人気ブログランキング |

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』April 11th, 2019

10 日間の大型ゴールデンウイークも終わりました。皆さんどのような休日を過ごされたでしょうか?104.png 5月1日は令和へと元号がかわり、各地域で様々なイベントが開催されたようです。さて、元号が変わってはじめてのブログです。110.png
私のラップトップに不備があり、ブログがアップ出来ませんでした。ようやく本日から始動しはじめました。

約1ヶ月遅れとなりますが、先月の朝日カルチャーセンター『英語で学ぶ日本文化』のミニプレゼンの紹介をしていきます。

先月の旬の和菓子は、こちらです。110.png
c0215031_14354382.gif
桜の季節がちょうど終わった後なので、ちょっと新緑をイメージしたお菓子です。110.pngいつも有難うございます。
そして4月の私の机は・・。169.png
c0215031_14372820.jpeg
受講生の皆さんいつも有難うございます。110.png111.png

M氏のミニプレゼン「桜のお花見の文化はいつ、どこで、始まったか?」179.pngです。遠い昔は花見といえば梅の花を見ることが主流でした。まさしく万葉集から出典された、令和にみられるよう、初春の花は梅の花。
嵯峨天皇が812年2月12日(新暦では3月末)に神泉苑に行幸され、その際に桜の樹をみた際に嵯峨天皇が詩を詠ませたことが花見の始まりとされています。こちらの神泉苑、4月の桜の時節には桜の花の季節限定の御朱印を押してくれるそうです。詳細はこちらをクリック。101.png

S氏のミニプレゼン「きつねとたぬき」115.png きつねは英語でFox。ではたぬきは?Racoon dogといいます。
S氏が発表していただいたように、きつねとたぬきを耳にするとカップ麺を思い出します。日本によってもうどん文化は地域によって異なります。大阪では「きつね」は油揚げをのせたうどんで「たぬき」は油揚げをのせたお蕎麦になります。

さて、たぬきは日本固有の動物らしくなんと、極東のみで生息しているそうです。先ほど紹介したようにたぬきは英語でracoon dog,じつはこれは本来はアライグマ。見た目がよく似ているからこう呼ばれるようになったそうです。

S氏はきつねに関して、日本の文化・信仰についてもお話ししてくれました。今海外の観光客から最も人気のあるスポットの一つは伏見稲荷です。きつねというと妖怪と結びつくイメージが強くありますが、江戸時代になると稲荷神が豊作と商売繁盛の神としてもてはやされるようになったそうです。101.png

S女史の今回の天声人語はIchiroについて。3月21日に引退したIchiroは大々的なニュースとなりました。あまり野球に興味のない人でもIchiroの存在はとても大きいと思います。146.png プレー年数は28年、通算打撃成績は13,553打数。4,367安打に打率は322。 私にとってIchiroは飄々としたイメージ。でも日々、努力、そしてまた努力・・。自分にとてもストイックなIchiro。なんでそこまで、出来るの?ほんとウイザードのようです。

I女史のミニプレゼンは石清水八幡宮についてです。9世紀に建立されました。歴史の深いこちらの神社。招霊(おがたま)の木について紹介しましょう。高さ20メートルになるこの樹は、日本に自生するモクレン科では唯一の常緑樹とのことです。和歌や俳句の晩春の季語にも使われているそうです。日本神話においては天照大神の天岩戸隠れにおいて天岩戸の前で踊った天鈿女命(アメノウズメノミコト)が手にしていたとsれ、古くには榊などとともに神前に供える木として用いられていたそうです。一円硬貨に施されているの図案は招霊(おがたま)の木だと言われているそうです。146.png
c0215031_15235558.jpeg
石清水八幡宮についての詳細はこちらをクリックください。

M女史のミニプレゼンは曜変天目茶碗について。まず曜変天目とは? ちょうど今、滋賀にあるMIHO MUSEUMにて特別展覧会を開催中なので、ご案内したいと思います。
MIHO MUSEUM意外にも違う美術館で同時期に展覧会が開催されています。上のMIHO MUSEUMにて詳細が記されています。興味のある方は是非ご参照ください。

