英会話・英語スクール・異文化スタディーズ・英語・英会話出張講座-Muse English - Connection


講師やスタッフが綴るブログです。
by connection-eigo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

朝日カルチャーセンター『英語で話す日本文化』11/17, 2016

11月も残すところあと2日となりました。早いものです。この時期から行事も多く、何かと忙しなく、気ばかりが焦ります。昔の人はうまくいいました。12月は『師走』と・・・。005.gifこの師走、師匠といえどもちょこちょこ走り回るが由来だと言われています。私の場合はちょこちょこというより、バタバタといった表現の方がいいのでしょうか。042.gif

さて、今月の『英語で話す日本文化』は3週目の17日に講座がありました。

11月の和菓子は亥の子餅です。幸いなことに11月の中旬とはなりましたが、このお餅を阪急百貨店で購入することができました。ちょっと猪にみたてた生菓子です。
c0215031_23275412.jpg
そしてM氏からはお庭でとれたもぎたての柚子です016.gif
c0215031_23292322.jpg
無添加ですよ。056.gif

まずはS氏のミニプレゼンは『天神様』についてです。天神様というと、大阪では、天神さんという呼び名親しまれています。繁昌亭の近くにある、大阪天満宮です。皆さん、由来はご存知でしょうか?菅原道真が神として祀られています。本来は天に住む神一般を意味し、雷神と同義だそうです。

菅原道真は平安時代に政治や学問の分野で多くの業績を残しましたが、10世紀の初めにライバルの藤原氏一族の陰謀の犠牲となり右大臣まで進んだのですが、降格され、九州の太宰府に左遷され、失意のうちに亡くなったそうです。その後、多くの災いが藤原氏一族に、また、落雷や火災、洪水で多くの建物が破壊されました。朝廷はこれらの混乱は怨霊となった道真の仕業であろうと、それを鎮めるために天神として祀り葬られた太宰府天満宮、京都の北のに北野天満宮を建立しました。
道真は詩歌や学問に秀でていたので、江戸時代になると、学問の神さまとして、崇められるようになりました。今では特に試験に合格する神様となり。受験の前には多くの人々がお参りに出かけます。
日本人にとって亡くなったご先祖を弔うのはなぜなのでしょうか?S氏のミニプレゼンで興味深いところがありました。死者の魂とは亡くなった人の『記憶』。記憶を長続きさせるための装置として、数多くの神社が建てられたそうです。人が『神』になるかどうかは、残された人々の思いにかかっているそう。実在した人物を神として祀っているのは徳川家康、桓武天皇、明治天皇がいらっしゃいます。日本の宗教は多神教です。なので、様々は神様をお参りし手を合わせます。『実在した人物を神に祀り上げる』というこの人身信仰は日本人特有のものであるかもしれません。
さて、S氏の最後の〆。実在すれば我々全てが神になれるのか?もちろんNoです。人が神になるには以下の条件を満たさないといけません。まず、残された人々が畏敬の念を持つこと。次に生者の支配原理が大きく関与します。さらに、後世に伝わる物語が何よりも必要。034.gif

さて、次はS女史のミニプレゼン。058.gif今回はボブ・ディランがノーベル賞の文学賞受賞したことについてお話しされました。さて、ボブ・ディランはかろうじて受賞したことを受け入れたのですが、10月10日、ストックホルムで行われるセレモニーは欠席するとのことで、未だに沈黙を保っています。日本ではお祝いムードのノーベル賞、なぜ、彼が頑なに沈黙を守るのか疑問に思ってるかたは多いのではないでしょうか?ある記事によると長年の彼の友人でソングライターのボブ・ニューワースはワシントンポストの取材に対し、「受賞の事実そのものを認めないだろう」(原文・He may not even acknowledge it)という言い方をしていて、つまり、''自身の音楽が“文学”として評価されることに、ただならぬ違和感を覚えているのではないだろうか。とのことです。彼の音楽は文学として読まれるものなのではなく、これからも『聴かれる』ものでありたいという彼の生粋のアーティスト魂なのかもしれません。
c0215031_16200974.jpeg

