英会話・英語スクール・異文化スタディーズ・英語・英会話出張講座-Muse English - Connection


講師やスタッフが綴るブログです。
by connection-eigo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

朝日カルチャーセンター中之島『英語で学ぶ日本文化』January12th 2017

昨日は春節でした。旧暦のお正月です。日本では新暦のお正月である1月1日を盛大に祝うのですが、近隣諸国ではこの旧暦のお正月がメインとなります。今日は中華街などでは盛大にお祭りを催していることでしょう。

早いもので1月も下旬を迎えます。
12月から1月にかけて、いつも以上に忙しい月日でした。皆さんはいかがでしたでしょうか。
c0215031_15551283.jpg
酉年にちなんだ羊羹のパッケージ可愛いです。また沢山の冬の美味しい和菓子に囲まれて今年も頑張りたく思います。よろしくお願いします。056.gif

お正月休みのため、今月は1/12の2週目に講座を行いました。
新年から12日を過ぎるともうお正月気分も抜けているので、歳時記ではお正月の慣習についての講義は省き、どんと焼きについて英語でどうやって伝えるのかなどを入れて見ました。

そして皆さんのミニプレゼンです。
S氏は『誰も知らない世界のことわざについて』です。昨年の6月に『翻訳できない世界のことば』のエラ・フランシス・サンダースさんが次に書いたのがこのことわざについてです。世界中の多数のことわざの中から51個を拾い出してきています。私もこのシリーズの本を持っているのですが、とても可愛く仕上がっています。
c0215031_16004269.jpg

S氏はその中で3つのことわざを紹介されました。
猿も木から落ちる ''Even monkey fall down tress.''
c0215031_16015602.jpg
日本の有名なことわざです。誰でも時には失敗することがあり、非常に賢く、経験豊富な人でさえ間違いを犯すことがある。これは油断を諌めるにもぴったりの表現です。
One of the most well known saying in the Japanese language. It is a way of pointing out that everybody gets it wrong sometimes, that even cleverest among us, the most skilled, the most practiced they still make mistakes. It's an excellent way to keep overconfidence in check.

猫をかぶる ''To wear a cat on your head.''
c0215031_16013575.jpg

良からぬことをたくらんでいる時、天使みたいに思わせ用途愛らしいふりをして無垢を装う、ということ。英語ではA wolf in sheep's clothing(羊の毛皮を被ったオオカミ)という言い回しがあります。
It is to pretend to be innocent, to feign sweetness in order to misled others into thinking that you are altogether angelic when in fact you may be up to no good. This is similar to the English saying, ''A wolf in sheep's clothing.''

PとQに気をつけて Mind your P's and Q's.
c0215031_16020641.jpg
ぐずっている幼い子に注意する時に言います。これはもともとそれでいいかどうか言動に注意してお行儀よく振る舞いなさいという優しい注意の仕方。起源は15世紀初期、印刷技術が発明された時代に遡るそう。''p''と''q''は左右反転でよく間違えられたそうで。この2つの文字に特に注意をはからうよう促す為に生まれました。
People give advice with this saying to fussy young child. This is tender advice. Be careful about your language and behavior. Originally, the story goes back to the 15th century when the printing technology was invented. Mirror-reversed alphabets such as ''p'' and ''q'' were often mistyped. This saying came from the attention to workers that attention must be paid especially these two letters.


次にM氏のミニプレゼンテーションについてです。2つの短いストーリーを紹介してくださいました。
1つ目は羽根つきの羽子の下の端の黒球について005.gif。さて、この黒球は何で作られているのかご存知ですか?という切り口からM氏プレゼンテーションを始められました。今では羽根つきをしている子供さん、見なくなりました。お正月に親戚のお姉ちゃんと公園でよく羽根つきをしたものです。現在はプラスチック製がほとんど。元々は木の種である無患子(ムクロジ)で作られていたそう。無患子は英語ではIndian soapberryと言うそうです。この漢字を解釈すると、『子供が患うことがない』と言う意味だそう。このことで、羽子根が無病息災のお守りとなりになった理由です。中国では数珠玉にもこの無患子が使われていたそうです。
c0215031_16482847.jpeg
c0215031_16494410.jpeg
次に『コケコッコの謎についての研究』についてです。今年の干支は酉。ニワトリは代表的な家畜であります。日本では『コケコッコー』中国では『コーコーケ』英語圏では『kukkudurudu』フランス語では『ココリコ』など、鳴き方が異なるのですが、ニワトリの鳴き声が時を告げる象徴である点は世界中で共通していると言うことです。研究者は10年前から、なぜ、ニワトリが夜明け近くに鳴くのか、どのような法則があるのかについて研究に取り組んでいるおり、その結果、ニワトリ自身の体内時計で夜明けを察知していたことが解明された。また鳴く順番は群れの序列で決まることも解明したそうです。
c0215031_17030376.jpeg