こちらが曜変天目茶碗です。
c0215031_15295340.jpg
中国南宋時代(12-13世紀)に、大量に焼かれた建盞のうち、窯内で偶然に美しい結晶が生じたものを指したものを言います。世界にたった4つの茶碗しか残っていないと言われ、この4つが日本に存在するそうです。これらのうち3つが国宝となっっています。室町時代には、茶碗の中で最高峰に位置付けられました。
どうしてこれらの茶碗が全て日本にあるのでしょうか?中国人にとってこのような曜変天目の虹の柄はアンラッキーとみなされていたようです。ということで、中国では発見されたものの、茶碗は割られていたそうです。美術品や工芸品はその土地や文化の違いで価値がおかれたり、そうでなかったり、色々なのですね。

最後は、Y女史のミニプレゼンです。「長楽寺」についてです。京都は東山に位置するこちらのお寺。もともとは平安時代までは天台宗でしたが、その後様々な宗派へと変わり、鎌倉時代後半に一遍上人により時宗となりました。平家物語ゆかりのこちらのお寺、季節ごとに様々な行事が行われれています。祇園からも近いので、是非、訪れてみたいお寺であります。
今月5月の講座は今週5月9日となります。皆さんのミニプレゼンをとても楽しみにしています。
Thank you and see you soon! 174.png (T.M)


# by connection-eigo | 2019-05-07 15:53 | プレゼンテーション

Café@Connection 4月

本日4月24日のCafe@Connectionは生徒さんの持ち込みの英作文の添削から始まり、〜人の言い方、日本人、台湾人、ベトナム人などを習いそのあとは、言語の繋がり何語がベースか何語と何語が似ているかの話に進みました。

c0215031_14171213.jpeg

トルコ語やハンガリー語まで日本語と似ていることをトムから聞いた生徒さんからは、驚きの声が上がっていました。今日も盛り上がり楽しそうな雰囲気のカフェでした。

次回のカフェコネクションは5/8(水)14:30-15:30、参加費は700円(紅茶とクッキー付)です。

皆様のご参加をお待ちしております!


# by connection-eigo | 2019-04-25 14:16 | Connection

4月の発音クリニック

本日は、トマス先生による「発音クリニック」のレッスンがありました!
c0215031_19271653.jpeg

まず初めは生徒さんからの質問、マクドナルドやアルコールなど日本での発音とは全く違う単語の発音練習です。
トマス先生はホワイトボードを使って、一つずつ丁寧に解説します。
そしてその後具体的な口の開き方や舌の動かし方など、実演して生徒さんとレッスンしました。

後半は、Speaking Well というテキストを使い進められました。
本日は、Vの音を中心にレッスンです。
VacationやVoiceなどの単語を含む文章を読みながら、Vの音に慣れていきます。
最後は英語独特のイントネーションの練習です。
My Name is 〇〇〇と生徒さんの名前を入れて、音の上がり下がりをトマス先生は解説していました。

発音クリニックはLe Clubの単発講座です。月に1回 第3火曜日の14:50〜16:20に行っています。ご参加をお待ちしております!

次回の発音クリニックのご案内です。
5月21日(火)
14:50〜16:20
参加費:
3325円(生徒)
3500円(ビジター)

# by connection-eigo | 2019-04-17 09:20 | Connection

朝日カルチャーセンター中之島教室『英語で学ぶ日本文化』March 7th, 2019


年度も変わり、すっかり桜の美しい時節となりました。179.png4月1日は、新しく元号が発表されました。101.png万葉集からの出典『令和』。読み下せば初春の月にして気淑く風らぎ・・・。梅の咲く初春のめでたい日にそよ風が心地よく吹く様を表している梅花の歌の項の序文。5月1日に改元します。

