人気ブログランキング |

10月に入りました。消費税が今日から一部8%から10%に増税され、スーパーやドラッグストアでは、何人かのお客さんが、店員さんに、レシートを見ながら、質問している光景を目にしました。146.png
ワールドカップが現在日本で開催されていて、海外から、試合を観に来ている方も多く、巷はワイワイ賑わっていて活気があって良いですね。110.png ワールドカップ中、商品についてはいくつか、消費税の据え置きがなされているとのことです。実際クレジットカードを使うとこの6ヶ月間は還元があったりと、情報をしっかり把握できていればお得感満載・・。でも何かとややこしくてあまり、私はよく理解しきれてはいないのですが・・・。119.png

では本題に入りましょう。9月5日の朝日カルチャー中之島校の講座。

9月の私の机の上は・・・。
c0215031_23044146.gif
9月なので、月餅、うさぎさんおまんじゅう、M女史の欧州からのお土産、そしてそのほか、秋にちなんだ菓子が並びます。嬉しい限りでございます110.png 皆さん、ありがとうございます。173.png

今回のトップバッターはM女史です。スペインで娘さんの卒業式に出席したのち、ギリシャに発った同女史、古代ギリシアについてミニプレゼンをされました。個人的なお話しになるのですが、古代ギリシャ・ローマ文化や歴史に興味のある私は、行ったことはないけど、いつも本を読むたびに頭の中でどんどんギリシャのイメージが膨らんでいきます。とても素敵な時間を過ごされたようで、私も絶対に行くのだ!と決意をしました。166.png

次にY女史のミニプレゼンです。ICOMで開催された京博寄託の名宝ー美を守り美を伝える展についてです。
c0215031_23180708.png
国宝である風神雷神図屏風ほか、140もの名宝が展示されました。詳しくは下記をクリックすると詳細をみていただくことができます。ちょっと残念ですがこの特別展覧会は見逃してしまいました。145.png



次は M史です。からたちの花について。皆さんはからたちの花をご存知でしょうか?この名を耳にすると、北原白秋が作詞した童謡を思い浮かべるのでしゃないでしょうか?大正13年5月13日に作詞されたそうです。169.png169.png
ちなみにからたちはみかん科の落葉低木で、高さは2メートルぐらいだそうです。酸味が強くて食べられないのですが、漢方で未熟果皮を健胃剤とするそうです。
c0215031_23331443.jpeg
お花きれいですね113.png
c0215031_23330798.jpeg
M史はとても童謡をご存知です。世界の童謡のホームページを教えてくれました。ご興味のある方は、下をクリックください。

次にS史は鰹節について。鰹節は英語でDried bonito。日本ではとても大切な食材のひとつです。何気なく普通に使っている鰹節、知らなかったのですがとても長い工程があるのですね。そして、なんと、約350年前から変わっていないそうです。いつもは出汁にしか使わないのですが、S史のミニプレゼンの後、温かいご飯にまぶして醤油といただきました。(ねこまんま)美味しいですね!111.png

さて、今月の天声人語は何がお目見えするのか?S女史の定番となりつつある天声人語。米国人のSF作家アイザック・アシモフは大の飛行機嫌いだそう。なぜあんな鉄の塊が飛ぶのか??科学通の作家にとって、飛行機嫌いとは珍しいことだが、飛行機嫌いの人は意外と大勢いるのかもしれません。さて、近頃では地球温暖化もあり、飛行機で旅をするのではなく、夜行列車を利用して旅をする人が増えているそうです。確かに汽車に揺られて長旅をするのはある意味、贅沢な時間です。天声人語にも触れてありましたが、日本列島からどんどんと夜行列車が消えていっているが、是非復活してもらえたらと。ちなみに私の夢はシベリアを横断すること、いやいや、せめてヨーロッパをのんびりと電車で旅してみたいです。110.png夢は広がります。

最後はA女史です。侍の海外流出について。146.png
日本の中世は、豊臣秀吉、徳川家康の時代、1600年代は世界においては激動の時代でありました。スペインがいよいよ没落し始め、スペインは当時無敵艦隊130隻を送り、1588年のアルマダ海戦に挑む。なんと勝つはずのない小国イギリスが勝利を手に。この戦いがスペインの没落とイギリスの台頭のきっかけとなりました。
当時は航海の時代で、東南アジア一帯はスペイン、イギリスやオランダといった船で行き交う。戦には武器や兵隊が不可欠となる。その不足を提供していたのが日本だったそうです。江戸時代を迎え、平和になった当時の日本、仕事にあぶれた、侍や傭兵が当時海外に流出て、かなり大暴れをしたそうで、海を渡って兵役に就く日本人は乱破(らっぱ), 透波(すっぱ)などと呼ばれていたものが多かったそうです。この時代に有名なのが山田長政だそうです。知らないエピソードがたくさんあります。

