人気ブログランキング |

英会話・英語スクール・異文化スタディーズ・英語・英会話出張講座-Muse English - Connection



カテゴリ:プレゼンテーション( 42 )


朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Dec. 5th, 2019

2020年の幕が上がり、早いもので1週間が経ちました。明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。🎍

12月は本当にあっ!!!147.pngという間に過ぎてしまいました。バタバタして終わったという感じでしょうか。

さて、明日は今年初めての朝日カルチャーセンターでの「英語で学ぶ日本文化」の講座の日です。

12月の皆さんのプレゼンテーションを振り返りたいと思います。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Dec. 5th, 2019_c0215031_23373528.jpeg
暖冬と言われている今シーズン。12月前半も今思い起こすとブルブル震えるような寒さではなかったような気がします。柿を見ると、私のイメージはやはり秋です。


毎年1月になると、受講生の皆さんに尋ねる質問は、New Year Resolutions. もちろんA New Year ResolutionでもOKです。174.png resolution は決断や決心事です。「〜したいなあ173.png151.png」という願望ではありません。私は今年度、複数のresolutionsを抱いています。173.png
そのいくつかの中の一つが、皆さんのミニプレゼンの紹介は、速やかにブログにアップする ということです。

では、本題に入ります。

12月はひさびさにA女史が参加してくださいました。110.png 昨年の10月に開催された比叡山延暦寺伝教太師1200年大遠忌記念非公大書院特別公開についてです。写真を撮るのを趣味にしている同女史、たくさんの内装の写真や美術品を紹介してくれました。

M氏は奈良県は桜井市に位置する談山神社について。紅葉の名所だそうです。こちらは藤原鎌足公を祀る神仏習合の神社だそうです。


A女史はAPOLLO PROJECTについてです。冷戦真っ只中、旧ソ連とアメリカ合衆国が当時、我先に、月面着陸を目指して競っていた時代。1961年ソ連初の有人宇宙飛行が成功し、ガガーリンは「地球は青かった」という有名な言葉をのこしました。様々な苦い経験を繰り返しながら、ついに1969年、アポロ11号が月面着陸を成し遂げました。様々な陰謀説がある中で、この月面着陸は真実である!という大きな証拠3つを紹介してくれました。110.png

S氏は11月に続き、第二回目、百人一首 ''Pine まつ'' についてです。まつは「松」にも「待つ」にもなるそうで、実は英語のpineにも松の木と(人を)待ち焦がれるという意味があるそうです。いくつかの英訳をS氏は紹介してくれましたが、ここでは、最新の英訳を110.png

16番 在原行平 立ち別れいなばの山の峯におふるまつとし聞かばいま帰りこむ
No. 16 ARIWARA bi Yukihira I will leave for Mount Inaba where a single pine tree grows on the peak, but if I hear that you pine for me, I will come straight home to you.

M女史は黄金の国ジパングについてです。マルコポーロの東方見聞録は、その当時の欧州の人々に、アジアへの興味を惹きつけました。彼らからすると日本は極東、黄金の国ジパングだったのです。でも実際のところ、日本はそんなたくさんの金を産出したのでしょうか?歴史を振り返りながら、プレゼンしていただきました。

S女史のこのたびの天声人語は2019年11月7日付けの記事です。菜食主義と地球温暖化についてです。
なんと代替肉なるものが米国で広がっているそうです。記事の締めくくりは、「日本でも代替肉の新商品が出始めている。生命倫理から地球温暖化まで、色々と考えながら味わってみるのもいいかもしれない。」

Y女史のプレゼンは、なんともクリスマスらしい。110.png ingle ells, ingle ells J&Bというお酒をご存知でしょうか?
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Dec. 5th, 2019_c0215031_00404487.jpeg
こちらのウイスキーのクリスマスの宣伝が非常に面白いのです。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Dec. 5th, 2019_c0215031_00425123.jpeg
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Dec. 5th, 2019_c0215031_00445584.jpeg
''The holidays just aren't the same without J&B.''

How clever!113.png

日付は代わり1月9日。本日の講座までにブログがアップできそうです。
本年も宜しくお願い致します。

(T.M)







by connection-eigo | 2020-01-09 00:46 | プレゼンテーション

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019

12月に入りようやく師走なのか・・・。と気分的に慌ただしくなる今日この頃。もう今年も1カ月をきりました。119.png

さて、12月、今年最後の朝日カルチャーセンター中之島校での「英語で学ぶ日本文化」を5日に控えています。

先ずは、先月の受講生の皆さんのミニプレゼンをご紹介したいと思います。

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019_c0215031_20050272.jpg
四季を感じさせる食べ物がずらり。フルーツ関係はM史の畑で収穫されたもの。110.png111.png
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019_c0215031_20055603.jpg
丁寧に実をとって、いただきました。炭酸水にミントといれて爽やかに!(夜は焼酎炭酸割128.png)

この時期はおひたき饅頭です。S史が仙太郎にて期間限定のおまんじゅうをゲットしてきてくれました。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019_c0215031_20084802.jpg
そして、御幣島で夏頃に発見した和菓子屋さんで、ゲットした和スイーツ。無添加・無香料
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019_c0215031_20100114.jpeg
その他にも受講生の皆さんからおいしいおいスイーツをいただきました。嬉しいなあ〜。113.png
いつも有難うございます。

では本題に入りましょう。101.png

Y女史の今回のミニプレゼンは正倉院についてです。もう終わったのですが、10月26日から11月14日まで奈良国立博物館にて第71回正倉院展が開催されていました。沢山の宝物がこちらの正倉院に保管されています。この特別展覧会行きたかったのですが、チャンスを逃してしまいました。非常に興味深い案内がホームページに掲載されています。ご興味があればこちらをご覧ください。
M女史は、海女さんについてです。三重県は鳥羽に行くと海女さんがいています。海女さんのてぬぐいや襦袢などに五芒星と格子状に刺繍されたものを着ます、これは星型の印(セーマン)格子状の印(ドーマン)といい、貝紫で染めたり黒糸で刺繍されてるそうです。海女たちが危険や怪奇現象から身を守ろうというおまじないだそうです。海女の歴史は3000~5000年と言われているそうです。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019_c0215031_20304131.png

M史は木枯らしについてです。大阪管区気象台によると、近畿地方による今年の木枯らしは、昨年よりも18日はやく「木枯らし1号」が吹いたと発表したそうです。146.png
大阪における木枯らしの具体的な条件は、1. 10/23ごろから12/22ごろまで。2. 気圧配置が西高東低の冬型気圧配置で最後に風向きが北より吹き、最大風速が8m/s以上だそうです。正直、今回の木枯らし1号は、私、気がつきませんでした。

S史は、百人一首の一つちはやぶるについてです。ピーター・マクミランの「英語で読む百人一首」を読みそこから一つ紹介をしてくれました。
ちはやぶる神代も聞かず龍田川からくれなゐに水くくるとは 現在日本語訳と英語バージョンとでわかりやすく解説をしてくれました。なかなか奥深い意味が隠されいるのです。この百人一首の中に。興味のある方は、
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019_c0215031_20450655.jpg
12月も百人一首を紹介していただきます。楽しみにしています。