さて、3月はまさに去る・・・。あれよあれよといっている間に、時間だけが過ぎてしまいました。私事なのですが、3月下旬から4月上旬にかけて、九州は別府に行っていました。ちょうど桜の美しい時期でした。ただ結構寒い日が続き、ビュンビュン風が吹き荒れる中、散歩を楽しみました。179.png
c0215031_23033646.gif
c0215031_23034957.gif
さて、3月のミニプレゼン、お待たせしました。この日S氏がブログ用として、なんと旬の和菓子を持ってきてくださいました。113.png111.png有難うございます。淡いピンクと白色が散りばめられていて、なんとも和やかな春の色。
c0215031_23105792.gif
そして、3月のこの日の私の机の上は・・・、
c0215031_23141424.gif
受講生の皆さん、有難うございます。


本日のトップバッターはS女史110.png今回の天声人語はドナルド・キーンさんについて。キーン氏は2月24日に96年の生涯を閉じました。戦後、日本文学を研究し、古典から現代小説の翻訳を重ねて、日本人の美意識を論じた人物。東日本大震災の1年後、日本への永住を決めて、日本国籍を取得しました。S女史は、キーンさんが翻訳をした松尾芭蕉の奥の細道を英語で紹介してくれました。

I女史は京都は上京区にある宝鏡寺についてお話してくれました。人形の寺としても有名なこのお寺は南北朝時代に建立されました。普段は非公開なのですが、春と秋には、人形が公開されるそうです。臨済宗のお寺で凛とした門構えが気持ちを引き締めさせてくれます。
S氏は前回に引き続き名前ーPart2です。2020年にむけてバンバン、ジャパンを盛り上げる人を応援するというテーマの番組がNHKであり、1月にとりあげられたのが、外国人の名前を漢字にする店だそうです。なんと、大手旅行サイトのショッピング部門第1位になり浅草の住宅地の2階にあるこのお店、3年間で世界50カ国から1000人が訪れたそうです。企画・発起は3年前に大学3年生であった女性で、訪日客に性格を尋ねた上で漢字で名前を名付け、出来上がった漢字の名前を毛筆で書き、完成品は額縁が掛け軸にするとうもの。なかなか面白いアイディアですね。最後に日本とアメリカ合衆国そして英国における名前の人気ランキングを紹介してくださいました。詳細はここでは割愛しますが、同じ英語圏のUSとUKでも名前は文化の違いを示していることがわかります。


次にY女史のミニプレゼンは興福寺の中金堂についてです。7回の火事に見舞われた中金堂は、710年に藤原不比等によって創建されました。2000年に解体工事が行われ、2018年10 月に8回目の再建に至りました。
c0215031_20493556.jpg
詳しいサイトは右をご覧下さい。→


次にM女史のみにプレゼンです。前回あべのハルカスで開催中の工芸品の展覧会についてお話しされ、その中で今回はCloisonneの歴史についてお話しされました。Cloisonneはもともとフランス語で英語ではエナメルとでもいうのでしょうか。日本語では七宝焼と言われます。Cloisonneはツタンカーメンの黄金のマスクに3000年の歴史を持ちます。西はヨーロッパに伝播し、中国、朝鮮半島から日本に七宝が伝来したのが6~7世紀だと言われています。日本においては17世紀に七宝焼の技術が頂点を極めました。七宝について詳しく書かれているサイトを発見しました。
次に、M氏はフェルメールの展覧会についてです。日本ではとても有名なオランダの画家フェルメール。大阪市立美術館で5月12日まで開催されています。M氏はプレゼンの中で、この画家の絵画世界を前にすると現実の世界のどこかで出会ったような、あるいは似たような作品をどこかでみたような気もしてくる。と触れられました。それらの要素として・・・。
1. 洗練されたモチーフ。
2. 計算しつくされた形と色。
3. 徹底した細部の再現。
4. まばゆい反射光と明瞭な照射光の描写。
5. 緻密に組み立てられた構図。

