<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Oct 4th, 2018. ②

10月最後の月はハロウイン🎃ケルティック暦では昔、年の終わりの日、あの世から霊魂が戻ってきて、悪霊が人間や動物の体に入り込むことを避けるために、マスクをつけて衣装をつけて、大きな篝火をたいて宗教的な儀式を31日の夜から翌朝にかけてとりおこなったそうです。またこの時期は収穫の時期でもあるので、きっと来年の豊穣を願うための祈りでもあったのでしょう。日本もこの時期から収穫を祈願するお祭り(お祀り)が日本各地で行われます。明日から11月ですが、11月23日は勤労感謝の日。今日ではあまり耳にすることがないのですが、新嘗祭が行われます。新米を神に捧げて、また感謝をして頂く。アメリカ合衆国もThanks Giving Dayという大きな収穫祭が祝われます。
本日はハロウインということで、まずは、こちらの写真。
c0215031_10590984.gif
10月に入り、関西地方の天候は落ち着きました。6月から9月にかけて、様々な天災に振り回されました。第二段のプレゼンの紹介は、まさしく気候についてM氏がミニプレゼンをされました。154.png タイトルは『豪雨・猛暑は地球温暖化と関係があるのか?』10/1の日経夕刊から引用されています。皆さんの記憶にまだ新しいかと思います。7月の西日本豪雨は広い範囲に、長期間に大雨が降り、このため200人以上の死傷者を出しました。また猛暑に見舞われ、気温は40度越え・・・。9月の台風、特に21号は関西にて猛威を振るいました。さて、これらは地球温暖化に関係しているのか?日経の編集者が言うところによると、豪雨や猛暑などの短期的な現象を数十年から百年の長期の気象現象である温暖化とは単純に結びつけることはできないとのこと。ではありながあら、このような異常気象の原因は温暖化の影響も推定できるとのことです。気温や海水温が高めの傾向が続いていれば、台風21号のように勢力を弱めずに日本に接近しやすくなります。温暖化がすすめば、こうしたことが頻繁に起こるのは研究によって証明されているそうです。たしかに35~38℃の気温が上がる猛暑に豪雨の発生確率が年々高まっているように感じます。日本だけでなく世界中、気候パターンが変わってきています。

次にY女史のミニプレゼンです。Aidai Matsuri『Sad-eyed lady at the festival of the age』173.png 時代祭は京都の三大祭りの一つです。Y女史はこの有名なお祭りにまつわるエピソードについてお話されました。由来は桓武天皇が794年に長岡京から平安京平安に遷都した1100年の奉祝行事として、明治28年に始まりました。
この時代にまつわる女性のエピソードについてY女史はテーマをあてました。寂しげな目をしたレディは和宮降嫁、孝明天皇の異母姉妹。彼女の物語は時代祭の人気のある行列のひとつです。和宮は、すでに6歳のときに有栖川宮熾仁親王と婚約をしていましたが和宮は幕府と朝廷の橋渡しとして徳川家に嫁ぐことになりました。兄である孝明天皇の説得により本当に仕方なく降嫁を受け入れたそうです。夫である家茂、和宮に気を遣いなにかと贈り物を送り、4年間という短い期間でしたが、一緒に江戸に居を構えましたが、なんと20歳という若さで家茂は他界。和宮の31という若さでなくなりました。幕末という激動の中を生きた女性、和宮であります。
c0215031_21464644.jpg

