人気ブログランキング |

英会話・英語スクール・異文化スタディーズ・英語・英会話出張講座-Muse English - Connection



<   2019年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


Merry Merry Christmas with Bethany!

本日はクリスマスイブですが、いかがお過ごしでしょうか?
先日12月20日、コネクションにてベサニー先生による二度目のイベント、
Merry Merry Christmas with Bethany!が開催されました。

クリスマスパーティーは今や日本の様々な場所で開催されていますが、
では果たしてクリスマスとは??先生の故郷のアメリカではどんな風にお祝いするの??
そんな疑問をベサニー先生に聞いてみました!

イベント前に、生徒さんがお持ちくださったアメリカやドイツのクリスマスの絵本や
フランスの雑誌を見て、フリートークに花が咲きました。
ドイツやフランスの料理雑誌を見ていると、珍しいお料理やお菓子の写真がとても美味しそうで、段々お腹が空いてきました(笑)。

皆さん揃ったところで、イベント開始!!
ベサニー先生の素晴らしいクリスマスの解説を皆さん熱心に聞いておられました。

Merry Merry Christmas with Bethany!_c0215031_18271506.jpeg

アメリカでは毎年、350万本のもみの木のクリスマスツリーが、1千万本の人工の
クリスマスツリーが売れているそうです。
生の木のクリスマスツリーは、クリスマスが終わった後、家の前に置いておいておくと、
回収車が来て回収してくれるそうです。
とても便利ですが、何度も使える人工のツリーの方が経済的なのかなあという話も出ました。

また毎年日本は街中のクリスマスイルミネーションが盛んですが、アメリカではこの時期
各自のお家をイルミネーションで飾る事が多く、車で住宅街を回ってイルミネーションを
見るのもまた楽しいと先生が言っていましたよ。

そして日本ではクリスマスケーキを食べるのが主流ですが、アメリカでは特にないそうです!
先生曰く、クリスマスディナーでかなりお腹いっぱいになってしまうので、
デザートを食べる余裕はもうないとのこと(笑)。

意外なアメリカのクリスマスの風習に皆さん興味津々の様子で聞き入っておられました。

先生からクリスマスソングのイントロクイズもあり、メロディーは聞いたことあるけれど、
英語の題名は何て言うの???日本語では歌えるけれど、英語では歌詞を知らないなあ、
といった曲が沢山あり、題名が先生のPCに表示されると「ああ!それか!」と、
大変盛り上がりました。

最後にアメリカの伝統的なクリスマスの飲み物や食べ物の紹介があり、先生お手製の
レジュメには詳細な作り方まで載っていて、ご参加頂いた皆さんにお渡ししました。

75分はあっという間で、イベント終了後も皆さん先生とクリスマスのお話が尽きませんでした。

どうぞ皆様も素敵なクリスマスをお過ごしください!!


by connection-eigo | 2019-12-24 18:29

Yoko先生の 「簡単英語で名作を読む-クリスマスキャロル」

朝日カルチャー川西校での特別講座「簡単英語で名作を読む-クリスマスキャロル」を開催しました。12月18日最終回を迎えて、担当講師を務めた陽子先生が、ブログを綴ってくれました。101.png