S女史の11月に選んだ天声人語は、10月17日に書かれたものです。谷崎潤一郎の細雪の1節、「真っ白な波頭を立てた怒涛が飛沫を上げながら後から後からと押し寄せて来つつあつて、恰も全体が沸沸と煮えくり返る湯のやうに見える」昔から自然の脅威とともに隣り合わせにして生活を営む日本。今年は、台風19号は大きな被害をもたらせました。生々しい谷崎潤一郎の描写は彼が1938年の阪神大水害を目の当たりにしたからだそう。台風の襲来を防ぐすべは今後もない。甲南大学の敷地内に「常に備えヨ」という石碑があるそうで、ここには災害列島を生きる私たちへのメッセージが凝縮されていると、天声人語は締めくる。

A女史のミニプレゼンは、石川真理子著「勝海舟修養訓」からです。江戸末期の日本史には必須の人物である勝海舟。江戸無血開城を立役者として知られる人物です。蘭学を学びたかった海舟は、全58巻「ズーフハルマ」という日蘭辞書が欲しくてたまらなかったが、高価で、貧乏な海舟は買うお金がない。そこで、なんと、1年間に写本を2部完成させたとのこと。夜は寝るまを惜しんで筆写に励み、また病に伏した母や幼い妹たちの面倒をみて遣り上げたそうです。海舟がこれらの写本を終えたときに筆写本の巻末にある感極まった文章を書き残したそうです。しかしながら、一人静かに孤独に耐え、打ち克った姿に、華やかなスポットライトが当たることはなかった、でもそこに海舟の凄さをみることができると、著者は述べているそうです。

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』Nov.7th, 2019_c0215031_21114484.jpg

11月も皆さんのプレゼンはとても良い勉強となりました。有難うございました。
次の講座は今年最後となります。どうぞ宜しくお願い致します。 (T.M)101.png




by connection-eigo | 2019-12-03 21:14 | プレゼンテーション

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』October 3rd, 2019

明日は朝日カルチャーセンター中之島教室での講座、先月10月のプレゼンテーション、ギリギリになってのブログ投稿です。119.png すいません・・・。
私のコンピューターアップデート後、色々と不具合があり、現在写真をアップすることが出来ません。取り急ぎ、先月の皆さんのブログタイトルをご紹介し改めて、補足していきたく思います。お許しください。

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』October 3rd, 2019_c0215031_23590940.jpg

1. 3ヶ月ぶりに受講、参加をしてくださったA女史、169.png「死ぬのは5人か、1人か・・授業で【トロッコ問題】岩国の小中学校が保護者に謝罪」
2. 歴女、A女史は169.png「苗字と氏姓制度」飛鳥時代から中世の日本の氏姓制度について。
3. S女史は、169.png恒例の天声人語、アマゾンの火災について、ブラジルのトランプと言われているボルソナーロ大統領は、環境問題については全く関心がないようです。
4. S氏169.pngのミニプレゼンは今年の東京大学秋季入学式における総長式辞を紹介してくださいました。同氏のアメリカに住むお孫さんがなんと、今年から大学院に留学生として入学したそうです。
5. M氏は169.png「秋の味覚」サンマの危機について。サンマの漢字は秋刀魚もしくは三馬と表記され、秋の名のとおり、秋の風物詩です。
6. M女史は 169.png琵琶湖疎水と南禅寺の山荘について。一度行ってみたいですね。
7. Y女史は169.png William S.Clark and Japanについて、紹介をしてくれました。

明日のプレゼンテーション、どうぞ宜しくお願いいたしします。174.png (T.M)

by connection-eigo | 2019-11-06 23:48 | プレゼンテーション

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』September 5th, 2019

10月に入りました。消費税が今日から一部8%から10%に増税され、スーパーやドラッグストアでは、何人かのお客さんが、店員さんに、レシートを見ながら、質問している光景を目にしました。146.png
ワールドカップが現在日本で開催されていて、海外から、試合を観に来ている方も多く、巷はワイワイ賑わっていて活気があって良いですね。110.png ワールドカップ中、商品についてはいくつか、消費税の据え置きがなされているとのことです。実際クレジットカードを使うとこの6ヶ月間は還元があったりと、情報をしっかり把握できていればお得感満載・・。でも何かとややこしくてあまり、私はよく理解しきれてはいないのですが・・・。119.png

では本題に入りましょう。9月5日の朝日カルチャー中之島校の講座。

9月の私の机の上は・・・。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』September 5th, 2019_c0215031_23044146.gif
9月なので、月餅、うさぎさんおまんじゅう、M女史の欧州からのお土産、そしてそのほか、秋にちなんだ菓子が並びます。嬉しい限りでございます110.png 皆さん、ありがとうございます。173.png

今回のトップバッターはM女史です。スペインで娘さんの卒業式に出席したのち、ギリシャに発った同女史、古代ギリシアについてミニプレゼンをされました。個人的なお話しになるのですが、古代ギリシャ・ローマ文化や歴史に興味のある私は、行ったことはないけど、いつも本を読むたびに頭の中でどんどんギリシャのイメージが膨らんでいきます。とても素敵な時間を過ごされたようで、私も絶対に行くのだ!と決意をしました。166.png

次にY女史のミニプレゼンです。ICOMで開催された京博寄託の名宝ー美を守り美を伝える展についてです。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』September 5th, 2019_c0215031_23180708.png
国宝である風神雷神図屏風ほか、140もの名宝が展示されました。詳しくは下記をクリックすると詳細をみていただくことができます。ちょっと残念ですがこの特別展覧会は見逃してしまいました。145.png



次は M史です。からたちの花について。皆さんはからたちの花をご存知でしょうか?この名を耳にすると、北原白秋が作詞した童謡を思い浮かべるのでしゃないでしょうか?大正13年5月13日に作詞されたそうです。169.png169.png
ちなみにからたちはみかん科の落葉低木で、高さは2メートルぐらいだそうです。酸味が強くて食べられないのですが、漢方で未熟果皮を健胃剤とするそうです。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』September 5th, 2019_c0215031_23331443.jpeg
お花きれいですね113.png
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』September 5th, 2019_c0215031_23330798.jpeg
M史はとても童謡をご存知です。世界の童謡のホームページを教えてくれました。ご興味のある方は、下をクリックください。

次にS史は鰹節について。鰹節は英語でDried bonito。日本ではとても大切な食材のひとつです。何気なく普通に使っている鰹節、知らなかったのですがとても長い工程があるのですね。そして、なんと、約350年前から変わっていないそうです。いつもは出汁にしか使わないのですが、S史のミニプレゼンの後、温かいご飯にまぶして醤油といただきました。(ねこまんま)美味しいですね!111.png

さて、今月の天声人語は何がお目見えするのか?S女史の定番となりつつある天声人語。米国人のSF作家アイザック・アシモフは大の飛行機嫌いだそう。なぜあんな鉄の塊が飛ぶのか??科学通の作家にとって、飛行機嫌いとは珍しいことだが、飛行機嫌いの人は意外と大勢いるのかもしれません。さて、近頃では地球温暖化もあり、飛行機で旅をするのではなく、夜行列車を利用して旅をする人が増えているそうです。確かに汽車に揺られて長旅をするのはある意味、贅沢な時間です。天声人語にも触れてありましたが、日本列島からどんどんと夜行列車が消えていっているが、是非復活してもらえたらと。ちなみに私の夢はシベリアを横断すること、いやいや、せめてヨーロッパをのんびりと電車で旅してみたいです。110.png夢は広がります。