次に、S女史は9/16の天声人語について紹介されました。『風が吹けば桶屋が儲かる。』ある出来事がめぐりめぐって思わぬ結果をもたらすことのたとえ。9/16は私はその時英国にいておりニュースがリーマンショツクの話題のニュースよよく耳にしたことを思い出します。そんな中こちらの天声人語もリーマンブラーザーズとトランプ大統領をかけてこんなフレーズが記載されていました。『リーマン・ブラザーズが潰れるとドナルド・トランプが大統領になる』。なかなか素晴らしい出来だと感心! 10年前の9/16がまさに金融大手のリーマンが破綻に陥った日であります。当時、多くの人が職を奪われ苦しみました。一方でバブルを煽った金融機関の多くは生き残り、多くの政治家に対してのデモがありました。トランプ大統領の参謀役だったスティーブン・バノン氏が政治にかかわったきっかけがこの金融危機だったといいます。天声人語の締めくくりは、リーマンショックは経済だけでなく政治の世界にも大きな傷をつけることになった。そして政治のほうが長くのこりそうな傷である。日本社会も格差社会という時代のなかで、社会が大きく変わっていっています。さてこれからどうなっていくのでしょうか。疑問が残ります。

そして、このブログの最後。
M女史はThree-legged birdについてのミニプレゼンです。日本はその翻訳のごとく三足鳥または八咫烏(やたがらす)。
c0215031_19422045.jpeg
この生き物は、三本足のカラスとして知られ古くよりその姿絵が伝わっていって、日本神話においては神武東征の際に、神武天皇のもとに遣わされ、熊野国から大和国への道案内をしたとされるカラスです。この3本足の鳥(烏)は日本だけでなく、エジプトの神話にも現れ、またペルシャや小アジアにもみられるものだそうです。中国古代の説話にようろ太陽の中にいるという3本足の烏で太陽の異称でもあるそう。どうして3本足なのか?いくつかの説があるらしいですが、その一つとして、昔、熊野は榎本氏、宇治氏と穂積氏(藤原鈴木氏)によって支配されていたという説もしくは、知(wisdom),仁(benevolence)そして勇(valor)の3つの美徳の神々を意味していたと言われています。そして、中国の思想からの影
響も強くあるので、この3の意味するのは天・地・人という三徳という儒学に基づいているのかもしれません。

c0215031_21391795.jpeg
今回のM女史のプレゼンで発見した驚きは日本のサッカーチームのemblemです。
このシンボルは1931年に起用されたそうです。日本に初めて近代サッカーを紹介した中村覚之助氏に敬意を表したもので、彼はる那智勝浦町の出身ということで、この八咫烏のモチーフにしたという一説があるとのことです。


さて、明日から11月。今年も残すところあと2ヶ月となりました。急に冷え込む時節となりました。どうぞご自愛ください。

明日は講座の日です。朝日カルチャーでお会いしましょう。 (T.M)174.png


[PR]
by connection-eigo | 2018-10-31 21:57 | プレゼンテーション

Wine Tasting Night @ Connection

10月24日の夜、コネクションにてWine Tasting Night を開催しました。今回はブルゴーニュの赤を中心にテイスティングを行う予定だったのですが、少々内容を変更してピノ・ノワールの赤フランスはブルゴーニュ、オーストラリア・アメリカ合衆国・ニュージーランドの4種類のテイスティングを中心に行いました。赤の前にはフランスのクレモンとシャブリをテイスティングしていただきました。
c0215031_09085855.gif
c0215031_09064860.gif
c0215031_09053682.gif
今回はトマスとマークがこのテイスティング・ナイトに参加しました。ワインにかなり詳しいマークは、テイスティング前に今回のワインについて概要を説明しました。クレモンはマークの好きな泡の一つです。2本目のシャブリは柑橘系のワインで、スモークサーモンとぴったりのマリアージュ。
c0215031_09060344.gif

ピノ・ノワールと一口に言っても、生産される地域によって変わります。またピノはとても繊細な品種なので、コルクを抜栓してから時間の経過によって味も変化していく非常に奥深いぶどうです。ヴィンテージによっても違うのですが、太陽がよくあたる地域は少々パンチのきいた力強いピノとなりブルゴーニュのピノは酸味が少々あるけれども英語で言うとsubtle101.pngまるで京料理をいただいた時のような隠し味、繊細さ、少々出汁に近いような・・、微妙な味。今回はテイスティングでは出なかったのですが、最近では美味しいピノがドイツでも生産されています。
c0215031_09091976.gif
c0215031_09062155.gif
c0215031_09073298.gif
c0215031_09075611.gif

