートします。169.png 夏目漱石が大好きな同女史。天理大学附属天理図書館で、夏目漱石の展覧会があったので、足を運ばれました。こちらの図書館は、稀なる文献資料を所蔵しているとのことです。漱石が正岡子規に送った手稿。漱石の達筆は見事なもの。明治23年に漱石と子規は第一高等中学校本科を共に卒業した後、同年に帝国大学を入学、漱石は英文科、子規は哲学科へ。親友であった二人は手稿を送ったりしていたのですね。
c0215031_21490264.jpeg
最後にゴッホについてもS女史は触れられました。フランスと日本。この当時は遠い遠い存在であります。でも同じ時期に芸術家同士に類似しているところがあるようです。正岡子規と夏目漱石が52日間ともに暮らした松山の愚陀仏庵。ゴッホとゴーギャンも同じぐらいの時期に、同じくらいの期間で共同生活をしています。でもゴッホはしかしゴッホは、ゴーギャンとの共同生活で、精神を病んでいき、自らの耳の一部を切り取って入院して退院から2ヶ月後、麦畑で拳銃自殺をしました。
c0215031_21491684.jpeg

話は変わりますが、先月ノーベル文学賞、カズオ・イシグロが受賞したことをお話ししました。日の名残りを早速読まれたということで、感想を尋ねました。とても気に入られたようです。157.png カズオ・ワールドの描写は本当におぼろな印象派の絵のような感じです。S女史、映画の描写もとても美しいです。機会があれば是非、ご覧ください。174.png

次にM氏のミニプレゼンです。11月1日の日本経済新聞の夕刊の記事より。出石蕎麦をご存知でしょうか?兵庫県は豊岡市にある城下町。『但馬の小京都』と言われているところで、お蕎麦で有名なところでもあります。私も約7年ほど前にこちらに立ち寄ってお昼でお蕎麦屋さんに入ったことがあります。なんと、40軒以上の蕎麦店が集まる関西屈指のそば処でもあるそう。発祥は江戸中期にさかのぼります。藩主の仙石政明が1706年に信濃国上田藩から但馬国出石藩に移動する時に、信州の蕎麦職人を一緒に連れてきたことに由来するそうです。蕎麦の実と皮を一緒に挽いたそば粉が使われているため、雑味があって味が濃く、色も黒っぽい。葱や大根おろし、山芋や鶏卵など色々な薬味を味わえるように、徳利にたっぷりので汁が入っている。こちらのお蕎麦、小皿5枚に小分けされているのが特徴です。さて、皆さんは何十枚のお皿のお蕎麦を平らげることができますか? 20皿以上のお蕎麦を食べた人はお店から証明のための木の札が贈呈されるそうです。ちなみにM氏は以前24皿のお蕎麦を完食されました。お蕎麦が大好きでほぼ毎週1&2回お蕎麦を食べます。久しぶりに出石蕎麦が食べたくなりました。

c0215031_21494548.jpeg
c0215031_21503278.jpeg
最後にS氏のミニプレゼンです。『日本人の宗教人口』について。ハロウイーンにクリスマス、除夜の鐘に年が開けると初詣。先月から何かと行事ごとの多い季節となって来ています。S氏が触れられた通り、全て、宗教に基づく行事です。173.png 日本人は一般的に宗教に寛大(?)だと言われています。ハレの儀式は神道スタイル。キリスト教徒ではないけど、結婚式はキリスト教スタイルが主流です。反対に、不幸ごとについての儀式は仏教様式です。
日本人は宗教に熱心なのだろうか?と同氏が色々調べてみました。あるデータによると、日本人の宗教人口は1億8千8百万人、人口の148%。別のデータでは宗教を信じている日本人は28%、つまり7割の人は無信仰・無宗教となります。さて、この2つの矛盾はなんなのでしょうか?118.png どうも日本人の宗教人口については2種類の数値が公表されているようです。調査はふた通りあるそうです。まずは宗教教団に尋ねる。『あなたのところの信者は何人ですか?』 もう一つは個人に『あなたは何か宗教を信じていますか?』や『どんな信仰を持っていますか?』文化庁の宗教年鑑の数値、信者数1億8千8百万人は教団に尋ねる方法であり、数理統計研究所の国民性調査は個人に尋ねる方法によるものの2つであるようです。宗教年鑑で見ると、宗教別の信者数は、神道系が8,950万人、仏教系8,870万人、キリスト教系190万人、諸派、870万人。合計が1億8,800万人。神道と仏教の数値が大きな差異の主因であるようです。116.png 神道系の信者は氏子を基本としている。氏子とはつまり、その地域の住民の数。また初詣などの参拝者も信者数とする神社もあるよです。仏教系は信者数は檀家としての世帯数で把握されているのが基本のようです。
S氏のまとめのように、日本は初詣、お盆、お彼岸、七五三、結婚式、葬儀や法事、厄除けなど、季節や人生の節目に神社やお寺と関わりを持ちます。日本人が氏子としてまた檀家として神社やお寺の信者名簿として載るわけです。
初詣に行って手を合わし、お盆になると仏壇に手を合わし、墓参りにも行く、だからと言って、訪れた神社や寺院に何か特別な信仰を持っているわけでもない。お布施もしたりするけど、あまり意味がよく分からない・・。信仰心というよりも慣習に従っている。純粋なもしくは熱烈な信仰心を伴わない『行事』。これがどうも日本人の宗教文化、これらのことが日本の宗教人口の2つの数字にあらわれているという結論です。非常に、興味深いですね。101.png 私の経験ですが、ふた昔前にイギリスに住んでいた頃、体調不良で病院に診てもらいました。問診票に宗教を記入する欄があり、戸惑ったことがあります。そして、付け加えて、我が家には台所に神棚があり、また先祖の仏壇があります。S氏のこのミニプレゼンの解説のように、まさしく2つの宗教人口を物語っているようです。
c0215031_22331820.jpeg
次回の講座は12月7日です。今年最後の講座となります。177.png