最後はA女史です。侍の海外流出について。146.png
日本の中世は、豊臣秀吉、徳川家康の時代、1600年代は世界においては激動の時代でありました。スペインがいよいよ没落し始め、スペインは当時無敵艦隊130隻を送り、1588年のアルマダ海戦に挑む。なんと勝つはずのない小国イギリスが勝利を手に。この戦いがスペインの没落とイギリスの台頭のきっかけとなりました。
当時は航海の時代で、東南アジア一帯はスペイン、イギリスやオランダといった船で行き交う。戦には武器や兵隊が不可欠となる。その不足を提供していたのが日本だったそうです。江戸時代を迎え、平和になった当時の日本、仕事にあぶれた、侍や傭兵が当時海外に流出て、かなり大暴れをしたそうで、海を渡って兵役に就く日本人は乱破(らっぱ), 透波(すっぱ)などと呼ばれていたものが多かったそうです。この時代に有名なのが山田長政だそうです。知らないエピソードがたくさんあります。

今月10月の講座は10月3日です。早いもので、今年も残すところあと3ヶ月となりました。10月にはいって、関西では30度の気温が続いています。もう10月なのに・・・。138.png146.png

今月もどうぞよろしくお願いいたします。 (T.M)
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』September 5th, 2019_c0215031_00135884.gif

by connection-eigo | 2019-10-02 00:14 | プレゼンテーション

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』August 1st, 2019

9月に入りました。約1ヶ月ぶりの投稿となります。ご無沙汰しておりすいません。154.png
8月は自身の勉強のために2週間ほど、関東に滞在していました。とても有意義な時間が過ごせたと思っています。関東はお盆を迎えたあたりから、すっかり秋の気配を感じる時節でした。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』August 1st, 2019_c0215031_10301339.gif
さて、8月の「英語で学ぶ日本文化」、受講生の皆さんのミニプレゼンです。8月も沢山のスイーツが机の上に並びました。いつも有難うございます。101.png

A女史は、ビールについてお話しくださいました。夏というと、ビール・・・。酒豪ならビールを余らすことはないかと思うのですが、あまりビールを飲まない家にビールがある場合・・。飲みきれない余ったビール・・。さてどうしましょう!?捨てるのは勿体無い。使用用途以外と多いビール、活用法を伝授してくださいました。ビールでお肉を煮込むとお肉が柔らかくなります101.png天ぷらの衣に使うとクリスピー110.pngピクルスにも使えます。
食べ物だけでなく、お掃除にも活用できるし、ガーディニングではビールでナメクジを誘き寄せることもできるそうです。109.png

S女史は7月10付の「天声人語」です110.png 1969年7月、ちょうど半世紀前に人類が初めて月に降り立ちました。山梨県で星空観察ペンションを営む木村ご夫妻のお話しであります。私もよく夜空を見上げます。実はStar Trekの大ファンで、Generationなんかはずっとみてました。天体のロマンとでもいうのでしょうか。とても神秘的です。先日、大阪にある大阪市立科学館のプラネタリウムについての取材をたまたまみました。構成している担当の方のお話し、もう天体が大好きでたまらない!というのが茶の間にも伝わってきます。時間を作って近々行こうと思います。最近、世の中一体どうなってるんだ!というぐらい世界的に国内においてもワクワクするニュースがあまりありません。なので、この天声人語のエピソードはワクワクしました101.png
S氏のミニプレゼンは「アンパン」について。アンパンの資料にもれなくアンパンもついてきました101.png大阪の鶴屋八幡がつくった餡をリーガロイヤルホテルが酒種パン生地で包み上げた、「鶴屋八幡のあんぱん」をわざわざげっとしてくれました。
美味しくいただきました111.png ぱんの生地もとても美味しかったです。
さて、あんぱんは銀座木村屋が明治8年に初めて発売したそうです。このあんぱんは明治天皇のお気に入りとなり皇室御用達となったそうです。明治30年頃にはあんぱんは全国的に広まったそうです。
次にM氏は団子について。こちらも資料とともに団子がもれなくついてきました111.png こちらも美味しくいただきました。111.png110.png 串団子の種類や産地によって団子の数がことなるその訳は?いくつかミニプレゼンで紹介してくださいました。その中の一つお花見団子をこちらで紹介したいと思います。桜色・緑色・白色の3色団子は、豊臣秀吉がお茶菓子としていままでにない四季を表すものを考えたそうです。桜は春緑は夏白は冬を表すわけですが、秋がないですね。なんとこれには「飽きないお菓子」の意味が含まれているそうです。ことばあそびですね。akinai(飽きない)no-autumn(秋ない)。秀吉さん、なかなか冴えてらっしゃいます!
そういうことで花見団子は3色の団子ということです。102.png

Y女史はおかげ犬について。江戸時代は巡礼参りとして伊勢にお参りするのが一般でした。一生に一度はお伊勢さんにお参りを、これをお蔭参りと呼ばれているそうです。今のように自由に何処にでも旅にはいけない時代ですが、お伊勢さん参りはどの身分にいる人でも行けることができました。とはいってもお参りに行けない人もいたわけです。そこで犬が家の主人の代わりにお参りをしたのでした。なのでおかげ犬と呼ばれたのです。犬の首元にはしめ縄がつけられ神主に渡すお金と、道中に必要なお金をぶら下げています。旅に要する時間は往復約1ヶ月。おかげ犬が道中に餌をもらい寝るところを提供され、そして目的地であるお伊勢さんにお供してもらい、お守りを授かって、帰途につく様子が描かれた物語があるそうです。
先日Y女史は伊勢にお参りにいかれました。こちらも資料とともにな、なんとおかげ犬サブレが!もれなく。美味しかったです。Thank you113.png

こちらの講座の後は、ダイエットが必須となります。128.png129.png
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』August 1st, 2019_c0215031_23313106.gif
次回の講座は、今週の木曜日9/5です。どうぞよろしくお願い致します。110.png

by connection-eigo | 2019-09-03 23:32 | プレゼンテーション

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』July 4th, 2019

7月も下旬にさしかかり夏本番!と、言いたいところなのですが、雨の多い日が続いています。梅雨時期だから、雨は降って当たり前〜。なのですが、関東地方では涼しくてどんより雲リ空の日が続き、九州地方も台風の影響で豪雨に見舞われました。梅雨はしとしと雨の空176.png。そんなイメージもなくなって久しくない今日この頃。梅雨時期に、スコールのような大雨が降るのが定番となってきて、日本の夏の風物詩も変わってきているように感じます121.png
関西地方では今週には、梅雨明けかと言われています。天神さんの時期はどういうわけか晴れるのです。174.png
ちなみに祇園さんはどこかの日にちで雨が降るといわれています。13日、私は生徒のお一人からチケットをいただき、京都に橋を運びました。鉾見学と美味しいお抹茶と和菓子の舌鼓。しっかり雨の日となりました。176.png
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』July 4th, 2019_c0215031_10312704.jpg
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』July 4th, 2019_c0215031_10313114.jpg
夏休みもはじまり、174.png 街は若者で溢れてます。活気に満ち溢れてて良いですね!どうぞ皆さん、夏を満喫しましょう!


