人気ブログランキング | 話題のタグを見る

朝日カルチャーセンター中之島教室「英語で学ぶ日本文化」July 7th, 2022

日々猛暑が続きますが如何お過ごしでしょうか?150.png150.png さて8月に入りました。皆さんはどのようにこの夏をお過ごしでしょうか?コロナ感染者が増え続けてはいるものの、2年前や昨年とはちょっと違った状況下なので今年は旅行に出かける方も多いように見受けられます。でもやはりテレビをつけるとコロナ関連のニュースも増え、やはり怖く感じてる方も多いのではないでしょうか? ただメディアの動向だけに気をとられてしまうよりも、まず出来る感染対策を施し、この夏をどうぞお楽しみください。174.png 今もっと気をつけないといけないことは、熱中症対策です!沢山お水をとって、睡眠をよくとり、しっかり食べてくださいね!101.png

毎回第1木曜にに開催する 朝日カルチャーセンター中之島教室「英語で学ぶ日本文化」7月7日は『七夕の節句』173.png にあたりました。七夕の日はたいていが雨が多いのですが今年は天気になりました。173.png173.png
朝日カルチャーセンター中之島教室「英語で学ぶ日本文化」July 7th, 2022_c0215031_10423885.jpeg
今月の私の机の上です。受講生の皆さん、いつもありがとうとざいます。110.png

M女史のミニプレゼンは『藤田伝三郎』について。日本の商人、実業家。明治時代の大阪財界の重鎮で、藤田財閥の創始者の藤田は1841年7月3日に長州藩の萩で醸造業を営む藤田半右衛門常徳の四男に生まれました。長州藩が陸運局を廃止して大砲・小銃・砲弾・銃丸などを払い下げた時、藤田はこれらを一手に引き受け、大阪に搬送して巨利を得ました。1877年、西南戦争で陸軍に被服、食糧、機械、軍靴を納入し、人夫の斡旋まで行い、三井・三菱と並ぶ利益を上げました。大阪商法会議所(現在:大阪商工会議所)の第2代会頭を務めるなど、大阪財界に大きな功績を残しました。五代 友厚についてはよく知っていたのですが、私、恥ずかしながら、今年に美術館に行くまで、藤田伝三郎については全く無知でした。119.png さて、若い頃から古美術への造詣が深く、能や茶道や仏像など、日本文化を好み、邸宅には能舞台や沢山の茶室を構え、これに興じていたようです。維新後の廃仏毀釈などの影響から、歴史的な仏教美術品の数多くが海外へ流出していることに憂慮し、これを阻止するために膨大な財を投じました。古美術品の収集は、亡くなる直前まで続けられたと伝わります。 1912年(明治45年)3月30日没(70歳)

ゴールデンウィークの時に、藤田美術館を訪れました。美術館のコレクションはもちろんのこと、素晴らしい庭園があります。おすすめスポット間違いなしです。

A女史は桜石について。桜石とは桜の花びらのようにみえる直径0.5~1cm、長さ2~3cmの可愛い石の俗名。正式には菫青石(キンセイセキ)という鉱物の一つだそうです。
朝日カルチャーセンター中之島教室「英語で学ぶ日本文化」July 7th, 2022_c0215031_22143867.jpg
京都府は亀岡市ひえ田野町柿花地区から湯の花温泉一帯にかけた約2キロメートル四方の範囲から産出されるそうです。菫青石は英語でcordieriteと呼ばれ菫青とは青みを帯びたすみれ色をいうそうです。昔からこの石にまつわる様々な伝説が残っているそうです。亀岡市ではこの桜石を市のシンボルのひとつとして2017年4月に市の石として選定したそうです。
M氏は三大香木(さんだいこうぼく)の一つである夏に咲く香木についてです。春に咲く代表的な樹木は沈丁花(じんちょうげ)
朝日カルチャーセンター中之島教室「英語で学ぶ日本文化」July 7th, 2022_c0215031_22352600.jpeg

そして秋には金木犀(きんもくせい)
朝日カルチャーセンター中之島教室「英語で学ぶ日本文化」July 7th, 2022_c0215031_22355474.jpeg

では夏の香木は何でしょう?『梔子』です。さてこの漢字なんてよむのでしょうか?私ははじめわかりませんでした。くちなしと読みます。(ひとつ賢くなりました)
朝日カルチャーセンター中之島教室「英語で学ぶ日本文化」July 7th, 2022_c0215031_22363534.jpeg
朝日カルチャーセンター中之島教室「英語で学ぶ日本文化」July 7th, 2022_c0215031_22363700.jpeg
初夏に咲く夏の花。咲き始めのころは真っ白で、咲き進むとクリーム色がかるそうです。そして最後はカスタードクリームのようになり萎れていきます。花びらは傷つきやすいので切花には向いていないそうですが、初夏のウエディングでは梔子のブーケを持ちたいと人気があるそうです。この花の儚さと香りの魅力が人気の秘訣なのかもしれません。英語ではcape jasmineと呼ばれているそうです。チャーミングな名前ですね。110.png

S氏は徒然草について。同氏は某スクールにてドナルド・キーンが英訳した徒然草をクラスを受講しています。日本の古典を英語で学ぶのにはまず、古文を現代文に翻訳したものを理解しさらに英語で読むのでとても難しいそうです。119.png S氏はこのミニプレゼンで徒然草の原文、現在文そして英訳の例を一部紹介してくれました。さて徒然草は兼好が書いた随筆で清少納言『枕草子』、鴨長明『方丈記』と並ぶ、中世の日本文学の代表作の一つであるとみなされています。徒然草の英語のタイトルが面白いですね。Essays in idlenessとドナルド・キーンは訳しています。日本語に直訳すると『無為の随筆』idlenessには怠惰や無為といった意味があります。
S氏はとても勉強熱心な方です。残念ながら受講生が同氏だけとなりこのクラスが閉講になるそうです。
朝日カルチャーセンター中之島教室「英語で学ぶ日本文化」July 7th, 2022_c0215031_22494725.png
今月8月の朝日カルチャーセンター中之島教室「英語で学ぶ日本文化」は8月4日になります。皆さんのご参加楽しみにしています。猛暑が続きますのでご自愛ください。(T.M)


by connection-eigo | 2022-08-01 23:06 | Culture Centers 出講講座