christmas in Britain ④

Christmas Crackers
They are very popular and accompany meals over the Christmas period, especially on Christmas Day. A Christmas Cracker is a brightly coloured paper tube, twisted at both ends,
A person pulls on each end of the cracker and when the cracker breaks, a small chemical strip goes ''pop''and the contents fall out.
It traditionally contains a paper crown, a small gift and a joke written on a slip of paper.

Who invented the Christmas Crackers?
They were invented by Thomas Smith in 1846. During a visit to Paris he came across the bon-bon, a sugar almond wrapped in tissue paper. Thomas decided to try selling similarly wrapped sweets in the lead up to Christmas in England. His bon-bons sold well at Christmas but not at other times of the year.

In the early 1850s Thomas came up with the idea of including a motto with the sweet. As many of his bon-bons were bought by men to give to women, many of the mottos were simple love poems.

In about 1860, Thomas added the banger, two strips of chemically impregnated paper that made a loud noise on being pulled apart. At first these novelties were called 'cosaques', but they soon became known as ‘crackers’.

Unfortunately poor Thomas, his ‘cracker’ idea was copied by other manufactures and so he decided to replace the sweet with a surprise gift.

When Thomas died his two sons took over the business. The paper hat was added to the cracker the early 1900s and by the end of the 1930s the love poems had been replaced by jokes or limericks.

Why to the English wear king's paper crowns on Christmas day?
We wear paper hats on special occasions like Christmas Day and birthday parties. The tradition of wearing hats at parties goes back to the Roman Saturnalia celebrations (celebrated around 25th December) when the participants also wear hats.

The idea of wearing a paper crown may have originated from the Twelfth Night celebrations, where a King or Queen was appointed to look over the proceedings.

The paper crown hats we wear today are found inside the Christmas crackers. They are very traditional items to have at Christmas.

c0215031_23113253.jpg


クリスマスクラッカー
クリスマスの時期、特にクリスマスの日には特に人気のあるものです。 クリスマスクラッカーとは、カラフルな色の筒状のもので、両端がねじられています。 一人の人が片方をひっぱり、もう一人のひとが反対側を引っ張ります。
クラッカーがポン!となったらその筒の中に入っているものが出てきます。
通常、紙の王冠、小さなプレゼントそして1枚の紙片に書かれたジョークがその中に入っています。

誰がクリスマスクラッカーを発明したの?
1846年にトーマス・スミス氏によって発明されました。彼がパリを訪問中、紙に包まれた、アーモンドキャンデー、ボンボンに出くわしました。トーマスはイギリスでクリスマスの前にこのボンボンに似たスイーツを包んで売ることに決めました。彼のボンボンは、通年を通してではありませんが、クリスマスの時期になるととてもよく売れました。

1850年代のはじめ頃にトーマスはこのキャンデーに格言を一緒に入れるアイデアを思いつきました。多くの格言が愛のポエム(詩)ということでトーマスのボンボン(キャンデー)は男性が女性へのプレゼントとして買っていきました。

1860年頃、クリスマスクラッカーを引っ張ったときに大きな音を出すために細長い紙片の両端に薬品をしみ込ませた火薬を付け加えました。当初、この目新しいものは「コサック」
と呼ばれましたが後間もなく、「クラッカー」として知られるようになりました。

可哀想なトーマス、彼のクラッカーのアイデアは、他の製造者に真似られてしまいました。
そこでトーマスは考案を変え、サプライズギフトとしてのスイーツにするように決めました。

彼の死後、二人の彼の息子がビジネスを受け継ぎました。紙の王冠は1900年代のはじめに付け加えられ1930年代までには愛のポエムの替わりにジョークやリメリック(こっけいな5行詩)に変わりました。

なぜイギリス人はクリスマスの日に紙の王冠をかぶるの?
クリスマスの日や誕生日のような特別な日に紙の王冠をかぶります。パーティーに頭の上にかぶるという慣習は古代ローマの「12/25頃のサツナリア(Saturnalia)」のお祭りに由来します。当時パーティーの参加者も帽子をかぶっていたのです。

紙の王冠をかぶるという慣習は12日節前夜祭に由来しているかもしれないとのことです。 王もしくは女王がその祝祭の際を見守るために任命されました。

紙の王冠は今日もかぶられ、クリスマスクラッカーの中に入っています。クリスマスにはかかせない伝統的なものなのです。

c0215031_2312245.jpg


to be continued......



コネクション英会話スクールへのお問合せはこちらへどうぞ↓

電話: 06-6211-2181    E-mail: info@connection-eikaiwa.com
ホームページ: www.connection-eikaiwa.com

[PR]
by connection-eigo | 2012-12-12 23:12