今回人気のあったピノ・ノワールは、ニュージランドでした。かなりこくまろ系でしっかり感。でも角がなく、ハムなどのお肉とマリアージュするとぴたりのワインでした。174.png
最後はアメリカのピノをテイスティングしていただきました。かなり濃い!と見込んだため20分ほど前から抜栓をしました。驚いたことに、とても繊細で軽やか・エレガントなワインに変化しました。177.png

今回はクイズも行いました。当選したTさん、おめでとうございます!169.png

色々なピノ・ノーワールの飲み比べ。テーブルを囲んでワイワイとお話にも花が咲きあっという間の会となりました。
ご参加していただいた皆さん、有難うございました。169.png
c0215031_09083920.gif


[PR]
by connection-eigo | 2018-10-26 09:10 | イベント

Biblio Salon

biblio salonでは、Alice in wonderland を取り上げました。生徒さんたちは、交互で読み進め分かりにくい所では、止まって質問したり理解を深めて行きました。

トマス先生は、不思議の国のアリスに対して理解が難しいとおっしゃってましたが皆さんも大体のストーリーをご存知だったようでスムーズに進みました。笑い声がおこるシーンもあり終始和やかな雰囲気でした。

最後は、この本が広まった60 年代の話にまで広がりヒッピー、ドラッグなどのポップカルチャーの中沢山の歌手や映画が影響を受けている話や、物語に関連のある歌詞を歌った歌を実際に聞いたりもしました。

c0215031_14414893.jpeg


コネクション心斎橋校では、Biblio Salon の他にも特別講座やLe Clubを開催しています。
★特別講座
トムの映画 de English
日本人がよく間違う英語表現
★Le Club
発音クリニック
Cafe@Connection

皆様のご参加をお待ちしております!









[PR]
by connection-eigo | 2018-10-25 14:49 | イベント

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Oct 4th, 2018. ①

10月の『英語で学ぶ日本文化』今回は新しいメンバーの方も増えました。101.png私の机に並んだスイートは・・・。旬の果物に菓子。食欲の秋!ダイエットは
厳しそうです。
c0215031_09445574.gif
10月の講座は2部に分けて紹介していきます。まずはpart.1