[PR]
# by connection-eigo | 2017-11-11 22:41 | プレゼンテーション

Cafe @ Connection in October

Hello, everyone 110.png

本日は10月のCafe @ Connectionの模様をお伝えします。
10月に入って涼しくなってきたと思っていたら
雨の日が続き、台風まできて、寒い日も多くなりました。
つかの間の秋晴れがとてもうれしく感じます!!

先月のカフェではbibliobattleを開催しましたが、
今月のカフェでは通常のカフェと
ハロウィン169.pngが近いということでScary Storyをテーマとしたカフェの2回開催しました。
c0215031_14503745.jpg




トーマス先生がアメリカで有名なScary Stories to Tell in the Darkという
子供達に聞かせる怖い話135.pngの中からThe Hook をご紹介してくださいました。

あまり怖い話が好きではない方もいらっしゃると思いますので、
どんなお話かはインターネットやYoutubeなどで聞いたり、読んだりしてみてください。
怖い話ですが、リスニングやリーディングをすることで英語の勉強にもなります☆


参加者の方にも日本の怖い話をご紹介頂きました。
ご紹介いただいたのは小泉八雲の怪談にも取り入れられた
耳なし芳一 (Earless Houichi/ Houichi-the-earless)を英語で話していただきました。

その他には季節の話として、秋について、台風、子供達のハロウィンの思い出について、
また季節ごとにお家のインテリアや飾りを変えられるということで
素敵な写真を見せていただいたりしました。

Cafe @ Connectionではフリートークを中心にカフェタイムを楽しんでおります。
お気軽にご参加ください。


次回の Cafe @ Connection は 以下のとおりです。
11月8日(水)14:30-15:30
11月22日(水)14:30-15:30 ビギナー編


参加費は会員様は初回無料、ビジターの方と会員様2回目以降は700円です。
お問い合わせはホームページまたは06-6390-2133まで。

皆様のお越しをお待ちしております。
Thank you very much and have a wonderful day!!




[PR]
# by connection-eigo | 2017-10-26 14:54

春霞塾での会『英語音声学の誘い』

先日土曜日、10/21は、春霞塾にて、初めての講座をしました。春霞塾は田村が塾長の、AOや小論文を専門とする塾です。高校生が対象となりますが、大学生の方も多く、例えば、就職活動に向けての対策も手がけていらっしゃるパワフルな先生です。日本語のスペシャリスト。でも英語の必要性もとても実感されておられます。時間があれば、最新情報を得るため、北から西へと数々の大学機関を訪れておられます。とても研究・教育熱心な方で、私が尊敬する先生であります。
そんな先生の塾で『英語音声学への誘い』と言うタイトルで、お話させていただきました。雨の降る中、予想以上に多くの方にご参加いただけました。皆さん、非常に熱心です。

日本の英語教育現場では、英語の発音やイントネーションといった分野は、あまり重要視していません。外国語の習得は、まずは反復練習が大切だと思います。どんどん書くこと。そしてどんどん声に出す。初めは英語のフォニックス(音)に慣れ、次にたくさんの文章を読むこと。実践はコミュニケーション力をつけますが、基礎ができていないとやはり伸び悩みしてしまうのです。ご自身の話す発音やイントネーションに気をつけるだけで、リスニング力はもちろんのこと、リーディング力も発揮できるようになります。実際に頭の中で声を出して読んでる場合が多いので、どう発音していいかわからない単語はすんなりと読むことができません。そして正しく発音できない場合は読み間違えしてたりすることが多いのです。英語の音をしっかり習得して、音読はもちろんのこと、相手にわかりやすい、心地いいと感じさせる英語を発信できるようになると、モチベーションも上がるのではないでしょうか。169.png

初めは標準的なアメリカ英語の発音にそって、色々な単語や文章を声に出して皆さんと読みました。次にアメリカ英語だけではなく、ブリティッシュイングリッシュの発音についても紹介しました。実際文章を二つのタイプで声に出して読んでみるという、体験をしていただきました。ブリティッシュイングリッシュというと、どうしても、posh(お高い)感じのイメージがあるのですが、日本にも多くの方言やイントネーションがあるようにブリテン島で話されている英語の発音も多種多様。容認発音(Received Pronunciation)やBBC英語発音と呼ばれるものが伝統的に標準英語とだれていますが、コックニーと呼ばれる発音もあります。こちらはオージーイングリッシュ、つまりオーストラリアの 発音の流れを含んでいて、ところどころ音が似ています。典型的なオーストラリア発音も少し紹介しました。

ご自身の好きな俳優さんやキャスターの話す発音やイントネーションを真似てみるのもいい練習になるかもしれません。165.png174.png

台風の影響での大雨の中、ご参加いただいた皆さん、有難うございました。そして、田村先生、こんな機会を作っていただき、感謝、感謝です。101.png

c0215031_15552444.gif



[PR]
# by connection-eigo | 2017-10-23 15:52 | イベント

講師やスタッフが綴るブログです。


by connection-eigo
プロフィールを見る
画像一覧