では本題に入りましょう。7月の講座は7月4日でした。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』July 4th, 2019_c0215031_10120380.gif
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』July 4th, 2019_c0215031_10120788.gif
私の机の上に置かれた皆さんからのお菓子は、すっかり涼しげな夏色をしたスイーツで彩られています。いつも有難うございます。110.png

本日のトップバッターはM氏。タイトルは日本人は「座りすぎている!」146.png 現代人は長時間座っている!人々はデスクワークのため、座り、自宅でテレビやスマートフォンのために座る。その通りですね。なんと1日 60%は座って過ごしているようで、なんと!日本人が世界で一番座っている時間が長いそうです。日本人が420分/日に対し、ポルトガルでは150分/日。車社会のUSAでさえも240分/日だそうです。
確かに日本では、成人病の脅威たるものがよくメディアで紹介されています。実際、座りすぎは健康に影響を及ぼす恐れがあるとの研究結果も明らかになったそうです。専門家が指摘するところによると、肥満、糖尿病、脳血管疾患、認知症などに罹患するリスクが高まるそうです。下半身の筋肉を鍛えることが、基礎代謝を上げ、このような疾患を防ぐのに大きく役立つそうです。週に3回ほどは12キロを歩くM氏は非常に楽しみながら、色々なところを散策したり、美味しい食事を作ったりと日々の生活を楽しく快適に過ごされています。非常に興味深い内容でした。若い時は、健康であるということに疑問もなく・・、年々、心身ともに健康であることがなによりも、ありがたいことであることに気づかされます。

次に S氏は夏の風物詩について。さて、皆さんは日本の夏の風物詩というと、何を想像しますか?外国ではこの日本の風物詩をどうみているのかについて國學院大学の論文をもとにミニプレゼンをすすめてくれました。取り上げた夏の風物詩は二つ:花火大会と怪談です。109.png 海外の方の日本風物詩不思議は・・・・。① 欧米では花火というと年越しのイベントや独立記念日に打ち上げられる花火が一般ですが、なぜ日本には夏に何度も花火大会が開催されるのですか?という質問。次に、② なぜ、日本では夏に怪談話をするのですか?アメリカではハロウインに怖いお話がつきものです。皆さんはお分かりになるでしょうか?

打ち上げ花火の始まりは江戸時代い遡るそうです。享保18(1733)に隅田川で行われた水神祭がその由来とされています。当時、関西や江戸では、飢饉や疫病の流行で多くの死者がでました。その死者のための慰霊と悪疫退散のために水神祭が催されたそうです。付け加えて、日本の蒸し暑い気候が夜風にあたりながら花火を眺めるという夕涼みの文化として花火大会をより一層寝付かせたそうです。173.png

夏が怪談の季節になったのは、歌舞伎が夏に涼み芝居と称して、幽霊が出る恐ろしい演目例えば、「東海道四谷怪談」を上演したからだという説があるそうです。また、夏の怪談芝居は農村で行われていた民俗芸能「盆狂言」の伝統を引き継いでいるとも言われています。日本の夏にはお盆という行事があります。お盆は正月と並ぶ重要な1年の節目の行事です。お盆にはあの世から死者の霊魂が帰ってくると言われています。決して祖先の霊だけでなく祀る人の絶えた無縁仏や恨みを抱いてこの世を後にした怨霊も帰ってくると考えられており、お盆は死者の霊魂と交感する季節でありまた盆狂言のように怨霊の無念を語る季節でもある、つまり怪談の季節でもあるのです。


次にS女史のミニプレゼン。今回の天声人語は、梅をつける季節について。6月初旬になると大型スーパーに行くと、梅を漬けるためのタッパーや、梅や氷砂糖が、陳列棚に並びます。S女史も今年初めて、梅干しをつけたそうです。天声人語からの引用:梅の実の子と露の子と生まれ合ふ 中川宗淵169.png 梅雨の時期の雨つぶと梅の実が兄弟であるかのような絵が浮かんでくるようなイメージ。青梅は夏の季語です。
プレゼン後、梅酒の話へと・・・。暑い夏に梅酒に大きな氷をグラスに浮かべて、炭酸と割っていただくとすっきり!美味しいんだろうなあ。110.png  青きより出て琥珀の梅酒かな 福井まさこ169.png

Y女史は 冷泉家の乞巧奠(きっこうてん)について。七夕は中国の乞巧奠と呼ばれる中国の2000年前の伝説に由来します。奈良時代にはこの行事が宮中で行われていたそうです。現在も京都にある冷泉家ではこの七夕の行事を行っているそうです。例年は冷泉邸で行われていたそうですが、今年より、ホールで開催を決定することになったそうです。ご興味のある方は是非下をご参照ください。
A女史のミニプレゼンは二条城について。1994年にユネスコ世界遺産に登録された二条城は、京都のなかで、多くの観光客が訪れる場所の一つです。私も一度中を見学したことがあるのですが、鶯張りの廊下がいまでも一番印象深いです。さて、そんな二条城、地元の人はこの二条城にはそんなに行かないそうです。なぜなのか?それは、このお城が徳川家のものであったからです。もう一つの理由としてこの二条城が家康によって建てられたときに、この周辺の家々をでなければならなくなり、また宮中の所有していた神泉苑も多くの土地を明け渡さなくてはならないことになったそうです。ということで、そんな歴史背景があったとは知りませんでした。A女史の参考本はこちらです。私も一度、手にとってみよう146.png
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』July 4th, 2019_c0215031_17425720.jpg

最後はLoutus Flowerについて M女史のミニプレゼンです。蓮は7月を代表する花です。仏教には深い関わりを持つ蓮の花。実は古代エジプトにおいても蓮は非常に重要な花で、復活や再生の象徴とされていました。蓮の花をあしらった壁画が数多く残っています。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』July 4th, 2019_c0215031_17520125.jpeg
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』July 4th, 2019_c0215031_17514280.jpeg
エジプトで見られる青色の睡蓮
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』July 4th, 2019_c0215031_17521729.jpeg
仏教においてもLoutusは大きな意味をもちます。蓮華の上に座する菩薩をよく見かけます。M女史のミニプレゼンによると、蓮はただ精神的な清浄だけでなく誰にでも悟り到達することのできる能力があるというメッセージを意味するのが蓮だそうです。泥の中の池に育つ蓮は大きな美しい花を咲かせます。泥の中にありながら清く美しく咲く。つまり、「清らかな心」「神聖」という意味が付随したのではないかといわれています。先ほど紹介したエジプトの蓮は、正確に言うと睡蓮、英語ではWater Lily。そして、蓮はLoutusと言います。7~9月に開花期を迎え、8月中旬に見頃を迎えるそうです。 午前中に咲いた花は午後には閉じてしまいまうということで、満開の花を観賞するには、開花2日目の朝の早い時間に鑑賞するのがオススメのこと。174.png
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』July 4th, 2019_c0215031_18055368.jpg