次はS女史のミニプレゼンです。1543年にポルトガル人がこの日本の地にやってきました。15世紀後半から18世紀にかけて欧州は世界に向けて航海をはじめました。まさしくグロバールな貿易の時代がやってきたわけです。日本語になっているけど元々はポルトガル語だった言葉がたくさんあります。金平糖に、カステラ、パン、ブランコ、ビードロなどなど。そんな日本も江戸時代は250年間鎖国時代に入り、日本にとって安定した時代が続きました。その間も日本の外の国々は大きく大きく動いているのでした。江戸時代にペリーの黒船がやってきた時を境に日本の歴史は激動期を迎えます。S女史は江戸時代が好きだそうです。この時代に庶民芸能もたくさん確立しました。歴史は本当に興味深いです。
c0215031_17311516.jpeg
c0215031_17311072.jpeg

最後はY女史です。''○○活''についてのお話。活は英語で言うと''active''でしょうか。日本では今この『○活』が流行っています。『就活』『婚活』『妊活』『育活』などなど。Y女史曰く、現在こんなのもあるそうです。『就活』ならず『終活』『保活』・・・。終活は人生の晩秋に向けての活。保活は子供の保育所探し。
『朝活』に『夕活』驚きは温かい食事を習慣づけて体の体温を上げる『温活』『腸活』は食生活の環境を整えて、腸内スッキリ。ちなみに同女史はこの腸活に興味があり、S氏は終活らしい。
いつも興味ぶかいトピックを発表してくださる、Y女史。これも今の日本の世相を表してて面白いですね。
c0215031_17311869.png

日本人はこう言う○活が好きである。私の見解であるが、アメリカ人の人も好きそうだ。皆んなで何か一緒に頑張ろうみたいな、信号皆んなで渡れば怖くない。とう集団の枠のこと。だからトレンドに敏感だ。SNSが主流になるこのご時世は、日本、アメリカだけでなく世界全体が総体的に均一化してきているのかもしれません。

今回もとても興味深い講座となりました。

次回の講座は2/2木曜日です。016.gif (T.M)




[PR]
by connection-eigo | 2017-01-29 17:33 | プレゼンテーション

Café @ Connection 第11&12回 1/16 &25

Hello, everyone!!
本日は1月のCafé @ Connectionの模様をお伝えします。

最近はとっても寒くなり、久しぶりに雪が降っておりました。
大阪でも積もるほどの雪でびっくりしました。
It hadn’t snowed that hard for 20years.

雪つながりでは、雪山でのハイキングについてや、東北での生活、京都の雪景色などについての話がでました。

また言語は常に使っていないと忘れてしまうということでこちらのフレーズがでてきました。

Use it or lose it.

是非Café@Connectionで普段勉強した英語を使ってみてください。

c0215031_1581053.jpg


2月のCafe @ Connectionは以下の予定です。
2月22日(水)14:30~15:30
2月23日(木)16:00~17:00

参加費は会員様は初回無料、ビジターの方と会員様2回目以降は700円です。お問い合わせはホームページまたは、06-6390-2133まで。

皆様のお越しをお待ちしております。
Thank you very much and have a wonderful day :)
[PR]
by connection-eigo | 2017-01-26 15:03

梅田産経学園『フリートーク』January 6th 2017

1/6 今年初めての産経学園での『フリートーク』はまず初めに受講生の皆さんに2017年の抱負を伺いました。
S氏018.gif英語の俳句を作ること。そして俳画に今年はトライされるとのこと。
S女史058.gif年齢を重ねるごとに体力的なこともあり、自信がなくなってくる。でも今年はもっと自信を持っていきたい。健康を維持すること、英語にもっと磨きをかけ、読書に勤しみ、旅に出かけたい。
Y女史012.gif今年はポルトガルに旅をするのでターゲットはポルトガル語の学習。小説をもっと読み、運動をすること。
K氏018.gifよりクオリティーの高い野菜を栽培すること。
O氏019.gif今年77歳を迎えるにあたり、常に健康維持すること、ラジオ体操を続ける。そして大阪企業ミュージアムにて引き続きボランティア活動をすること。

今回のプレゼンテーションは先月に旅から戻られたY女史でした。
今回はミラノーフランクフルトーヒューストンーグワダラハラ(メキシコ)です。ヒューストンはあくまでもメキシコ入りするためのストップオーバーでメインはメキシコ。Mexico cityには入らずヒューストンから直接Guadarajalaに入り、AguascalientesとZacatecasを訪れたS女史。

語学運用力に長けている同女史はまた、日本人独特のもつ均一性感覚ではなく、非常に冷静でインディビジュアルな見方ができる方だからこそ、自分の経験と鼻で色々なところを旅されます。3ヶ月弱の今回の旅はちょうどトランプが大統領選に勝った時期でもあり、とても興味深い旅になったのではないでしょうか。

