Wine Tasting Night @ Connection

10月24日の夜、コネクションにてWine Tasting Night を開催しました。今回はブルゴーニュの赤を中心にテイスティングを行う予定だったのですが、少々内容を変更してピノ・ノワールの赤フランスはブルゴーニュ、オーストラリア・アメリカ合衆国・ニュージーランドの4種類のテイスティングを中心に行いました。赤の前にはフランスのクレモンとシャブリをテイスティングしていただきました。
c0215031_09085855.gif
c0215031_09064860.gif
c0215031_09053682.gif
今回はトマスとマークがこのテイスティング・ナイトに参加しました。ワインにかなり詳しいマークは、テイスティング前に今回のワインについて概要を説明しました。クレモンはマークの好きな泡の一つです。2本目のシャブリは柑橘系のワインで、スモークサーモンとぴったりのマリアージュ。
c0215031_09060344.gif

ピノ・ノワールと一口に言っても、生産される地域によって変わります。またピノはとても繊細な品種なので、コルクを抜栓してから時間の経過によって味も変化していく非常に奥深いぶどうです。ヴィンテージによっても違うのですが、太陽がよくあたる地域は少々パンチのきいた力強いピノとなりブルゴーニュのピノは酸味が少々あるけれども英語で言うとsubtle101.pngまるで京料理をいただいた時のような隠し味、繊細さ、少々出汁に近いような・・、微妙な味。今回はテイスティングでは出なかったのですが、最近では美味しいピノがドイツでも生産されています。
c0215031_09091976.gif
c0215031_09062155.gif
c0215031_09073298.gif
c0215031_09075611.gif

今回人気のあったピノ・ノワールは、ニュージランドでした。かなりこくまろ系でしっかり感。でも角がなく、ハムなどのお肉とマリアージュするとぴたりのワインでした。174.png
最後はアメリカのピノをテイスティングしていただきました。かなり濃い!と見込んだため20分ほど前から抜栓をしました。驚いたことに、とても繊細で軽やか・エレガントなワインに変化しました。177.png

今回はクイズも行いました。当選したTさん、おめでとうございます!169.png

色々なピノ・ノーワールの飲み比べ。テーブルを囲んでワイワイとお話にも花が咲きあっという間の会となりました。
ご参加していただいた皆さん、有難うございました。169.png
c0215031_09083920.gif


[PR]
by connection-eigo | 2018-10-26 09:10 | イベント