今月10月の講座は10月3日です。早いもので、今年も残すところあと3ヶ月となりました。10月にはいって、関西では30度の気温が続いています。もう10月なのに・・・。138.png146.png

今月もどうぞよろしくお願いいたします。 (T.M)
c0215031_00135884.gif

# by connection-eigo | 2019-10-02 00:14 | プレゼンテーション

Café@Connection 9月

今日のカフェ@コネクションでは前半、トム先生の夏の旅行について、生徒さんから質問がありました。
トム先生は、写真や動画を見せながら、この夏のヨーロッパの旅について話をしていました。

c0215031_15591782.jpeg

後半は生徒さんが予定されている旅行について、今度はトム先生が質問をしたり、先生の質問を生徒さんが繰り返し言ってみて、発音や文章の流れを勉強されていました。

次回のカフェコネクションは
10/23(水)14:30-15:30、参加費は712円(紅茶とクッキー付)です。
(10月より参加費が変更になります。)

皆様のご参加をお待ちしております!

# by connection-eigo | 2019-09-25 15:58

9月の発音クリニック

本日9/17は、トマス先生による「発音クリニック」のレッスンの日です!


前半は生徒さんからの質問に、先生がホワイトボードを使って、解説します。


例えば本日は、多くの日本人が発音するのを苦手としているRの入っている単語、reallyとrarelyの発音や発音の違いについて。

トマス先生は日本在住も長く、日本人の苦手分野については、とても良く理解しています。

実際受講された生徒さんも、ネイティブの先生の発音を聞いて、発音練習をすると全く違うのが良く分かるとおっしゃっておられました。

またこの時間は、単語発音だけでなく、単語の意味や由来、派生語などを先生が説明をしますので、沢山の事を学べます。


c0215031_16265839.jpeg


後半は、Speaking Well というテキストを使い進められます。


テキストは文字だけでなく、写真、唇の形イラストやイントネーションの上がり下がりの記号などが書かれていて、大変分かりやすいです。

また先生とロールプレイなどもありますので、この時間も沢山、口を動かします。


発音クリニックはLe Clubの単発講座です。月に1回 第3火曜日の14:50〜16:20に行っています。ご参加をお待ちしております!


次回の発音クリニックのご案内です。


10月15日(火)


14:50〜16:20

参加費:

3.385円(生徒

3.564円(ビジター)


10月より受講費が変更になります。


どうぞよろしくお願い致します





# by connection-eigo | 2019-09-17 16:33 | Connection

MUSEでは、Biblio Salonという名のもと、短かいストーリーを英語で音読する単発講座を定期的に開講しています。101.png 正直言って、残念ながら、人気のある講座ではありません。134.png 受講生の方のスキ・キライの問題でなく、英語で本を読むということに、躊躇される方が多いということ。実際、学生時代になんだかよく分からないけど、辞書を片手に調べた単語を鉛筆を書き込んで、英文を読んだ辛い記憶が蘇り、英語で本を読むなんて、もう嫌だわ〜、137.pngとか・・・。または、読書なんて、英会話に関係ないわ!なんて、思ってらっしゃる方も少なくはないでしょう。
でも、読むことはとても大切なのです。174.png そして沢山のいい要素が含まれているのです。短いストーリーでも良いので、沢山読むことで、その言語の持つセンスを知ることができます。また余裕があれば、ストーリーを概要することで、アウトプット力もつきます。話をまとめることは、自分の頭のなかで、咀嚼して出力するわけですから、結構難しいです。母国語でも慣れていないとなかなかできません。次に、ストーリーを読むことで、思考力もつくし、一番楽しいのは、何かしらの発見があるということです。会話をするにも、話すネタを沢山蓄えていないと、ペラペラお話しなんてできません。General Knowledge(一般知識)を身につけることは大切です。
文学に歴史にSF・推理小説などなど、少しずつ読んでみていくと、新たな発見が必ずあります。
最後に音読の良いところは、脳トレになります。さらに、イントネーションとかに気をつけて読むことを心がけてると、集中力がいるので以外と疲れます。でも心地良いですよ。101.png