最後にM氏です。今回はプロジェクターを使用して同氏のベトナムの旅についてお話ししてくださいました。
現地の2人の知人を訪ねての親睦会も含まれている約5日間の旅です。まずは、文面で説明をされ、その後、プロジェクターで旅の写真を見せてくださいました。関西空港からハノイまでは約5時間のフライト。まずはじめにハノイとその近郊をまわられ、一人のベトナム人のご家族におもてなしをうけたそうです。天候の都合でスケジュールはかわったりしながらもツアーやベトナムの料理に舌鼓されたようです。意外なのが、ベトナムが仏教国家ということであること。M氏はベトナムの観音様をお参りしたということで、ちょっとぴーんとイメージできないので、ちょっとチェックしてみました。034.gif
c0215031_16314775.jpeg
中国に近いということもあり、バンコクでみるような仏像や菩薩とはスタイルが違います。
3日目はハノイから南hで100kmのところにあるTran An名勝遺跡へ行かれたそうです。写真を拝見しましたが陸の桂林と呼ばれるごとく絶景でした。昔の中国の山水画で描かれている景色のようです。
その他、博物館も含め他、色々なところを観光され、美味しいお料理とお酒を楽しまれたようです。M氏が思うに、ベトナム人の人は待つ余裕のある国民性で心が豊かでとても好感を持てた。とのことです。058.gif

近くて遠い国・・・。色々な歴史背景を持ち、戦後はベトナム戦争や内戦やらで大変な時期を経験し今日に至ります。機会があれば是非訪れたい国であります。

さて、早いもので明日から12月そして、明日はこの講座ですが、今年最後となります。どうぞよろしくお願いいたします。049.gif(T.M)


[PR]
by connection-eigo | 2016-11-30 16:42

第1回目えいご発音クリニック

11月15日に第1回目トマスによる『えいご発音クリニック』をLe Clubの一環の単発レッスンを開催しました。018.gif

大体の反応としては、英語もぺらぺらしゃべられへんのに発音重視してどうなるの〜?とか発音直して何が変わるの〜?とあまり興味をしめされる方が多くないのです。というよりも、発音の矯正でけでお金をかける価値があるのか?といったところでしょうか。044.gif

でも多くのネイティヴ講師が口を揃えていうのが、発音やイントネーションはとても大切で、日本はもっと小さいときから、きっちりとフォニックスを教えてたり正しく音読する習慣をつける学習が必要だと言っています。

この第1回目の発音クリニックに受講されたお一人の方は、思っていた以上に発音は大切で目からウロコとのこと。

さて雅代先生よりこの発音クリニックの報告をいただきました。内容は下記の通りです。

英語で話すとき脳はフル回転。瞬時に単語を見つけ、文法チェック。口から出す時にはもはやエネルギー切れで発音に注意がはらえず、理解してもらえなかったという経験はありませんか?英語の母音数12に対して日本語5個。/l/と /r/、 /b/と /v/、 /s/と /∫/などの発音。英語は強弱のある言語、日本語はリズムのないすべて子音と母音の組み合わせで構成されている言語。あまり共通性がないように感じますよね。 ちょっと知っていれば聞きやすく、発音しやすくなるポイントをまとめてみました。まず、単語の発音。よく舌の位置の図を目にします。しかし唇の形の図はほとんど見ることがないと思います。ということは舌の位置が大切っていうことですよね。例外は、/w/。日本語の“う”より緊張感のある音、口を丸くすぼめる形。/f/は下唇を軽く歯で押さえる感じ。rが最初にくる単語ではまず“う”と言いながら発音するとうまくいきます。うright です。センテンスレベルで起きる特徴はlinking、次にくることばの最初の文字の音とくっつく傾向。例えばstop it のpとiがくっつく。まるでひとかたまりの言葉に聞こえます。そして、子音の欠落。next monthのtは消えてしまう。聞こえへんかったわって落胆することがありますが、いえいえnativeは発音してないんですよ。ほっとしますよね。ところが、複数と三人称単数のsの音ははっきり発音されています。かたや日本語は律儀な言語で文章になってもこのような現象、linkingや子音の欠落もないですよね。あげくにbut やandを butoや andoと不必要な母音をつけ足したりして発音してしまう。Thomas先生の発音クリニックでは単語レベルからセンテンスレベルまで自然に身に付く指導です。唇運動中心の日本語と舌の動きがポイントの英語との両刀使いめざしましょう。red leather, blue leather (Thomas先生のクリニックより)早口言葉でwarm up!