今回のトップバッターは、S氏。日本の神様、神道についてお話されました。10月は神無月。出雲大社に全国の神様が集まって話あうので、各地に神がいなくなるので神無月。(ちなみに島根県では神在月と呼ぶそう・・。)
いつ頃からこう呼ばれるようになったのかは不詳だそうですが、有力説によると、『神無月』の『無・な』の『の』という意味らしく、『神の月』で神を祀(祭)る月。6月の水無月が『水の月』だとのこと。
神道は古代日本が起源で、自然や自然現象などにもとづく多神教(polytheism)で自然と神とは一体として認識され神と人間と結ぶ具体的作法が祭祀であり、それをとりおこなうのが神社であるとのこと。S氏は最近『神道入門』〜民族伝承学から日本文化を読む〜著:新谷尚紀(ちくま新書)を読まれたそうです。これによると日本の神道はいくつもの信仰が繰り返し上書き保存されたものと捉えているそうです。非常に興味深いことは、神道とは形式であり容器であること。たとえていえば、バスや電車。つまり時代ごとに様々な乗客が乗ってくる。本質は素材(マテリアル)でなく形式(フォルム)にある。
主要な部分は祈念祭(としごいのまつり)=豊穣祈願を中心とするまつりごとだったそうです。ここでS氏が触れたフォルムのように神道は時代とともに変遷があり、私が思うに、一口に神道とは何なのか?と尋ねられて簡単に、ひとつのカテゴリーにいれるのは難しいということ。しかしながら、神道という中核的な『伝承』はきっちりと引き継がれていて、それは古来以来稲作の王としての天皇を中核として伝承されてきている人々の素朴な自然と生命への感謝の念と禊ぎ祓えの実践によるその信仰の意思表示の体系であるということです。S氏のミニプレゼンの中で、とてもいいポイントをつたえられたところは、神道は流動的な歴史を持って伝えられているのので、その実態はいわば動画であり、それを静止画としてある時期の神道をもって真の『神道』とはこれだ、というように固定化させて考えるのは大きな間違いである。というところです。これは私の意見なのですが、近代歴史の中で日本は立憲君主国家の名のもと、天皇崇拝を中心とする国家神道をとった時代もあり、このように政治的イデオロギーで使用されたこともあるので、ここら辺は現在にいたってもおおきな論争をもつところになると思います。
宗教(religion)というのは日本古来の言語の概念ではなく近代になって英語のreligionを翻訳して作られた新しい語であります。なので、神道は宗教か?宗教でないのか?という問題は歴史的にみれば明治元年の1868年から終戦を迎えた1945年の80年間に創出された問題にすぎないそうです。古代・中世、近世を通じての神仏習合の時代にはありえなかったそうでまことにそこが奥深く興味深いところなのかもしれません。私も一度読んでみようと思います。S氏おすすめ本。
c0215031_10433306.jpg
次にこの本は身体論という本ですが、非常に興味深かったので、紹介いたします。スポーツからみた文化背景や歴史など哲学に大きく関わっていて、とても興味深い一冊となりました。
c0215031_10461154.jpg
次にA女史はHIGANBANAについてお話をされました。お彼岸の季節になると道端に咲いているお花。彼岸花の正式名書はLycoris Radiataと呼ばれていますが、他にもRed spider Lily やCluster Amaryllis などなど他にも違った名称を持っています。国によっても呼び名が違うようです。
c0215031_10504810.jpeg
彼岸花は中国から仏教とともに日本へもたらされたお花です。彼岸とはあの世という意味であります。このお花は曼珠沙華とも呼ばれており、法華経によると黄泉の国で咲く花だと描写されているそうです。曼珠沙華は天上の花もしくは天蓋花とも言われています。

田んぼのまわりに咲くこのお花。実は球根は毒性が強く、これらは、田んぼの害であるもぐらやねずみなどといった穴を掘る害獣を守るためでもあったそうです。飢饉と時には、毒の箇所をとって食していた時期もあったそうです。

彼岸花には『死』という少々不吉なイメージがあります。しかし、秋にみかける彼岸花は美しいです。最近では、白や黄色といった彼岸花も数多くみかけます。

彼岸花の花言葉を紹介してくだだいました。

Red: passion, independence, reunion, resignation, &sad memories
White: longing & Longing for someone
Yellow: cheerful mind, deep consideration

最後に彼岸花のみれるおすすめスポットを紹介してくださいました。
少々遠出になるのですが、埼玉県日高市にある『巾着田曼珠沙華公園』とても美しいとのこと。今シーズンは見頃は終わりましたが、開花時期は9月下旬から10月上旬だそうです。関西のおすすめスポットは奈良県明日香だそうです。もっと大阪からの近場は万博記念公園ということで、来年あたり、散策しながらぶらっと立ち寄ってみようかと思います。

三番バッターはM女史。な、なんと、ノートなしで、金閣寺について説明をされました。(素晴らしい!165.png)金閣寺の正式名は鹿苑寺。京都市北区にある臨済宗相国寺派のお寺です。建物の内外に金箔を貼った3層の楼閣建築で各層、ちがった建築スタイルが施されています。室町幕府3代将軍足利義満の法号・鹿苑院殿にちなむそう。昭和25年(1950年)に放火により焼失して、1955年に再建。平成6年(1994年)にユネスコの世界遺産「古都京都の文化財」の構成資産に登録されています。金閣寺は三島由紀夫など多くの小説にも登場してくるスポットです。
c0215031_11390462.jpeg
c0215031_11392586.jpg