日常の生活の光景を描いているフェルメール絵画、でも実は、様々なシンボリックがちりばめられていて、そのメッセージを読み取るのも面白く、私の場合、若かったときはあまり興味を示すものではなかったのですが、年とともに面白く感じる絵画の世界です。映画の作品でいうとカズオ・イシグロ原作の『日の名残~The Remains of the Day』でしょうか。174.png
最後はA女史です。平安時代の美人の条件についてです。ろうそくの灯がゆらゆら。薄暗い部屋に白い大きな顔に黒い長い髪。白い顔はおしろいをしっかりとたっぷりと。おたふくのように頰が膨らんでいるのは栄養がよくなかったので顔がむくんでいるせいであったようです。美人の条件は時代とともに変わりますが、平安時代の女性はあまり健康的ではなかったのでしょう。今に比べてずっと寒かった平安時代は身体を洗うのも年に1〜2回。平民のほうが川で身体をあらったりと貴族よりもずっと清潔だったそうです。ちなみに髪の長さは身長よりも長かったそうです。
c0215031_21540191.jpeg
いつものことですが、今回もブログがアップするのが遅くなってしまい申し訳ございません。142.png

さて、4月の受講日は、4月11日(木) 15:30からです。179.png
179.png179.png Thank you. (T.M)

# by connection-eigo | 2019-04-09 21:59 | プレゼンテーション

European Beer Night Feb.27th 2019

先週の水曜日、2月27日にコネクション心斎橋校にてEuropean Beer Tasting Nightを開催しました。101.png 約1週間遅れですが、119.pngブログにて紹介します。

コネクションでは定期的にイベントを開催しています。通常はワイン🍷なのですが、今年は初めてビールのテイスティングに試みました。2月の後半にもなると気分的に少し春をイメージするのですが、まだまだ寒い日が続くということで、今回のビールのテーマはに呑むヨーロッパのビールを5点テイスティングしました。

日本ではビールというと、カンカンに冷えたビールをグビッ!ですが、ヨーロッパのビールはあまり冷やさず、もしくは常温で愉しめるビールも多くあります。

トマスプロデュースのBeer Tasting! 101.png さて、どんなビールが登場するでしょうか??146.png

まずはじめにテイスティングしてもらっつたのがこちらのビールです🍺
c0215031_23005431.gif
バドワイザーといってもアメリカのものではありません。チェコのビールです。バドワイザーという名前の商標について第一次世界大戦前に両国のビール製造会社で色々あった歴史があるそうです。とてもライトな飲みやすいラガービールでした。

次はこちらのドイツのビール🍺です。
c0215031_23050877.gif
c0215031_23054661.gif
キャップがとても可愛いです。110.png 修道院のお坊さんが醸造していたビールなので、お坊さんの横顔がデザインされています。

次は🍺ベルギーです。
c0215031_23073943.gif
テイスティングした中では一番アルコール度数の強いビールです。こくがあって美味しかったです。164.png

次はダークビール。🍺
c0215031_23105071.gif
とてもヘビーなイメージがあるのですが、飲みやすくてこちらも好評でした。ダークチョコレートと合わせても相性抜群です。164.png

さて、最後のビールをテイスティングする前に、ちょっとサプライズ。147.png

ミューズアシスタントのYukakoさんが、こっそりサプライズケーキを用意してくれました。101.png
c0215031_23165325.gif
c0215031_23171832.gif
前回 Eigo de 映画で参加していただいたことのある、Yukakoさんと私の友人のJImmyさんのお誕生日110.png

Happy Birthday!177.png
いつもおしゃれでクールなジミーさん。ジミーさんにとって素敵な1年になりますように!173.png

ケーキをいただいた後は最後のビール、いやいや、146.pngビールというよりかはジュースだ!と参加者の皆さんは口をそろえておっしゃっておられましたが・・・。
c0215031_23261297.gif
フランスのフランボワーズフレーバーのビールです。110.png
c0215031_23290087.gif
c0215031_23214589.gif
c0215031_23294647.gif
なかなかビールの飲み比べをすることがないので、今回は非常に楽しかったです。ワインと同様に、ビールにマッチングさせてフルーツやチョコレートを合わせるのもおもしろい試みでした。

たこ焼きを差し入れしていただきありがとうございます。110.png
ご参加いただいた皆様有難うございました。101.png 

次回は5月22日(水曜日)19:30より Early Summer Beer tasting Night を計画しています。詳細は決まり次第ご案内します。乞うご期待ください!  (T.M)

# by connection-eigo | 2019-03-07 23:44 | イベント

講師やスタッフが綴るブログです。


by connection-eigo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る