朝日川西カルチャー 2019/10-12 計6回講座
A Christmas Carol/Charles Dickens
                       
 この物語のあらすじは、イギリス産業革命後のロンドンを舞台に、クリスマスイブの日に、強欲でエゴイストで思いやりもかけらもない金貸し商売人Scroogeの前に、7年前に亡くなった共同経営者のMarley が亡霊となって現れ、「過去」「現在」「未来」の精霊 の導きにより、自分の少年時代の素直で純粋な気持ちの呼び起こしから始まり、現在の自分を客観視すること、ついには強欲のまま生きた自分のみすぼらしい死の光景を見ることで改心していくという物語です。
この講座に私が最も思い入れしたことは、せっかくの英語小説、しかも文学的完成度が高いと言われるイギリスの文豪Charles Dickensの小説であるからこそ、英文そのものを読み説き、イメージを膨らませ、映像化していただくことでした。カズオイシグロさんの言葉に”I want my words to survive translation” 「私は自分の言葉が翻訳を生き抜いて欲しいと思う。」がある。訳が入ると何かしら良くも悪くも他の主観が入り混じってしまうもの。ましてこの小説そのものがかなりの想像を掻き立てられるものであることから、今回は訳を介さずに、ご自由に解釈していただき、そして単語の使われ方を体感していただきました。皆さんで向い合い一斉朗読で一文一文読み上げる毎に、自然に感情が込み上げ、「えー!」「すごい!」「なんで!」など、皆さんの咄嗟の素の言葉が飛び交いました。そして終始、積極的な解釈ご意見が交わり、お一人の方のご発信からの共感、またはさらなる広がりが齎され、皆さんそれぞれがお持ちの異なる輪に、この物語そして語学のエッセンスが加わり、皆さんの公約数的なものが創り出される時間となりました。ある方からの解釈を紹介させていただきます。Scrooge の改心後のほぼ最後のシーンからの彼のセリフの解釈です。”I don’t think you need to take that crutch with you any more.”  Scrooge の改心前と後を通して登場する‘crutch’を必要としていたTiny Timの‘crutch’が、単に目に見えるものではなく、目に見えない精神的な支えの象徴であったのではという解釈です。なるほど!これには皆さん揃って大きく頷かれていました。もちろん私くしも大きく。他にはこんな方もいらっしゃいました。予習時に小説を読まれながら涙が溢れてきたことをお話しされながら、また涙ぐまれていらっしゃいました。実は皆さん、タイトルに馴染みはおありだったものの、この物語を読むのは初めてという方ばかりでした。今回使用したテキストは全108ページのものですが、比較的読みやすい語学レベルの小説でしたので、英語に乗りScrooge が改心する様子を彼が発信する言葉から感じ学び、そして旅する時間になりました。講座の最終時間では、あえてScrooge の改心後から改心前への戻りを行いました。皆さんから彼の言葉を改めて拾い読み上げていただいたものを前のホワイトボードに書き並べ、彼の心の変化の再共有からこの物語の構成の深さ、そして作者の長けた才知を実感しました。
クリスマスに向けて10月よりスタートさせていただきましたこの講座でCharles Dickens 作A Christmas Carolを皆さんと朗読した時間を、この先クリスマスを迎える度に、皆さんにも思い出し振り返りしてくださることを願いながら本講座を修了しました。物語最後のTiny Timからの締めくくりの言葉 “ God bless us, every one ! “ お互いに声を掛け合いながら。

Yoko Norinao


by connection-eigo | 2019-12-21 18:29 | イベント

12月の発音クリニック

12月17日は今年最後の発音クリニックでした。

まずは参加された生徒さんから、海外旅行に行った時に通じなかった単語の発音について
質問がありました。
そのうちの一つが『オリーブ(Olive)』!!!
ちなみにトーマス先生は、日本語でのオリーブの発音が難しいそうです。
詳細なトーマス先生の解説を聞いた後、実際に発音してみると・・・難しい。
最初は苦戦されていましたが、最後はとても上手に皆さん発音されていました。

12月の発音クリニック_c0215031_17405781.jpeg

後半のテキストを使ってのレッスンでは、単語ではなくお一人ずつ文章を読む練習です。
長い文章になると発音だけでなく、細かいイントネーションにも気をつけて読んでらっしゃいました!

発音クリニックは単発講座ですので、いつからでも初めての方でも気軽にご参加頂けます。
月に1回 第3火曜日の14:50〜16:20に行っています。

次回の発音クリニックのご案内です。

1月21日(火)

14:50〜16:20
参加費:
3.385円(生徒)
3.564円(ビジター)

ご参加お待ちしております!






by connection-eigo | 2019-12-18 17:41

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019

12月に入りようやく師走なのか・・・。と気分的に慌ただしくなる今日この頃。もう今年も1カ月をきりました。119.png

さて、12月、今年最後の朝日カルチャーセンター中之島校での「英語で学ぶ日本文化」を5日に控えています。

先ずは、先月の受講生の皆さんのミニプレゼンをご紹介したいと思います。

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019_c0215031_20050272.jpg
四季を感じさせる食べ物がずらり。フルーツ関係はM史の畑で収穫されたもの。110.png111.png
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019_c0215031_20055603.jpg
丁寧に実をとって、いただきました。炭酸水にミントといれて爽やかに!(夜は焼酎炭酸割128.png)

この時期はおひたき饅頭です。S史が仙太郎にて期間限定のおまんじゅうをゲットしてきてくれました。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019_c0215031_20084802.jpg
そして、御幣島で夏頃に発見した和菓子屋さんで、ゲットした和スイーツ。無添加・無香料
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019_c0215031_20100114.jpeg
その他にも受講生の皆さんからおいしいおいスイーツをいただきました。嬉しいなあ〜。113.png
いつも有難うございます。

では本題に入りましょう。101.png

Y女史の今回のミニプレゼンは正倉院についてです。もう終わったのですが、10月26日から11月14日まで奈良国立博物館にて第71回正倉院展が開催されていました。沢山の宝物がこちらの正倉院に保管されています。この特別展覧会行きたかったのですが、チャンスを逃してしまいました。非常に興味深い案内がホームページに掲載されています。ご興味があればこちらをご覧ください。
M女史は、海女さんについてです。三重県は鳥羽に行くと海女さんがいています。海女さんのてぬぐいや襦袢などに五芒星と格子状に刺繍されたものを着ます、これは星型の印(セーマン)格子状の印(ドーマン)といい、貝紫で染めたり黒糸で刺繍されてるそうです。海女たちが危険や怪奇現象から身を守ろうというおまじないだそうです。海女の歴史は3000~5000年と言われているそうです。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019_c0215031_20304131.png