梅雨が明けると、本格的な夏の始まりです。皆さん、どうぞご自愛ください。次回の講座は8月1日です。  (T.M)169.png

by connection-eigo | 2019-07-23 18:14 | プレゼンテーション

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』June 6th, 2019

あれよあれよと言っている間に7月になりました。147.png 大阪で開催されたG20も滞りなく終わり・・。実際、具体的に何を取り決めたのか、あまりよくわからないのですが・・。それよりもトランプ大統領が、大阪を後にして、韓国入りしてそれから非武装地帯で金正恩氏と握手をかわし、北朝鮮側に足を踏み入れた、ニュースのほうが大きなニュースになっていますね!146.png
それはさておき・・・。

7月に入りました。いつものごとく、ギリギリになってブログを書いています。少し・・・、いえ、かなりの言い訳になるのですが、今週はとても多忙です。レッスンのスケジュールがびっしりで、期日を控えている書類作りを抱え込んでいます。119.png おまけに今週の日曜日は、私ごとなのですが、テストが入っており、気が少々焦っております。こんな時、必ず学生時代を思いだします。148.png 一夜漬けで泣きながら(もっと早く勉強を始めておけばよかった!)勉強をしたことを・・。時折、今でも、期日を抱えた課題を持つと、そんな学生時代に見た夢を見ます。悪夢です。とはいえ、ティーンの若かりし日々ははるか遠い昔で、その当時に比べてすっかり図太く、したたか115.pngなっているのも事実です。149.png

今年も半年が過ぎました。学生諸君には、昨日、What have you achieved for the past six months? (君はこの半年で何を成し遂げたかな?)なんて相手が困惑するようなやらしい質問を投げかけました。115.pngそんな質問をしている自分に、おーい、先生はどうなんですかあ?と自分の心に突っ込んだのも事実です105.png

前置きが長くなりました。今回は私の都合で6月の受講生の皆さんのミニプレゼン、誠に誠に申しわけござません。短くなりそうです。135.png どうぞお許し下さい。

6月の私の机の上は169.png
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』June 6th, 2019_c0215031_01311380.jpeg
A女史は浦島伝説について。童謡や昔話でお馴染みの浦島太郎。神社に古くから伝わるのは、そのルーツとなる浦嶋子伝説に由来があるそうです。浦嶋子、女性の名前とおもいきや、小野妹子のように、子がつくからと女性ではありません。もともと伊根の地の発祥だそうです。
なかなか興味深いお話しです。ご興味あるかたはこちらをご覧ください。
M氏は花菖蒲について。色々なところを散策するのが好きは同氏は、城北公園の菖蒲園を訪れたそうです。花菖蒲の開花時期は6/1から6/25だそうです。栽培の歴史は約500年前に遡ります。私が一つ学んだこと。146.png 花菖蒲はアヤメ科、菖蒲はサトイモ科で、端午の節句に菖蒲湯に入れるのは、花菖蒲でなくサトイモ科の菖蒲だということです。

次にS女史、この度の天声人語は、日傘について174.png江戸時代、武士や町の男の人の間で白い日傘が流行したそうなのですが、なんと医者と女性以外の日傘を禁止したそう。146.pngそれから長いこと、日傘は女性がさすものという習慣が定着しているそうです。が!ここ最近熱中症予防のために男性も日傘をさそう!という呼びかけが始まったそうです。汗の量が実際17%も減るという実験結果もでたそうです。日本の気候サイクルもどんどん変化し、近年、梅雨時期にはゲリラ豪雨や洪水に見舞われ、気温も年々上昇気味。143.pngこれまでの習慣や常識にこだわっていられない時代に入ってきました。

I女史は鞍馬寺で開催される竹伐り会式についてです。6/20に開催される、こちらの儀式は平安初期に峯延(ぶえん)上人が鞍馬寺で修行中、現れた大蛇を仏法の力で退治したという故事にちなむ行事で、水に感謝し五穀豊穣を祈ります。祈念した後、僧兵姿の鞍馬法師が2組に分かれて、大蛇に見立てた長さ約4m・太さ約10cmもの青竹を山刀で断ち切り、その早さを競うというもの。素早く切って先に本坊に駆け込んだ方の地方が豊作になると言われています。


S氏は独学のススメについてです。学びを惜しまないS氏は、とても勉強家でいらっしゃいます。この度は若宮雅子さん著の「独学のススメ」を紹介してくれました。さて、独学の秘訣10カ条とは?若宮さん、曰く・、
1. こわがらずに飛び込んでみよう!
2. 飽きたらやめちゃえ!
3. 「英語」は大阪のノリで。
4. ノルマを課しちゃダメ。
5. 「やりたいこと」の見つけ方。
6. 自分史を書くのはまだ早い。
7. 「将来」に備えない。
8. 退職してからのお友達の作り方。
9. 本から学ぼう。
10. 教えることは、学ぶこと。

人生100年時代、学びはどの世代においても大切です166.png

こちらの方、他にも本を買いてらっしゃいますね!ご興味のある方は・・・、
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』June 6th, 2019_c0215031_02280227.jpg
M女史はアユタヤの歴史につてミニプレゼンをされました。1350年に創立した国はシャム王国の2番目の街で、14〜18世紀にかけて賑わったところあります。アユタヤは18世紀後半にミャンマーに攻撃されました。そんな時代、日本人である山田長政が江戸とアユタヤ王国の貿易の担い役で、日本にもどることなくタイの地で骨を埋めました。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』June 6th, 2019_c0215031_02361143.jpeg
彼についてのwebsiteを見つけました。ご興味のある方は、ご覧ください。
最後はY女史です。仁和寺の観音堂についてです。こちらは928年に建てられた建物なのですが、以降なんどか、火事に見舞われています。現代の堂は1640年に建てられました。なんともお美しい観音像、うっとりと見惚れてしまいます。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』June 6th, 2019_c0215031_02474254.jpg

なんと7/28に観音堂落慶記念講演会があるようです。(残念!私はこの日は行けないな〜145.pngちょっと残念・・)ご興味のある方は・・・。

あと、Y女史オススメのサイトは・・・。169.png

京都にはまだまだ、しられていないunderground的な場所が沢山あります!110.png 是非、散策してみませんか?111.pngおいしいところも沢山113.png

沖縄では、梅雨明けしてものの、九州地方から本州にかけてまだまだ本格的な梅雨シーズンが続きそうです。九州南部は今洪水で大変なことになっています。

次回の講座は7月4日です。 (T.M)



by connection-eigo | 2019-07-02 03:03 | プレゼンテーション

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』May 9th, 2019

早いもので2019年も半年が経ちました146.pngそして、令和元年を迎えて昨日で1ヶ月・・・。あれよあれよとしている間に月日が経ってしまいます。英語では簡単にTime Flies!

