<   2015年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ゆく年くる年

今年も残り僅かとなりました。11月末から私も含めスタッフ一同、バタバタモードに入ります。あれよあれよと言っている間に大晦日になってしまいました。005.gif
新しい年を迎える数時間前に、ノートパソコンの前に座り、今年を振り返る時間を持っています。ゆく年くる年、今年はこんな年やったな〜と振り返りながら今皆さん、大晦日をお過ごしではないでしょうか。026.gif

さて、今年の秋頃にスタッフの一人とミーティングをしてて、はて、ミューズを立ち上げてどれくらい経つの?という話にはじまり、なんと、今年の10月で20周年を迎えていたのです。立ち上げた当初は、自分の勉強のために空いている時間に地域密着型の小さな英語教室をしようというのがきっかけでした。当初は閑古鳥状態で043.gifどないなるやろ〜と気が萎えたときもありましたが・・・。039.gif

今は亡き母のサポートも大きく、そして家族。節目節目にいろんな方とつながり、次第に周りの皆さんの支えや応援があって、ここまで来れたと思っています。


ミューズは今年、チャレンジの1年となったと思います。産経学園さんとのコラボで初めて大規模の英語プログラムを立ち上げ、講座運営させていただくチャンスをいただきました。
残念ながらなんばパークス産経学園は来年の1月で閉館となるのですが、引き続き、コネクションで講座を継続していただく運びとなりました。

キッズ部門においては、スタッフや講師が創りあげた、ミューズ第1回発表会も開催しました。日頃クラスではみない子供達のイキイキした顔を見受けました。また、やり遂げたという自身にもなったのではないでしょうか?

そして来年2016年の春に向けて、新しく甲子園口でミューズを開校することになりました。

こんな語学教室あったらいいのにな〜を、目指して、来年も頑張っていきます。066.gif066.gif


来年もどうぞ宜しくお願いいたします。
Many Thanks!003.gif

MUSE ENGLISH
代表TERUMI MM
c0215031_22013823.jpg


[PR]
by connection-eigo | 2015-12-31 22:02

なんばパークス産経学園『フリートーク』 12/25

今年も残すところ数時間となりました。今年最後のフリートーク、プレゼンのリポートをアップしたいと思います。
今年最後の産経学園でのフリートークの講座は先週の12/25、クリスマスの日でした。今年締めのプレゼンはY女史。

メリットとデメリットのオンラインブッキングです。

中央アメリカに南米、時には北米、アジア、そして欧州を一人で旅する同女史は、旅プランもバッチリです。
『旅の窓口』と呼ばれるオンラインでホテルブッキングをするサイトサービスがが1996年に日立造船が始めたとのこと!この時期にオンラインなんて、すごいですね〜。この『旅の窓口』は楽天トラベルと2004年に合併。合併される前までは便利もよく、よく利用されていたそうです。

1996年にはオランダでBooking.comが大学生により設立。Y女史はこのBooking.comのシステムがとても便利がよく、優れものと高い評価をつけています。宿泊地の所在地がどこにあるのか、pop-upのピンポイントがついてくるそうです。また、前払いではないので、そこも彼女のお気に入りらしいです。

旅する約1年ほど前からBooking.comでホテル予約をする、Y女史。もちろん個人旅行は、団体のツアーと違うので、前もって予約は必要かもしれません。イタリアにおいては場所によるとギリギリでのホテル予約はかなり大変らしいとのことです。
さて、海外から多くの観光客が訪れる日本も今や宿泊の確保は大変らしいですね。ということもあり、今や民泊がとても流行っているのですが。027.gif

海外だけでなく国内においても、自家用で旅をされる彼女は、ある比較をプレゼンで紹介してくれました。北海道の旅です。1997年、ビジネスホテルで¥4,500は非常に気が滅入るような部屋だったそうです。次に2009年、時代は変わり、ビジネスホテルで一泊¥2,800!そして2015年はホテルを予約するのに、苦労、苦労ちなみに曜日によりますが、予算は¥6,000~10,000.
ビジネスホテルも今や満室になることが多く、ア⭕️ホテルでは平日一泊5,700円が28,000円の値がつくそうです。065.gif065.gifこわ〜。