さて、朝日カルチャーセンターにて、簡単な英語を読む講座が秋から開講します。177.png

● 朝日カルチャー川西校では陽子先生による講座が10月より始まります。クリスマスにむけて、ディケンズのクリスマス・キャロルを読みます。


● 朝日カルチャーセンター中之島校では、Biblio Salon 「賢者の贈り物」を読みます。
c0215031_23261117.png

共にお申し込みは朝日カルチャーセンターのスクールにてお申し込み下さい。101.png

もちろん、ミューズとコネクションでも定期的に開催していますので、是非是非トライしてみて下さい。110.png




# by connection-eigo | 2019-09-07 22:20 | イベント

9月に入りました。約1ヶ月ぶりの投稿となります。ご無沙汰しておりすいません。154.png
8月は自身の勉強のために2週間ほど、関東に滞在していました。とても有意義な時間が過ごせたと思っています。関東はお盆を迎えたあたりから、すっかり秋の気配を感じる時節でした。
c0215031_10301339.gif
さて、8月の「英語で学ぶ日本文化」、受講生の皆さんのミニプレゼンです。8月も沢山のスイーツが机の上に並びました。いつも有難うございます。101.png

A女史は、ビールについてお話しくださいました。夏というと、ビール・・・。酒豪ならビールを余らすことはないかと思うのですが、あまりビールを飲まない家にビールがある場合・・。飲みきれない余ったビール・・。さてどうしましょう!?捨てるのは勿体無い。使用用途以外と多いビール、活用法を伝授してくださいました。ビールでお肉を煮込むとお肉が柔らかくなります101.png天ぷらの衣に使うとクリスピー110.pngピクルスにも使えます。
食べ物だけでなく、お掃除にも活用できるし、ガーディニングではビールでナメクジを誘き寄せることもできるそうです。109.png

S女史は7月10付の「天声人語」です110.png 1969年7月、ちょうど半世紀前に人類が初めて月に降り立ちました。山梨県で星空観察ペンションを営む木村ご夫妻のお話しであります。私もよく夜空を見上げます。実はStar Trekの大ファンで、Generationなんかはずっとみてました。天体のロマンとでもいうのでしょうか。とても神秘的です。先日、大阪にある大阪市立科学館のプラネタリウムについての取材をたまたまみました。構成している担当の方のお話し、もう天体が大好きでたまらない!というのが茶の間にも伝わってきます。時間を作って近々行こうと思います。最近、世の中一体どうなってるんだ!というぐらい世界的に国内においてもワクワクするニュースがあまりありません。なので、この天声人語のエピソードはワクワクしました101.png
S氏のミニプレゼンは「アンパン」について。アンパンの資料にもれなくアンパンもついてきました101.png大阪の鶴屋八幡がつくった餡をリーガロイヤルホテルが酒種パン生地で包み上げた、「鶴屋八幡のあんぱん」をわざわざげっとしてくれました。
美味しくいただきました111.png ぱんの生地もとても美味しかったです。
さて、あんぱんは銀座木村屋が明治8年に初めて発売したそうです。このあんぱんは明治天皇のお気に入りとなり皇室御用達となったそうです。明治30年頃にはあんぱんは全国的に広まったそうです。
次にM氏は団子について。こちらも資料とともに団子がもれなくついてきました111.png こちらも美味しくいただきました。111.png110.png 串団子の種類や産地によって団子の数がことなるその訳は?いくつかミニプレゼンで紹介してくださいました。その中の一つお花見団子をこちらで紹介したいと思います。桜色・緑色・白色の3色団子は、豊臣秀吉がお茶菓子としていままでにない四季を表すものを考えたそうです。桜は春緑は夏白は冬を表すわけですが、秋がないですね。なんとこれには「飽きないお菓子」の意味が含まれているそうです。ことばあそびですね。akinai(飽きない)no-autumn(秋ない)。秀吉さん、なかなか冴えてらっしゃいます!
そういうことで花見団子は3色の団子ということです。102.png

Y女史はおかげ犬について。江戸時代は巡礼参りとして伊勢にお参りするのが一般でした。一生に一度はお伊勢さんにお参りを、これをお蔭参りと呼ばれているそうです。今のように自由に何処にでも旅にはいけない時代ですが、お伊勢さん参りはどの身分にいる人でも行けることができました。とはいってもお参りに行けない人もいたわけです。そこで犬が家の主人の代わりにお参りをしたのでした。なのでおかげ犬と呼ばれたのです。犬の首元にはしめ縄がつけられ神主に渡すお金と、道中に必要なお金をぶら下げています。旅に要する時間は往復約1ヶ月。おかげ犬が道中に餌をもらい寝るところを提供され、そして目的地であるお伊勢さんにお供してもらい、お守りを授かって、帰途につく様子が描かれた物語があるそうです。
先日Y女史は伊勢にお参りにいかれました。こちらも資料とともにな、なんとおかげ犬サブレが!もれなく。美味しかったです。Thank you113.png

こちらの講座の後は、ダイエットが必須となります。128.png129.png
c0215031_23313106.gif
次回の講座は、今週の木曜日9/5です。どうぞよろしくお願い致します。110.png

# by connection-eigo | 2019-09-03 23:32 | プレゼンテーション