5月の朝日カルチャーセンターでの講座の受講生の皆さんのミニプレゼンをブログにてアップしたいと思います。169.png5月の講座はゴールデンウイーク明けの5月9日でした。

私の机の上は・・・、
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』May 9th, 2019_c0215031_15274325.gif
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』May 9th, 2019_c0215031_15275613.gif
様々なお菓子でワクワクしてしまいました!113.png

そしてブログ用にと、S氏が和菓子を提供してくださいます。5月は、なの如く
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』May 9th, 2019_c0215031_15311645.gif
五月(さつき)の玉です。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』May 9th, 2019_c0215031_15321201.gif
スペインに行かれたM氏・・・。

いつも受講生の皆さん有難うございます。101.png

けっしてお菓子だけではありません。皆さんがプレゼンに準備されてきた資料も素晴らしいです。101.pngミニプレゼンの醍醐味は、知識を広げることにあると思います。私たちは日々の生活において、自分の関心のある事柄のみしか情報としてキャッチしない傾向にあると思います。
あまり知らないこと、興味のなかった分野を知るキッカケ作りになるのがこのミニプレゼンだと思います。このキッカケを機に、さらに調べてみよう、学んでみよう!という好奇心や無限の学びがとても大切ではないかと思います。
毎回、受講生の皆さんがどんなトピックについてお話ししてくれるのか、こちらもドキドキワクワクです113.png

本日のトップバッターはM女史です。美術が大好きな同女史は、東京にて一足早く「トルコ文化年2019トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」の展覧会に。

オスマン帝国時代に宮殿として建設されて、共和国建国後に博物館となったトプカプ宮殿が所蔵する、宝飾品や工芸品、食器や武器、書籍などが展示されているそうです。

チューリップと聞くと、オランダをイメージするのですが、なんとチューリップは元々は中央アジアに由来するそうです。146.png オスマン帝国の美を華やかに彩ったのが、チューリップ。1000ADにはトルコ人によって栽培されていていたそうです。トルコ語でラーレと呼ばれるそうで、綴の文字配列を変えると、イスラム教の神”アッラー”という言葉になり、さらにアラビア文字で表記された「ラーレ」を語末から読むと、トルコ国旗のシンボル”三日月”という言葉に変わるチューリップは、神聖な花としてみなされています。16世紀にオランダにこのチューリップがもたらされました。(ちなみに日本に輸入されたのは18世紀)

これは私の話になるのですが、塩野七生さん著の「ローマ人の物語」を読み終えた後、「ローマ亡き後の地中海世界」を読んでいます。まさしく中世から近代史におけるキリスト教世界とイスラム教世界なによりも、当初大きなパワーを持っていた、オットマン帝国との関わりについて書かれています。例えば、交易というキーワードを聞いたときに、実は、その背景には色々なストーリがあるわけです。そういったことがイメージできてyり一層その時代の歴史や地理学に興味をもつことができ、なによりもオットマン帝国を実際もつと知ることのできる機会だな、と思います。今月の6/14から7/28まで京都国立近代美術館にてこちらの展覧会が開催されます。是非訪れたいと思います。ご興味のある方は
次にA女史のミニプレゼンです。Bamboo shootについてです。5月というとたけのこの美味しい時節です。たけのこは古来から愛され続けているお料理。このたけのこに関する、お料理のレシピ本が江戸時代に初めて刊行されたのこと。ご存知でしたか?たけのこは食物繊維を多く含んでいるので、便秘解消にいいそうです。146.png たけのこを食べる慣習は古代中国の時代からあったようで、古事記にもたけのこについて書かれているそうです。イザナギが亡くなった妻の死を受け止めることができず妻のイザナミに会いに黄泉の国へ趣ます。こちらの世界に連れ戻すため、妻を説得します。イザナミは黄泉の国の神と話をして説得するからその間こちらを振り向かないで、と言ったにもかかわらず夫のイザナギは振り向いてしまいました。その姿は、生きていた頃の妻のものではありません。あれだけみてはいけないと言ったはずなのに!裏切られたイザナミは怒り狂い、逃げる夫を追いかけ、黄泉の国へ連れ込もうとします。イザナギが逃げながら髪飾りを投げると、たちまち、山ブドウの実がなり、これを鬼女が食べているあいだに差を広げます。
それでも追いかけてくるイザナミ、今度は櫛の歯を折り取って投げ捨てると、たちまち、タケノコが生えてきて、鬼女が食べているうちにやっと振り切ることができました。古事記に出てくる、初めの野菜はたけのこ。ということでながない歴史があるのですね。
A女史は日本の文学にまつわる興味深いストーリをよくご存知でいっらっしゃいます。5月はたけのこにちなんだ古事記ストーリでした。110.png

I女史は京都は北部に位置する伊根について。京都という地名を聞くと、二条城に金閣寺などなど、歴史的建造物や町屋といった京都をイメージがあります。さて、海の京都はご存知でしょうか?最近ではすっかりおなじみの舟屋。ほんのちょっと前はなかなか観光客が訪れにくい地域だったそうです。澄んだ海の色に、濃い山の緑、空の色は刻々と変化していく伊根の町。舟屋はこんな感じ。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』May 9th, 2019_c0215031_18433524.jpeg
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』May 9th, 2019_c0215031_18433339.jpeg
1700年代に舟屋が建てられ、現在もが5キロの長さで湾に沿って230件の舟屋が並んでいるそうです。もともとはこちらの地域が出身のI女史、とても美しい景観が魅力だと伝えてくれました。こちら方面はなかなか行くことがありません。また電車ではなかなかアクセスがよくないようですが、日帰りのバスツアーとかも出ているので、是非とも出かけてみたいです。あとは、自分自身に余裕のある時間を作ることが前提ではありますが。105.png

6月1日と2日(ちょうど今頃の時間)に平安神宮にて京都薪能が行われています。薪能はその名の如く、夜間に薪を焚いて行われる能の舞。なんとも妖艶なイメージがあります。
Y女史の今回のミニプレゼンは薪能について。元々は14世紀の猿楽に由来するそうで、当時は宗教的と娯楽的の両方からでありましたが、猿楽が人気になるにつれて、ついには芸術的なレベルに到達し、19世紀に猿楽は能と呼ばれるようになったそうです。

京都薪能は1950年に、始まり、毎年開催されています。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』May 9th, 2019_c0215031_19132021.jpeg
今回のS女史の天声人語は、レオナルド・ダ・ビンチが書き残した言葉から始まります。「影は光よりも大きな力を持っている。」影は物体から完全に光を奪うことが出来るが、光は影を追い払えない。光はどうしても影を作ってしまう。なるほど、ダビンチの絵は確かに描かれた影の深さを感じる。4月12日の天声人語は、この記事の1昨日前に初めてブラックホールの姿の撮影に成功したことと関連づけている。なんと、5500万光年を隔ててきた画像で、ほんとうに気が遠くなるし宇宙の神秘をひしひしと感じる。146.png 我々の世界は微小な星屑にすぎず、宇宙では針の先ほどにしか見えない。望遠鏡などない時代にダビンチが書いたそう。想像すること、確かめること、解き明かすこと。S女史はダビンチの作品を何枚かプリントアウトして紹介してくれました。芸術家としてのダビンチに科学者としてのダビンチ。このブラックホールの写真は、まさしく大きな影の中に浮かぶドーナツの形をした光。影は光よりも大きな力を持っている。まさしくその通り。ちょっと補足して・・。先日、湯川秀樹さん著の
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』May 9th, 2019_c0215031_19394067.jpg
を読みました。改めて宇宙の壮大さ、また私たちの住む世界のちっぽけさを再認識。地球は宇宙の天体の中の一つで点である。そして私たちはありのようにもう粒で、宇宙規模で考えたら私たちのライフスパンはあっというま。そうやって考えていくと、世界観が変わっていくといきますね。112.png