その時の経済や社会状況によって変わるホテル代、オンラインで定期的にチェックされているようです。
確かにBooking.comは一人旅や団体ツアーを選ばない場合は非常に便利がいいですよね。

来年も地球狭しと、旅をされるY女史。彼女の旅はちょいと違います。その地域地域での生活をかい間みれる旅で、またその地域での文化や歴史を肌身で感じられるものです。
旅の後醍味ですね。

Y女史プレゼンありがとうございました。旅するにあたり、一つ私も学びました。

今年最後の講座の後は、ささやかなランチ忘年会を開催しました。残念ながらまだ仕事が残っていたのでお酒はお預けでしたが・・・。

皆さん、お疲れ様でした。来年も宜しくお願いします。

1月はもう一度なんばパークス産経学園での講座となります。次回は1/8です。(T.M)

[PR]
by connection-eigo | 2015-12-31 21:32

2015年を振り返って

今年も残すところあと10日となりました。この時期になるとどういうわけがせきます。急(せ)かされるという意味です。

さて、12/22の今日は冬至です。冬至は英語でいうとwinter Solstice、北半球ではもっとも昼が短く、夜が長い日のこと。ゆず湯に入り、小豆粥やカボチャを食べる風習があります。この日を境に再び日が延びていくことから『一陽来復』ともいわれています。

さて、2015年の『今年の漢字』が、先日15日に清水寺で発表されました。

そうです。『安』です。2位が『爆』082.gif 

「安」は応募12万9647通のうち最多の5632通だったそう。安倍政権のもとで安全保障関連法案の採否をめぐり国論を2分した点や、世界で続発したテロや異常気象、マンションの杭打ちデータ流用などで人々が不安になったことなどが理由に挙げられたようです。私にはあまりしっくりこないのですが・・・。013.gif

はやはり『爆買い』だからでしょうか?

私の中では『激』を予想していました。。12/22号のニューズウィーク日本版で2015年を振り返る特集が載っていました。タイトルは『激動と希望の2015年を振り返る』です。1月のパリの風刺週刊誌のシャルリ・エブド襲撃事件が1月にはじまり、今年からISISのによる無差別攻撃テロが中東からアジア、アフリカ、欧州にまで広がる。シリア難民が殺到して欧州では大きなニュースとなったのも記憶に新しい。ギリシャの債務危機も6月にあってえらいことになっていたな〜。
そうそう、キューバとアメリカ合衆国が国交回復しました。11月にはアウン・サン・スーチーが国民民主連盟を引い聞いて圧勝。
国内では安保関係法案でかなり強引に安倍政権および連立政権が可決したこともあり、大きな論争となりました。そして忘れてはいけない、爆買いという今年流行ったキーワード。

国内だけでなく、世界に起こっている時事に関心をむけると、えらいことが起こっているのだな〜と考えさせられることが多いです。日本はまだまだ平和だな〜と感じることが多いです。テロであっても移民問題であっても日本には関係のないこと思ってしまうのかもしれません。日本は近隣諸国をしのいでまだまだ世界に影響力のある国だと思っている方も多いでしょう。でも世界のメディアから安倍首相が出てくることもないのが事実です。

日本という枠だけでなく地球規模で見た時に、まさしく今年は激動の1年だったと思います。どれだけ爆破された都市や、死傷した老若男女がスクリーンに映し出されたことか。

来年は一体どんな1年となるのでしょうか?今ではなにもがunpredictable(予想できない、変わりやすい)世の中になってきています。

世界規模でいうと、環境問題に民族問題、宗教問題〜、きゃ〜っ、私には何もできませんが、常に問題意識を持って、常に視野を広く持とう・・・と思います。 個人レベルで自分のできること、健康で、1日1日を大切に感謝して生きていこう。ということです。045.gif (T.M)






[PR]
by connection-eigo | 2015-12-22 17:28

留学ブログvol.10 ***My study abroad experiences***

Hello everyone!! Happy Holidays??
みなさん、お元気ですが?12月も終盤、年末に近づいて参りました。
今年もあっという間だったなと、1年を振り返りながら思います。
2015年はMUSE ENGLISH COMMUNICATION で講師をさせていただくようになり、たくさんの皆様と一緒に楽しく勉強できたこと、本当に感謝でいっぱいです。
ありがとうございました ??