結論から言って、今回が最後のメキシコの旅になるだろうと言うことです。また合衆国に対しても決して訪れたい国と言う見方はなくなったようです。

以前メキシコに住んでらっしゃったことがあり、やはり以前に比べて治安の悪化がひどくなってきているとのこと。アメリカから流れる麻薬に銃。マフィアが沢山のことに関与していること。一市民も自分を守るためにアメリカと同じように、小さな銃は持つべき。など話が普通にでる。Aguascalientesには日産の工場があり、この街の周辺には沢山の日本人も暮らしているそう。中心地は治安が良くないので郊外に居を構えているそうですが、日本人は襲撃によく狙われるそうです。

ピストルで襲う可能性が高いので、抵抗せず金目のものはすぐに出す。

帰りのトランジットはヒューストンでギリギリセーフ。なんとか間に合ったが、トランジットだけなのにどうしてpassportcontrolを通り、荷物をピックアップしてまたセキュリティーを通らなくてはいけないのか。に疑問を抱くY女史。私も以前、トロントに行くのにアメリカでトランジットした際にギリギリだった経験があります。042.gif

最後に、トランプ政権がもう1週間少しで誕生します。かなり諦めムードの感じのようで、なんとか4年の辛抱・・・。
さてさて、2017年、新聞やメディアを賑わしているトランプ氏。動向が気になります。

Y女史の今年の予定はポルトガル。すでにポルトガル語の勉強を始められています。今年の彼女のアクティビティにも目が離せません。

プレゼンテーションありがとうございました。

次回1/20のプレゼンテーションはO氏です。058.gif


[PR]
by connection-eigo | 2017-01-13 21:03 | プレゼンテーション

梅田産経学園『フリートーク』昨年9/30から12/16のまとめ

先日の1/6に梅田産経学園にて今年初の「フリートーク」の講座がありました。この講座は受講生の方にトピックを決めてプレゼンテーションをしたいただく講座です。毎回こちらのブログに紹介するようにはしていたるのですが、9月16日のS女史の「長谷川等伯」のプレゼン報告を最後にご紹介できていない状態です。007.gif すいません。言い訳は、あえてしないでおきます。


心機一転な気持ちで各受講生の皆さんのプレゼンテーション内容をアップして行きたく思いますが、とり急ぎ昨年9/30からのプレゼンテーションをまとめてこちらでアップして、記録にしたいと思います。皆さんが一生懸命されているプレゼンテーション、頑張って残して行きたいと思います。058.gif


9/30 Trip to Shinsyu by Y女史 -1年の約半分海外へ旅に出るY女史ですが、国内にも車で旅に出られます。彼女の旅はガイドに載っているような観光名所は行きません。城崎から越前海岸沿いを車で走らせ、信州までの旅紀行です。

10/7 Automatic Driving World by O氏 - 2025年までに自動運転を目指している世界の自動車市場。ニュースで話題となりました。また、昨年末は高齢者ドライバーによる事故が相次ぎ、高齢化が進む中、これから大きな課題となって行きます。自動運転は賛否両論。さて近い将来は自動運転が主流となる世の中がやってくるのでしょうか?

11/17 Japanese Sake by K氏 - 百貨店に行くと最近様々な地酒を店頭で見かけます。また海外からの観光客の方にも日本酒は大人気のよう。それとは反比例し、なんと日本での日本酒の消費は減少しているそうです。そんな中、女性の間で小さなボトルのお酒が流行。K氏は時折市内に出ては百貨店を寄り、日本酒セクションを立ち寄るそうです。この日は日本酒についてお話しくださいました。

12/2 Lascaux cave Paintings by S氏 - 今年の2月19日まで上ラスコ洞窟の壁画の特別展が上野の科学博物館にて開催されています。S氏はこの壁画についてお話しされました。旧石器時代に描かれた雄牛の壁画は1940年に18歳の少年によって見つけられました。約40,000年前の壁画です。ではレプリカしか観ることはできません。ヨーロッパ人の先祖であるクロマニヨン人(学会では最近、European Early Modern Hunmanと言われているそうです。)人類史に胸が膨らみます。

12/16 相国寺 by S女史 - 2016年最後のプレゼンテーションでした。S女史は京都は今出川にある相国寺について。臨済宗本山の末寺で足利義満の時代の1392年に完成したお寺です。敷地内に配置される堂には意味があります。悟りに至る3つの境地についてお話ししてくださいました。京都は観光名所で、多くの観光客の方が訪れますが、このお寺はとても静かで落ち着きます。

以上、昨年9/30から12/26までのプレゼンテーションの概要です。

先日1/6日のプレゼンテーションより毎毎紹介して行きます。(近くブログアップします012.gif)

受講生の方のプレゼンテーションのトピックを通して、毎回、私自身学ぶことが多いです。皆さんに負けないよう、自身も向上心を高め、学んで行きたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 (T.M)058.gif




[PR]
by connection-eigo | 2017-01-09 14:03
最新の記事
LINK
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