人気ブログランキング |

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』January 9th, 2019

昨日2月4日、立春179.pngを迎えました。立春を迎えて、お正月の和菓子をアップするのもちょっと時期はずれなのですが105.png、1月のプレゼンテーションの紹介ということで、お許し下さい。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』January 9th, 2019_c0215031_09031893.jpeg
1月は2名の体験の方が講座に参加されました。110.png



改めて本年度もどうぞ宜しくお願い致します。110.png

M女史はTraditional Japanese Auspicious Patters 吉祥文様について。
様々な伝統的な文様があります。例えば、麻の葉、矢羽根、青海波、七宝、亀甲、立涌、菱、沙綾型など。ご存知でしたでしょうか?2019年のラグビーワールドカップのチームの来ていたシャツの生地は、日本の伝統文様がプリントされていとことを!
文様にご興味のある方は下をクリニック下さい。




S女史のミニプレゼン、2019年12月5日付の天声人語から、中村哲氏についてです。まだ記憶に新しいかと思います。中村氏は昨年12月4日、アフガニスタンの東部ナンガルハル州の州都ジャラーラーバードにおいて、車で移動中に何者かに銃撃を受け、亡くなりました。長年アフガンの地で医師を務めながら、インフラといった事業に取り組んでこられました。ちょうどアフガン政府から名誉市民権を与えられたばかりの訃報でした134.png
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』January 9th, 2019_c0215031_22551176.jpeg

M氏は、今年の元旦になんと5時間かけて地元の神社5ヶ所初詣に訪れたそうです。150.png今年もアクティブな1年になりそうですね。166.png今年初めのプレゼンは石清水八幡宮について。こちらの神社へは、京阪の石清水八幡宮駅から男山ケーブルに乗り換えて男山山上駅下車。もしくは、石清水八幡宮駅から徒歩約25分、階段を上がって行くこともできるそうです。

Y女史は鏡開きについて、名の通り、『鏡』(mirror), 『開き』(to open, to break)から由来しています。鏡は青銅器で作られた丸い鏡に由来していて、日本の神話に昔から存在するものです。元々は1月20日に鏡開きを行なっていたそうですが、徳川家光が1651年のこの日に没して以来1月11日になったそうです。146.png

S氏は雑煮とおせちについてお話ししてくれました。雑煮は地域によってレシピがかなり変わります。幼少の頃から、様々な地域にお住まいのS氏であいますが、先祖は出雲出身、澄まし汁に茹で丸餅に十六島(ウップルイ)海苔(出雲風土記にある日本最古の天然岩海苔)を載せていただくそう。奥様は四国は丸亀出身、こちらは白味噌仕立てにあん餅だそうです。皆さんの雑煮レシピは何でしょうか?

A女史は小倉百人一首について。平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活動した公家・藤原定家が選んだ短歌です。定家は、飛鳥時代の天智天皇から鎌倉時代の順徳院まで、100人の歌人の優れた和歌を一首ずつ選び、年代順に色紙にしたためました。かるたとなったのは江戸時代だそうです。どうしたら百人一首が普及できるかと、当時入ってきたトランプを真似てカルタにしたそうです。昔はお正月の定番のゲームをした覚えがあります。カルタ取り、今ではみられなくなりました。
朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』January 9th, 2019_c0215031_22575966.jpeg

2020年(令和2年)は鼠年。それにちなんでA女史は、鼠を祀る神社を2つ紹介してくれました。三井寺十八明神社と、
 鼠社です。延暦寺の反対側に位置する社は共に天台宗ですが、最澄亡きあと、派閥が起こり、三井寺(寺門派)と延暦寺(山門派)として互いに抗争がおこったそうです。





2月の講座は明日2月6日です。 101.png 皆さんのミニプレゼン、楽しみにしています! (T.M)

by connection-eigo | 2020-02-05 23:02 | プレゼンテーション