これからの紅葉シーズン、京都は観光客でいっぱいになります。150.png ちょっと季節をずらして冬の京都も美しいかもしれません。(底冷えはしますが116.png)冬の金閣寺いかがでしょうか。
では次回まもなくpart2のミニプレゼン紹介をこちらのブログでアップしていきます。乞うご期待!101.png  (T.M)




[PR]
by connection-eigo | 2018-10-24 11:39 | プレゼンテーション

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Sep 6th, 2018

1ヶ月遅れての9月講座のミニプレゼンの紹介となります。119.png 遅れてしまい誠に申し訳ございません。

9月は台風被害に始まり、何かとバタバタした月となりました。9月下旬も台風24号が日本を横断。台風に始まり台風で〆という月でした。決して日本だけでなく世界中で台風、ハリケーン、地震と自然災害が多かったです。134.png

さて、9月6日の朝日カルチャーでの講座。
c0215031_20515884.gif
S女史の今回の絵葉書は🐪らくだに乗った男性二人が夜の砂漠を🐪通っているシーンです。9月に平山郁夫氏のシルクロード展に赴かれた同女史、題材はシルクロードからの1シーンです。まん丸いお月さんが夜空に浮かぶシーンはまさしくこのシーズンにぴったりです。S女史、素敵な絵はがき、有難うございます。
c0215031_22065417.gif
平山郁夫氏は私の好きな画家のお一人であります。私はまだ訪れたことがないのですが、機会があれば、是非足を運びたいのが、「平山郁夫美術館」です。
ミニプレゼンではプーシキンの展覧会について触れられました。10/14まで国立国際美術館で展覧会が開催されています。私も今週中に時間を作って行ってみようと計画しています。
9月といえばお月見。3名の方がお月さん🌝について紹介してくださいました。

まずはじめにS氏のミニプレゼンを紹介しましょう。タイトルは『月とうさぎ』。今年は9月24日が中秋の名月ですが満月は翌日の25日だったそうです。残念ながら関西地方は雨だったようです。私はちょうどこの日にイギリスから日本に帰国する日で、早朝5:00に空港に向かうタクシーの中で大きく浮かぶ満月を見ることができました。なんとも美しいお月さまでした。残念ですが、あっという間だったので、写真に収める時間はありませんでした。タイトルからおわかりいただけるかと思うのですが、月といえば、日本ではうさぎを連想します。S氏は今昔物語の中の『身を焼いた兎』の話を紹介してくれました。天竺で修行をしていた兎、狐と猿の3匹は前世に大きな罪を犯したので、獣の身に生まれ変わり修行をしていたのですが、そんな3匹の前に帝釈天が疲れ果てた老人の姿に変身して現れました。猿や狐は野山や人里に行って食物を取って老人に与えるわけですが、兎はのにも手にいれることができませんでした。非難された兎は思いつめて、火を燃やすように頼み、「私の身を焼いて食べてください。」といって自ら火中に身を投じました。帝釈天はそんな兎を憐れみ、兎を月に移したというお話。仏教説話にはこのような多くの経典が載っています。さて、この兎の話は、仏教が最初ではなく、古代中国ではすでに存在していたようです。中国では唐時代から月餅を中秋節に食べる慣習があります。S氏の本日の菓子は月餅でした。とても美味しくいただきました。101.png
c0215031_22004423.jpeg