それでは留学ブログ第3弾、OPT Seattle編です。

さて、就職が決まり、2年間通った学校Washington State University、友達、そしてPullmanの町ともお別れです。Seattleまでは車で5〜6時間、初めて一人で長時間運転して引っ越しました。Seattleではシェアハウスに住むことになりました。ハウスオーナーはアメリカ人の女性で、彼女のお家の1部屋をお借りしました。

シアトルでの生活も、フルタイムで働くことも初めてだったので、緊張の連続でしたが、会社の上司や先輩、シェアハウスオーナーさんに恵まれ新しい生活を始めることが出来ました。
今まで大学では授業で英語を聞き、課題や予習のために多くの教科書や本を英語で読んできました。しかし、英語を話すことはあまりなく、友達やクラスメイトと必要最低限しか英語を使ってきませんでした。シアトル生活では英語を話す・聞くことが一番に必要とされました。
仕事では電話を使ってやり取りすることが多く、英語も電話越しだと聞きとりにくかったりと、いつも以上に難しかったので、集中して聞く、コンテンツから内容を予想し、理解するなどリスニングを伸ばすことも重要でした。
また家ではハウスオーナーとその日の出来事や仕事、友達のことなど日常会話をすることが多くなりました。英語を読んだり書いたり、聞いたりすることには慣れていたのですが、話すことには毎回緊張していたように思います。しかし、シアトルに移り、仕事をするようになって、初めて英語を話すことに抵抗がなくなり、スムーズにでてくるようになったと感じました。アメリカに来てから4年後のことでした。
c0215031_18384366.jpg


仕事では沢山の留学生と出会いました。日本からの留学生は中学生から高校生、そして大学生から大人の方までいらっしゃいました。また韓国、中国、インドネシア、ベトナムなど他の国からの留学生も多くいました。シアトルにある大学University of Washingtonやその他のCollegeやLanguage Schoolに出向くこともあり、学生たちを見ていると、自分の大学時代を思い出すこともありました。オフィスでパソコンに向かって仕事をすることもありましたが、大学に行ったり、学生と直接会ってオリエンテーションをしたりと様々な経験が出来ました。

プライベートでは、シェアハウスオーナーが本当に良い方で、いろいろなところへ連れて行ってくれたり、アメリカの文化をシェアしてくれたりしました。ホリデーシーズンにはハウスパーティを開いて、友達や家族が集まり、美味しいお料理を振る舞ってくれたり、週末にはMovie Nightとしてポップコーンを作って映画をみたりしました。またオーナーさんが趣味でフルートを習っていたので演奏を聴きにコンサートへ行ったりしました。キャンプへ行ったり、roadtripへ行ったり、本当に楽しかったです。
多くの大学時代の友達はそれぞれの国に帰国してしまったのですが、OPTで残っている友達と、たまにシアトルダウンタウンへ行き、有名な観光スポットのPike Place Market やスターバックス1号店、シアトルマリナーズのホームSafeco fieldに行ったりもしました。
c0215031_18395416.jpg


本日の留学ブログはここまでです。
Thank you very much for reading. I hope you all enjoyed reading my blogs.
ブログを読んでいただきありがとうございました。
Have a wonderful holiday season and happy new year!
皆様、良いお年をお迎えください。

Eri Tatsumi
[PR]
by connection-eigo | 2015-12-21 18:50

今年最後のMUSE Cafe

昨日12/15,加島校にて、今年最後のミューズカフェを開催しました。なんと、最多の8名が参加してくれました。
クリスマスシーズンなので、ケーキ付のスペシャルナイトとなりました。少々バタバタしてしまい、写真撮り忘れてしまいました。007.gif
このミューズカフェの趣旨は、英語の勉強とは違い、寛いだ雰囲気の中で、自然な会話やコミュニケーションに慣れてもらう空間です。初対面の人、年齢層も違います。なかなか自分からお話しするのって難しいですよね。この機会に是非社交術も磨いて下さい。