M史は木枯らしについてです。大阪管区気象台によると、近畿地方による今年の木枯らしは、昨年よりも18日はやく「木枯らし1号」が吹いたと発表したそうです。146.png
大阪における木枯らしの具体的な条件は、1. 10/23ごろから12/22ごろまで。2. 気圧配置が西高東低の冬型気圧配置で最後に風向きが北より吹き、最大風速が8m/s以上だそうです。正直、今回の木枯らし1号は、私、気がつきませんでした。

S史は、百人一首の一つちはやぶるについてです。ピーター・マクミランの「英語で読む百人一首」を読みそこから一つ紹介をしてくれました。
ちはやぶる神代も聞かず龍田川からくれなゐに水くくるとは 現在日本語訳と英語バージョンとでわかりやすく解説をしてくれました。なかなか奥深い意味が隠されいるのです。この百人一首の中に。興味のある方は、
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019_c0215031_20450655.jpg
12月も百人一首を紹介していただきます。楽しみにしています。

S女史の11月に選んだ天声人語は、10月17日に書かれたものです。谷崎潤一郎の細雪の1節、「真っ白な波頭を立てた怒涛が飛沫を上げながら後から後からと押し寄せて来つつあつて、恰も全体が沸沸と煮えくり返る湯のやうに見える」昔から自然の脅威とともに隣り合わせにして生活を営む日本。今年は、台風19号は大きな被害をもたらせました。生々しい谷崎潤一郎の描写は彼が1938年の阪神大水害を目の当たりにしたからだそう。台風の襲来を防ぐすべは今後もない。甲南大学の敷地内に「常に備えヨ」という石碑があるそうで、ここには災害列島を生きる私たちへのメッセージが凝縮されていると、天声人語は締めくる。

A女史のミニプレゼンは、石川真理子著「勝海舟修養訓」からです。江戸末期の日本史には必須の人物である勝海舟。江戸無血開城を立役者として知られる人物です。蘭学を学びたかった海舟は、全58巻「ズーフハルマ」という日蘭辞書が欲しくてたまらなかったが、高価で、貧乏な海舟は買うお金がない。そこで、なんと、1年間に写本を2部完成させたとのこと。夜は寝るまを惜しんで筆写に励み、また病に伏した母や幼い妹たちの面倒をみて遣り上げたそうです。海舟がこれらの写本を終えたときに筆写本の巻末にある感極まった文章を書き残したそうです。しかしながら、一人静かに孤独に耐え、打ち克った姿に、華やかなスポットライトが当たることはなかった、でもそこに海舟の凄さをみることができると、著者は述べているそうです。

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019_c0215031_21114484.jpg

11月も皆さんのプレゼンはとても良い勉強となりました。有難うございました。
次の講座は今年最後となります。どうぞ宜しくお願い致します。 (T.M)101.png




by connection-eigo | 2019-12-03 21:14 | プレゼンテーション

Café@Connection 11月

11月27日は今年最後のCafé@Connectionでした。

参加された生徒さんが、先日旅行されたパリ旅行についてお話しされ、そこから旅行の話になりました。
一番の見どころは?パリで行くべきところは?何が美味しかった?など、トム先生のアシストを頼りに、英語で質問して答えていきました。
ちなみに、クロワッサンの英語の発音がかなりフランス語に近い!と盛り上がっていましたよ。

Café@Connectionは、お茶を飲みながらリラックスした雰囲気の中、普段のレッスンとは違った形で英語を楽しんで頂けます!
普段のレッスンではなかなか聞けない英語の話など、気軽にお聞き頂けます。
また、テキストやテーマなどは特にありませんので、どなたでもご参加頂けます。

来年もCafé@Connectionをどうぞよろしくお願いします!

次回のCafe @Connectionは以下のとおりです。

1月22日(水)14:30〜15:30
参加費:712円(会員様・ビジター様/
紅茶とお菓子付)
Muse・Connection会員の方は初回無料です。

お問い合わせは06-6390-2133です。
是非一度ご参加下さい。お待ちしております


by connection-eigo | 2019-12-02 16:16


講師やスタッフが綴るブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
Café@Connectio..
at 2020-01-22 22:44
英語deリーディング@塚口カ..
at 2020-01-22 10:06
朝日カルチャーセンター中之島..
at 2020-01-09 00:46
Merry Merry Ch..
at 2019-12-24 18:29
Yoko先生の 「簡単英語で..
at 2019-12-21 18:29
LINK
お気に入りブログ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