M女史も月と兎についてのお話しについてミニプレゼンをしてくださいました。その中で、兎の性格についても紹介してくれました。兎は後ろずさりすることなく前に進むのみ。なので、進出、向上や昇進のシンボルとのこと。また、兎は利口さ、献身のシンボルでもあるそうです。復活祭でもみられるように春のシンボルでもあります。日本の最も古い漫画である鳥獣戯画にも兎が描かれています。
c0215031_22000432.jpeg
Y女史のミニプレゼンは『お月見泥棒』。初めて耳にした言葉です。昔、子供達は中秋の名月に限りお月見のお供え物を盗むことができたそうです。お月見泥棒に団子を盗まれたら豊作になる!ということで、昔、日本各地の農村部で行われていたそうです。はっきりした由来はわからないそうですが、江戸時代にはこの習慣があり第二次世界大戦前にも見られたそうですが、戦後にこの文化は消えていったそうです。
しかしながら、現在でも愛知県や三重県でこの伝統は残っているそうで、子供達が『お月見ください!』『お月見泥棒です!』などと声をかけて、各家を周りお菓子やお団子をもらうそうです。なんだか ハロウィン ''Trick or Treat'' と似ていますね!Y女史はいつも面白いtopicを紹介してくださいます。101.png

最後にM氏は極東ロシア旅行報告について、プロジェクターを使用して、写真を披露してくださいました。ハバロスクからウラジオストックまでのシベリア旅行記です。ハバロスクは61万人のアムール川右岸中流域に開けた町で緩やかな坂の多い町とのこと。化学工業、機械・金属工業、木材業が発展しているところで、この町の観光場所はアムール川遊覧、ロシア正教会、博物館の見学や19世紀のヨーロッパ様式の建築物のある通りの散策だそうです。

私も是非シベリア鉄道に乗ってTrans-Siberia を試みたい!と夢を抱いているのですが、このシベリア鉄道の全長は9259kmあります。このたびM氏がシベリア鉄道を乗った距離は766km。所要時間は11時間20分。日が登り始めた景色はとてもきれかったそうです。地平線が見える原野を邁進する光景は日本ではみることのない景色だったそう。

日本海面した町、ウラジオストック。人口は60万人で、ロシア太平洋艦隊の拠点の町。町の名前は『東を支配する』という意味があるらしいです。坂道が多く、神戸の港町に似ているそうです。こちらの町の主な産業は造船業と漁業そして軍関連産業だそうです。ソ連崩壊後は日本から中古車の輸入が盛んになり極東における一大市場となっているそうです。軍事委さんを用いた博物館、展望台から見る黄金橋の見学、凱旋門・革命広場とその周辺の建築物散策、港湾クルーズが観光の目玉のようです。

M氏さんの今回の旅の感想は、英語は日本より通じないがロシア市民は親切だったそうです。片言のロシア語を話すと親切に対応してくれたとのことです。食事は質素。観光客にとってはお手洗いの場所がすくなく不便を感じたそうです。北朝鮮人の人が沢山働いていて、ロシアが北朝鮮を支援していることが納得できたそうです。また観光客は韓国人の人が多かったそうです。

この旅に向けてロシア語のアルファベットを習得していかれたM氏、かなり役にたったとのことです。近くて遠く感じる極東ロシア。昔からどういうわけか気になる極東ロシア。時間ができたら是非行ってみたいと思う。

先日10月4日に10月の講座がありました。近い段階で皆さんのミニプレゼンを紹介したく思います。

10月に入り、秋もより一層深まりました。時節の変わり目は体調を崩しやすいです。どうぞご自愛ください。
(T.M.)






[PR]
by connection-eigo | 2018-10-07 22:49 | プレゼンテーション

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』ブログ遅れてます!

日付が変わり10/4となりました。本日は朝日カルチャーセンターでの月1の講座があります。謝らなくてはいけません! 9月分の受講生の皆さんのミニプレゼンがまだアップできていない状態でございます。137.png 
今週末に9月を完成させて,引き続き10月分をご案内いたします。取り急ぎご報告とお詫びを添えて・・・。
Terumi M.

[PR]
by connection-eigo | 2018-10-04 00:36 | プレゼンテーション