Nippon Bunkaあらかると at Connection

今日はコネクションで初めて教養英語『Nippon Bunkaあらかると』の講座を開催しました。7回目の今日は、神社とお寺についての違いについてです。わかっているようで、実はわかっていない、日本の文化にクローズアップ。今回のトピックはreligion(宗教)なので、なかなか、日々の生活では話さないトピックですよね。日本人は節目節目の行事に神社にお詣りしたり、法事や葬式ではお寺に行ったり、日々の生活の中で自然に触れているしきたり。これが宗教という意識は意外に少ないのかもしれません。

今や世界、においては宗教という名のもとで、殺伐とした世の中になってきています。宗教とは本当は心のよりどころであるべきものが、様々な要因がくっつくと、常に争いとなり、戦争にへと広がります。古代からこれは変わらない事実です。
さて、この教養文化では、宗教をとりあげたのは、現在の世界が抱える問題について討論するのではなく、歴史やしきたりから、日本の宗教観とは何ぞや??について、お話ししていきました。

次回のNippon Bunkaあらかるとは最終回、3/4『この時代にタイムトリップ』です。皆さんは日本のどの時代を垣間見たいですか?034.gif

Thank you and see you next month!

(T.M)



[PR]
by connection-eigo | 2016-02-05 19:51