今宵はハロウイン

今夜はハロウインです。すっかりハロウインは小さな子供から大人までに知られるようになったイヴェント。今年のハロウインのスイートの売り上げはヴァレンタインを抜いたそう!?昨日、用事でコネクションに行き、堀江界隈をうろうろしたのですが、仮想したキッズでたくさんでした。実はキッズだけではないのです。大人も仮装してパーティに出かけます。今夜は賑やかな夜になりそうです。

c0215031_19105821.jpeg

ハロウインは古代ケルトが祝ったとされるサムへインのお祭りに由来します。この頃は冬至の時期で、10月31日は1年の終わりでした。ケルト人はこの年の終わりのイヴには精霊などがこの世に出現する恐ろしい日とし、身を守るために仮面をかぶり、かがり火を燃やしました。もちろん魔除けだけでなく、豊穣を祈るためのものでもあったのです。
c0215031_19105187.jpeg

古代ローマでは、10月の下旬に亡くなった霊を弔う行事があったそうです。また果物と木女神であるPOMONAを記念するためのお祭りも存在したようです。
c0215031_19110355.jpeg

さて、時代は移り変わり9世紀にもなるとキリスト教がブリテン島にも広まっていきました。7世紀に、教皇ボニファス4世が11月1日を諸聖人を記念する万聖節(All Saints' Day)、翌日の2日を万霊節(All souls' Day)と制定しました。saintはアングロサクソン語では''hallow''となり、eveがなまって、All Hallows EveからHaloweenになったと言われています。

c0215031_19070385.jpg
c0215031_19122571.jpeg

11月2日の万霊節の日は死者のため、とりわけ、煉獄にとどまっている魂のためにいのりました。煉獄とは天国に受け入れてもらえず、また地獄にもいけないさまよえる霊のことです。
c0215031_19122141.jpeg


まるで日本のお盆のようですね。怪談話というと日本では夏。ヨーロッパではこの10月31日から11月2日の3日間が超自然世界に関連する日だったようです。フランスでは11月2日にはお墓にお参りに行くそうです。日本のお彼岸のような感じでしょうか。この時期ヨーロッパは寒さがかなり厳しくなり、日もとても短くなります。今でこそ、ライトがある時代ですが、昔はこの時期になると日をみることがほとんどなく、暗黒のイメージがあったのでしょう。

さて、明日から11月が始まります。日本も暦の上では冬の始まりです。


[PR]
by connection-eigo | 2016-10-31 22:13