次回のミューズカフェは来年1/26火曜日の20:00-20:50です。

皆さんのご参加お待ちしています。058.gif

c0215031_13421451.jpg

[PR]
by connection-eigo | 2015-12-16 12:14

Muse-Connection Christmas Party

昨日12/5ビストロぽたじぇさんで恒例のクリスマスパーティを開催しました。
今年がここでの最後のパーティになります。(悲しい〜な)
c0215031_21253840.jpg
美味しいお料理にワイン・・・そしてテーブルを囲んで楽しい歓談。
c0215031_21223553.jpg
中盤、バタバタしすぎて、メインの羊肉ディッシュを写真に収めるの忘れてしまいました。
c0215031_21224848.jpg
c0215031_21220843.jpg
c0215031_21220185.jpg
c0215031_21221866.jpg
c0215031_21213306.jpg
昨年に引き続き、スタッフのゆかこさん、そしてオペラシンガーのあやさんが演奏してくれました。今回はピアニストのアライさんにもお越しいただきました。
素敵なミニリサイタル
c0215031_21225334.jpg
c0215031_21222396.jpg
歓談中もピアノとバイオリンの演奏、素敵でなんと贅沢なBGM!!
c0215031_21331362.jpg
c0215031_21330809.jpg
趣味がイラストレーション、Mr. Nakagawaにグランシェフそしてご家族の似顔絵を描いてもらいました。
c0215031_21222935.jpg
c0215031_21221369.jpg
クリスマスクイズに、ブラインドテイスティング。今年は初めて白を選んでみました。思った以上に苦戦。伊勢丹のソムリエ、ムッシュー宮里に毎年アイデアを頂戴しています。今年はMaconヌーヴォー2015ぶどうはシャルドネでした。

楽しい時間はあっという間に過ぎます。
最後のご挨拶にグランシェフそしてご家族の方にお礼をお伝えしました。
c0215031_21215622.jpg
c0215031_21213713.jpg
今年も無事パーティを終えることができました。
ご参加いただいた方々、年末のお忙しい中、有難うございました。
そして、いつも素敵な空間とお料理を提供してくださったぽたじぇの皆さん、感謝感謝です。012.gif


[PR]
by connection-eigo | 2015-12-06 21:44

なんばパークス産経学園 ''教養の英語''Nippon Bunkaあらかると12/4

昨日は産経学園にて限定講座Nippon Bunkaあらかるとの講座がありました。今回のタイトルは『和菓子でみる歳時記』日本の和菓子といってもいろいろな種類があります。そこで今回は京のお菓子についてテーマを絞ってみました。3年ほど前に京菓子職人さんとコラボを組んで1日講座を京都で開いたことがあります。
京のお菓子を説明すると?『京料理とよう似てます。物足らんようで、でも最後全てをいただいたときに満足するような〜。』これがお答えでした。

はんなりした色合いのお菓子は、目で愉しんで、そしていただく。
季節を感じていただくお菓子、けれども春夏秋冬だけを表しているのではなく、季節ごとの移ろいゆくはかなさを感じることが京菓子であるようだ。昔から日本人は移ろいゆくものに美を感じ、同時にはかなさを感じる。
桜は誠にきれいであるが、1週間もすると散りゆく。花火はパッと夜空に大花を咲かせるがあっという間に消えてしまう。紅葉の期間も短い。
昔の人は二十四節気や七十二候の暦をもとに生活を営んでいた。自然を制するのではなく、人間が四季の自然に順応させて生活をしていたわけなので、日本の食材では旬のものが好まれる。

新年は花びら餅にはじまり、年の終わりにはお火焚き饅頭でしめくくる。四季や5節句に合わせていただく菓子はそれなりに意味があって楽しい。

和菓子だからといって、『和』にこだわる必要もない。京は、伝統も大事にするが、新しいことをとりいれるのも好き。(以外とはつもんぐいなんですね。026.gif
今回は和菓子でみる歳時記ということで、上生菓子を用意しました。私のは雪だるまです。

c0215031_16422308.jpg
次回のNippon Bunkaあらかるとは1/15 日本のしきたり、風物詩です。

[PR]
by connection-eigo | 2015-12-05 16:47

朝日カルチャーセンター中之島教室 『英語で話す日本文化』12/3

朝日カルチャーセンター中之島教室での『英語で話す日本文化』今年最後のクラスを12/3に行いました。いつものように今月の歳時記を紹介した後、皆さんにミニプレゼンをしていただきました。