S氏のミニプレゼンは、明恵の夢と高山寺。このタイトルを見て!しまった!!中之島香雪美術館でのこの特別展を見に行くのを忘れていた!と119.png 
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』May 9th, 2019_c0215031_20112967.png
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』May 9th, 2019_c0215031_20131163.jpeg
明恵上人は、19歳の修行期から58歳のまで自分の見た夢を記した夢記をたくさん残しました。夢記はしばしば夢日記と称されます。実際に見た夢や修行中の夢想や幻、朝や夜の坐禅中に浮かんだものもあるようです。明恵の活動圏は極めて限られた場所。だからこそ夢想はとどまることをしらず遠く海を渡り中国へ、仏教の聖地インドへ、時空を超えて仏の世界へはばたきました。

高山寺というと、鳥獣人物戯画。私の大好きな作品です。こちらの作品もこの展覧会で紹介されました。日本古来の漫画と称されている戯画は、今みてもとても面白くて、コミカルなタッチ。日本人はやはり昔から漫画を描くのが上手なDNAが組み込まれてるのかと思うぐらいです。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』May 9th, 2019_c0215031_20132446.jpeg
ちょっと、この展覧会に行けなくて残念でした。119.png
こちらの中之島香雪美術館のInfo.は・・。


最後はM氏のミニプレゼンです。4月にスペインの旅に出られました。今回はサグラダファミリアについて語ってくださいました。正式な名称は、カタルーニャ語で、Temple Expiatori de la Sagrada Famíliaで、、バルセロナにあるカトリック教会のバシリカです。完成に程遠い事実があっても数少ないバジリカ教会としてユネスコの世界遺産に登録されています。ガウディは1883年に設計に着手し、4分の1を終えた1926年に亡くなりました。なんと、今年で着手136年目!です146.png
あと7年で完成予定とされています。なんと、この建設における主任彫刻家は日本人の外尾悦郎さんだそうです!こちらの建設には200人もの建築家や彫刻家が携わっています。その中でも外尾さんが最も長い期間勤務されているようで、ガウディの意思をよく理解しているとのこと。1978年に福岡からバルセロナに移ってから以来この建設に従事しておられます。
M氏、この度のスペインの旅はとても満喫されたご様子です。174.png 
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』May 9th, 2019_c0215031_20260913.jpeg
受講生の皆さん、有難うございました。 Thank you.173.png

次回は6/6(木曜日)です。どうぞ宜しくお願いいたします。 (T.M)

by connection-eigo | 2019-06-02 20:28 | プレゼンテーション

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』April 11th, 2019

10 日間の大型ゴールデンウイークも終わりました。皆さんどのような休日を過ごされたでしょうか?104.png 5月1日は令和へと元号がかわり、各地域で様々なイベントが開催されたようです。さて、元号が変わってはじめてのブログです。110.png
私のラップトップに不備があり、ブログがアップ出来ませんでした。ようやく本日から始動しはじめました。

約1ヶ月遅れとなりますが、先月の朝日カルチャーセンター『英語で学ぶ日本文化』のミニプレゼンの紹介をしていきます。

先月の旬の和菓子は、こちらです。110.png
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』April 11th, 2019_c0215031_14354382.gif
桜の季節がちょうど終わった後なので、ちょっと新緑をイメージしたお菓子です。110.pngいつも有難うございます。
そして4月の私の机は・・。169.png
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』April 11th, 2019_c0215031_14372820.jpeg
受講生の皆さんいつも有難うございます。110.png111.png

M氏のミニプレゼン「桜のお花見の文化はいつ、どこで、始まったか?」179.pngです。遠い昔は花見といえば梅の花を見ることが主流でした。まさしく万葉集から出典された、令和にみられるよう、初春の花は梅の花。
嵯峨天皇が812年2月12日(新暦では3月末)に神泉苑に行幸され、その際に桜の樹をみた際に嵯峨天皇が詩を詠ませたことが花見の始まりとされています。こちらの神泉苑、4月の桜の時節には桜の花の季節限定の御朱印を押してくれるそうです。詳細はこちらをクリック。101.png

S氏のミニプレゼン「きつねとたぬき」115.png きつねは英語でFox。ではたぬきは?Racoon dogといいます。
S氏が発表していただいたように、きつねとたぬきを耳にするとカップ麺を思い出します。日本によってもうどん文化は地域によって異なります。大阪では「きつね」は油揚げをのせたうどんで「たぬき」は油揚げをのせたお蕎麦になります。

さて、たぬきは日本固有の動物らしくなんと、極東のみで生息しているそうです。先ほど紹介したようにたぬきは英語でracoon dog,じつはこれは本来はアライグマ。見た目がよく似ているからこう呼ばれるようになったそうです。

S氏はきつねに関して、日本の文化・信仰についてもお話ししてくれました。今海外の観光客から最も人気のあるスポットの一つは伏見稲荷です。きつねというと妖怪と結びつくイメージが強くありますが、江戸時代になると稲荷神が豊作と商売繁盛の神としてもてはやされるようになったそうです。101.png

S女史の今回の天声人語はIchiroについて。3月21日に引退したIchiroは大々的なニュースとなりました。あまり野球に興味のない人でもIchiroの存在はとても大きいと思います。146.png プレー年数は28年、通算打撃成績は13,553打数。4,367安打に打率は322。 私にとってIchiroは飄々としたイメージ。でも日々、努力、そしてまた努力・・。自分にとてもストイックなIchiro。なんでそこまで、出来るの?ほんとウイザードのようです。

I女史のミニプレゼンは石清水八幡宮についてです。9世紀に建立されました。歴史の深いこちらの神社。招霊(おがたま)の木について紹介しましょう。高さ20メートルになるこの樹は、日本に自生するモクレン科では唯一の常緑樹とのことです。和歌や俳句の晩春の季語にも使われているそうです。日本神話においては天照大神の天岩戸隠れにおいて天岩戸の前で踊った天鈿女命(アメノウズメノミコト)が手にしていたとsれ、古くには榊などとともに神前に供える木として用いられていたそうです。一円硬貨に施されているの図案は招霊(おがたま)の木だと言われているそうです。146.png
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』April 11th, 2019_c0215031_15235558.jpeg
石清水八幡宮についての詳細はこちらをクリックください。

M女史のミニプレゼンは曜変天目茶碗について。まず曜変天目とは? ちょうど今、滋賀にあるMIHO MUSEUMにて特別展覧会を開催中なので、ご案内したいと思います。
MIHO MUSEUM意外にも違う美術館で同時期に展覧会が開催されています。上のMIHO MUSEUMにて詳細が記されています。興味のある方は是非ご参照ください。

こちらが曜変天目茶碗です。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』April 11th, 2019_c0215031_15295340.jpg
中国南宋時代(12-13世紀)に、大量に焼かれた建盞のうち、窯内で偶然に美しい結晶が生じたものを指したものを言います。世界にたった4つの茶碗しか残っていないと言われ、この4つが日本に存在するそうです。これらのうち3つが国宝となっっています。室町時代には、茶碗の中で最高峰に位置付けられました。
どうしてこれらの茶碗が全て日本にあるのでしょうか?中国人にとってこのような曜変天目の虹の柄はアンラッキーとみなされていたようです。ということで、中国では発見されたものの、茶碗は割られていたそうです。美術品や工芸品はその土地や文化の違いで価値がおかれたり、そうでなかったり、色々なのですね。