S氏の今回のテーマは『興福寺の阿修羅』です。阿修羅像は同氏の大好きな仏像の一つだそうです。私にとっての阿修羅像のイメージは学校の教科書に出てきたイメージです。確か小学生の頃だったでしょうか?初めてみた阿修羅像の凛々しいお顔にカッコいいな〜と、子供心ながら魅きつけられた覚えがあります。2009年に東京と九州の国立博物館で阿修羅展があった際はなんと、165万人が来場したそうです!興福寺は多様な歴史を有しています。興福寺は数回、火災に見舞われていますが、この8世紀に造られた阿修羅像は中は空洞で脱活乾漆で造られ中は空洞なので13kgと軽く、火災の際に持ち出すことができて現在も存在するという貴重な像です。
少年を思わせるしなやかな肢体。お顔は怒りではなく眉根を寄せた切ない眼差し。現在、私たちは日々、多くの悩みや苦しみを抱えていて、心の癒しを求めている。ともに悩み、悲しみ、苦しんでおられる阿修羅像に親近感を感じるのでしょうか。
c0215031_15333323.jpeg
c0215031_15331529.jpeg

最新のデジタル復元により当時の像を紹介してくださいました。S氏は現在の阿修羅さんが好きだそうです。
c0215031_15331820.jpeg

M氏は前回に続き、今回もご自宅のお庭(?)でできた柿とキウイそしてすだちをいっぱいさげて、教室に入ってこられました。005.gif 恥ずかしいことにどうやってキウイがなるのか知らず、042.gif 質問したところ、写真をもってはったので、見させてもらいました。(なるほど、ひとつ賢くなりました。)
さて、M氏の今回のテーマは『2015年新語流行語大賞』です。
c0215031_15362356.jpeg
なんと、年間大賞は『爆買い』と『トリプルスリー』で、トップテンに選ばれたのは、『アベ政治を許さない』『安心してください、穿いてますよ』『一億総活躍社会』『エンブレム』『五郎丸(ポーズ)』『SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急運動)』『ドローン』『まいにち修造』だそうです。さて、皆さん、お幾つわかりますか??
もうすぐしたら、清水寺のご住職さんが今年1年の世相を漢字であてはめられます。昨年2014年は皆さん、覚えてらっしゃいますか?私はすっかり忘れていました。Y女史が調べてくれたところ・・・・・、
答えはです。(世相むちゃ反映していますね)
c0215031_15362642.jpeg
さて、今年はどんな漢字なのでしょうか?クラスで予想してみました。異?揺?不?あららら・・・002.gif なかなか悲観的です。013.gif よしゃっ、じゃ〜と挙げていただいたのが躍!お一人の方が、今年は大阪維新に振り回されたからな〜維?新?振?あれ〜っ。結構難しいものです。なんかポジティブな漢字が浮かばない〜!これぞ庶民の世相というものかなあ??
もうすぐですね。清水寺。どんな漢字が楽しみ。006.gif

Y女史は先日高校生の全日本マーチングコンテストに行かれたことについてお話しされました。各チームのパフォーマンス度の高さに驚かれたそうです。何かに一生懸命励む学生たちの姿はとても良い!とおっしゃってました。また、日本の学校にはクラブ活動というのがあり、練習もかなり大変です。Y女史は日々の勉強にクラブ活動、海外の方はどのようにみてらっしゃるのだろう?005.gif と疑問に思われたようです。確かに日本には先輩・後輩という縦関係のベースがあり、協調性とかも大切です。欧米文化はどちらかというと個人を尊重し、ヨコ関係のベースです。そういう意味でいうとちょっとした見方は変わってくるでしょうね。最近国際結婚も当たり前の時代となり、もっともっと各家庭の在り方も変わってくるでしょうね。多様化になってきますね。