最後は、Y女史のミニプレゼンです。「長楽寺」についてです。京都は東山に位置するこちらのお寺。もともとは平安時代までは天台宗でしたが、その後様々な宗派へと変わり、鎌倉時代後半に一遍上人により時宗となりました。平家物語ゆかりのこちらのお寺、季節ごとに様々な行事が行われれています。祇園からも近いので、是非、訪れてみたいお寺であります。
今月5月の講座は今週5月9日となります。皆さんのミニプレゼンをとても楽しみにしています。
Thank you and see you soon! 174.png (T.M)


by connection-eigo | 2019-05-07 15:53 | プレゼンテーション

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』March 7th, 2019


年度も変わり、すっかり桜の美しい時節となりました。179.png4月1日は、新しく元号が発表されました。101.png万葉集からの出典『令和』。読み下せば初春の月にして気淑く風らぎ・・・。梅の咲く初春のめでたい日にそよ風が心地よく吹く様を表している梅花の歌の項の序文。5月1日に改元します。

さて、3月はまさに去る・・・。あれよあれよといっている間に、時間だけが過ぎてしまいました。私事なのですが、3月下旬から4月上旬にかけて、九州は別府に行っていました。ちょうど桜の美しい時期でした。ただ結構寒い日が続き、ビュンビュン風が吹き荒れる中、散歩を楽しみました。179.png
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』March 7th, 2019_c0215031_23033646.gif
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』March 7th, 2019_c0215031_23034957.gif
さて、3月のミニプレゼン、お待たせしました。この日S氏がブログ用として、なんと旬の和菓子を持ってきてくださいました。113.png111.png有難うございます。淡いピンクと白色が散りばめられていて、なんとも和やかな春の色。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』March 7th, 2019_c0215031_23105792.gif
そして、3月のこの日の私の机の上は・・・、
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』March 7th, 2019_c0215031_23141424.gif
受講生の皆さん、有難うございます。


本日のトップバッターはS女史110.png今回の天声人語はドナルド・キーンさんについて。キーン氏は2月24日に96年の生涯を閉じました。戦後、日本文学を研究し、古典から現代小説の翻訳を重ねて、日本人の美意識を論じた人物。東日本大震災の1年後、日本への永住を決めて、日本国籍を取得しました。S女史は、キーンさんが翻訳をした松尾芭蕉の奥の細道を英語で紹介してくれました。

I女史は京都は上京区にある宝鏡寺についてお話してくれました。人形の寺としても有名なこのお寺は南北朝時代に建立されました。普段は非公開なのですが、春と秋には、人形が公開されるそうです。臨済宗のお寺で凛とした門構えが気持ちを引き締めさせてくれます。
S氏は前回に引き続き名前ーPart2です。2020年にむけてバンバン、ジャパンを盛り上げる人を応援するというテーマの番組がNHKであり、1月にとりあげられたのが、外国人の名前を漢字にする店だそうです。なんと、大手旅行サイトのショッピング部門第1位になり浅草の住宅地の2階にあるこのお店、3年間で世界50カ国から1000人が訪れたそうです。企画・発起は3年前に大学3年生であった女性で、訪日客に性格を尋ねた上で漢字で名前を名付け、出来上がった漢字の名前を毛筆で書き、完成品は額縁が掛け軸にするとうもの。なかなか面白いアイディアですね。最後に日本とアメリカ合衆国そして英国における名前の人気ランキングを紹介してくださいました。詳細はここでは割愛しますが、同じ英語圏のUSとUKでも名前は文化の違いを示していることがわかります。


次にY女史のミニプレゼンは興福寺の中金堂についてです。7回の火事に見舞われた中金堂は、710年に藤原不比等によって創建されました。2000年に解体工事が行われ、2018年10 月に8回目の再建に至りました。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』March 7th, 2019_c0215031_20493556.jpg
詳しいサイトは右をご覧下さい。→


次にM女史のみにプレゼンです。前回あべのハルカスで開催中の工芸品の展覧会についてお話しされ、その中で今回はCloisonneの歴史についてお話しされました。Cloisonneはもともとフランス語で英語ではエナメルとでもいうのでしょうか。日本語では七宝焼と言われます。Cloisonneはツタンカーメンの黄金のマスクに3000年の歴史を持ちます。西はヨーロッパに伝播し、中国、朝鮮半島から日本に七宝が伝来したのが6~7世紀だと言われています。日本においては17世紀に七宝焼の技術が頂点を極めました。七宝について詳しく書かれているサイトを発見しました。
次に、M氏はフェルメールの展覧会についてです。日本ではとても有名なオランダの画家フェルメール。大阪市立美術館で5月12日まで開催されています。M氏はプレゼンの中で、この画家の絵画世界を前にすると現実の世界のどこかで出会ったような、あるいは似たような作品をどこかでみたような気もしてくる。と触れられました。それらの要素として・・・。
1. 洗練されたモチーフ。
2. 計算しつくされた形と色。
3. 徹底した細部の再現。
4. まばゆい反射光と明瞭な照射光の描写。
5. 緻密に組み立てられた構図。

日常の生活の光景を描いているフェルメール絵画、でも実は、様々なシンボリックがちりばめられていて、そのメッセージを読み取るのも面白く、私の場合、若かったときはあまり興味を示すものではなかったのですが、年とともに面白く感じる絵画の世界です。映画の作品でいうとカズオ・イシグロ原作の『日の名残~The Remains of the Day』でしょうか。174.png
最後はA女史です。平安時代の美人の条件についてです。ろうそくの灯がゆらゆら。薄暗い部屋に白い大きな顔に黒い長い髪。白い顔はおしろいをしっかりとたっぷりと。おたふくのように頰が膨らんでいるのは栄養がよくなかったので顔がむくんでいるせいであったようです。美人の条件は時代とともに変わりますが、平安時代の女性はあまり健康的ではなかったのでしょう。今に比べてずっと寒かった平安時代は身体を洗うのも年に1〜2回。平民のほうが川で身体をあらったりと貴族よりもずっと清潔だったそうです。ちなみに髪の長さは身長よりも長かったそうです。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』March 7th, 2019_c0215031_21540191.jpeg
いつものことですが、今回もブログがアップするのが遅くなってしまい申し訳ございません。142.png

さて、4月の受講日は、4月11日(木) 15:30からです。179.png
179.png179.png Thank you. (T.M)

by connection-eigo | 2019-04-09 21:59 | プレゼンテーション


講師やスタッフが綴るブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
Café@Connectio..
at 2020-01-22 22:44
英語deリーディング@塚口カ..
at 2020-01-22 10:06
朝日カルチャーセンター中之島..
at 2020-01-09 00:46
Merry Merry Ch..
at 2019-12-24 18:29
Yoko先生の 「簡単英語で..
at 2019-12-21 18:29
LINK
お気に入りブログ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