さて、今年も残すところあと僅か。005.gif 年末から年始にかけて除夜の鐘を聞きいて新しい年を迎えます。年末に108の鐘を撞くのは、108ある煩悩を消していくためであると仏教は教えます。なぜ108なのか?様々な諸説があるのですが、一つは12ヶ月➕24節気➕72候を足した数から108となると言われているもの、またS氏が非常に興味深いことに触れられました。毎月9つの苦があるそれを12ヶ月足して108になる、と。あと調べると人間生きていく上でたくさんの苦を経験します。苦がつまり煩悩であることでしょうか?
少し興味深いサイトを見つけました。お時間のある方はこちらをクリック

c0215031_15385734.jpeg

今回もとてもいい勉強になりました。皆さん有難うございます!012.gif

来年の講座は1/7です。056.gif

[PR]
by connection-eigo | 2015-12-05 15:47

なんばパークス産経学園『フリートーク』 11/27

約1週間遅れで産経学園の『フリートーク』アップします。11/27はT女史によるプレゼンでした。同女史には驚かされることが沢山あります。様々なことに興味をもっておられ、非常に多趣味であること。です。そんなT氏のプレゼンは2015年のエンターテイメントを振り返ってです。006.gif

1年に1回なんばパパークス産経学園のおとなりの本屋さんで朗読をされる女史が選んだ絵本は『イスラームの暮らし』(あすなろ書店)を題材にされたそうです。
c0215031_14150959.jpeg

11/13に起きたパリでのテロそしてその後もエジプトや中近東でテロが起こっています。テロの元凶はイスラムであるとみてしまいがちになります。でも実際にはそうでないわけは、正確に情報をインプットすればよいことであるわけですが、情報は全てが正しいというわけではありません。イスラムとは何かというお話しをわかりやすく絵本で説明しているものです。

おすすめの本というわけではないようですが、今年やはりヒットした文庫は又吉直樹氏の火花、芥川賞を受賞しました。その又吉氏が著した本、新四熟語120からT女史いくつか熟語を紹介してくれました。
『馬面猫舌』『肉村八分』『幹事横領』各意味は実際本をご購入下さい。
c0215031_14171034.jpg
ノンフィクションでT女史が非常に興味を持たれた本は『帳簿の世界史』これジェイコブ・ソール(JacobSoll)が著したもので英語ではThe Recknoning Financial Accountability and the Making and Breaking of Nationという長いタイトルの本です。次回は英語である原書で読んでみられつことが来年の目標だそうです。
c0215031_14171281.jpg

034.gifさて、映画・ドラマ部門にいきましょう。
今年は10本の映画やドラマを観たというT女史。そこで映画でみたもので、予想以外に面白かったのが、メインにコリン・ファース、サミュエル・ジャクソンそれにタロン・エガートンをキャストとする『スパイ大作戦』Kingsman the seacret service。
c0215031_14190082.jpeg
あとスクリーンでは中国の歴史ドラマ、宮廷女官 若曦だそうです。
c0215031_14191534.jpg

パーフォマンスで挙げられたのは、
5年ぶりのアイススケーティング。
そしてお江戸へ遠征、前々から行ってみたかった日本武道館。ダイアナロスのコンサート。そこでなんとコシノジュンコさんが前の席に座っててとてもノリノリだったそうです。次にオリックス劇場で『地球投五郎宇宙荒事』の歌舞伎のお芝居をみられたとき、なんと、偶然なことにコシノヒロコさんが近くに座ってられたということで、なんとコシノ姉妹をお目にかかれたことが面白かったとのことです。

東京滞在中に椿山荘の近くにある永青文庫の春画展に。浮世絵は印象派に多大なる影響を及ぼしました。春画はご存知の通り、江戸時代のポルノ(?)本としておきましょう。この展覧会12/23までされているとのことです。(ポルノ・アートなのでこの展覧会は18歳未満は入場できないのであしからず)


何かお芝居を観て・読んで・話して・どこかを訪れて感動すること、また感じることはとても大切なことですね。

とても興味深いプレゼンでした。T女史有難うございます。

次回は12/11日です。




[PR]
by connection-eigo | 2015-12-05 14:22


講師やスタッフが綴るブログです。


by connection-eigo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

朝日カルチャーセンター中之島..
at 2018-10-07 22:49
朝日カルチャーセンター中之島..
at 2018-10-04 00:36
Thank you very..
at 2018-09-01 21:11
朝日カルチャーセンター中之島..
at 2018-08-12 23:35
朝日カルチャーセンター中之島..
at 2018-08-06 11:29

LINK

お気に入りブログ

留学エージェント【コネク...
Muse English...

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

語学
イベント・祭り

画像一覧