12月の発音クリニックを予定しています。スケジュールはこちらをクリックください。




[PR]
by connection-eigo | 2016-11-25 21:31

Travel Diary of Ireland Vol. 8 by Naomi

今回の旅の目的の1つ、Irish danceを観ること。
テンプルバーにもショーをやっているお店はありましたが、できればホールで観たいと思っていたので、ガイドさんに尋ねて予約しました。
丁度、4月〜10月がそのでの上演期間でしたので、私たちはラッキーでした‼️
c0215031_15515020.jpg

ここではIrish danceと言わず、Celtic Stepsと呼んでいました。
それが何故なのか、尋ねればよかったなぁ。
5年連続世界チャンピオンになったダンサーが出るとか。
Irish danceは、16世紀にイギリスからゲール語を禁止され、踊る事も禁止されて、窓を通して外から見られた時、そうと分からぬよう、上半身を動かさず下半身でリズムを刻んだ…そこから誕生したらしいです。

ホテル前から送迎バスが出ており、30分ほどで到着。
まるでサーカス小屋のように、周囲360度何もない広大な土地に、簡易的な感じのホール。
その隣には、割と最近建てられた感じたのバーが。ビリヤード台が二台置いてあり、地元の方らしき数人がいました。
トイレはそのバーを使いました。
ショーの間は、飲食OK。ショーの休憩時間は賑わっていました。

その2つの建物以外、本当に何もないんです‼️暗くてよく見えなかったのですが。
すっごく気になって、ぐるりと見て回りたかったのですが👀、すぐにショーが始まるとかでバタバタと席へ誘導されました。
もう、後ろの方の座席しか空いていませんでした。
座席の確保は、ガイドさんがしてくれていました。
が、しかし…予約の際に「私がバッチリの席をおさえておくから心配しないでね👍🏻」と、調子よくウィンクしていたガイドさん…えらく後ろの方なんですけど…😅💧💧💧

ここ連日、同じツアーに参加してた、ジョージア州から来ている元気な女の子3人と、ニューヨークからの落ち着いた雰囲気の女性2人と隣り合わせました。👩
ショーが始まると、ステージの上から”Who comes from 〜🇺🇸🇮🇹🇩🇪?”と、会場への問いかけ。
そう言えば、アイルランドに着いてから1人も日本人と会っていない。Japan🇯🇵は出てこないだろうなぁ〜と思っていると、ジョージア州の女の子の1人が、”Japan‼️”と叫んで手を振ったんです。😅💦
そして、ステージからの問いかけ…やはり…私たち2人だけが日本人でした。
c0215031_15523471.jpg
バンジョー、アコーディオン、そしてバイオリンのコンビネーション🎶🎻♫
軽快でときに物悲しい…カントリーと少し似ているように感じました。

ダンスは…寝起きに伸びをしただけでこむら返りになる私には…神わざ✨😱✨
そのチャンピオンは、途中会場の真ん中に小さなテーブルを置き、暗闇にスポットを浴び、見事なステップを披露しました。
その間会場は静まりかえり、彼の靴音だけが響いていました。
凛とした空気が漂いました。✨
c0215031_15525893.png
c0215031_15531351.png
c0215031_15532616.png
楽器の奏者でもあり、ボーカリストでもある女性…吸い込まれるような、柔らな歌声にうっとり。✨
映画音楽に合いそうな、そんな彼女の歌声でした。🎵
c0215031_08221024.png
c0215031_15541120.png
c0215031_15542739.png
c0215031_15545118.png
c0215031_15550482.png
ショーが終わると、またバタバタとバスへ戻りました。
心残りは…あの建物の周囲を探索できなかったことと、頭上に大きく広がった空の星をゆっくり眺められなかったことです。🌟🌟🌟

また、全て録音と録画は自由にして下さいと、ショーの冒頭にアナウンスがありました。🎵
その映像や音声をご紹介出来ず、残念です。😢

[PR]
by connection-eigo | 2016-11-14 15:49

Travel Diary of Ireland Vol. 7 by Naomi

シープドッグと羊のショー。🐏🐕
何だか冴えない狭い入り口から入り、これ、どうなんだろう?と期待薄だったのですが、
「たった5ユーロとは思えない、大満足のショーですよ!」と、ガイドさんが太鼓判を押すので入場することに。

まず、フェンスに囲まれたエリアに、アイルランドに生息する色々な種類の羊たちの名前と、その説明が30分ほどありました。
随分長い解説だなぁ〜と思いつつ聞いていますと、それが終わりに近づくのを分かっているかのように、フェンスの網の間に鼻先を突っ込んで「早く始めようよ〜〜💨」と、言わんばかりにシープドッグたちがソワソワ(笑)
c0215031_08402845.jpg

羊は本能的に狼が怖いので、犬が追うと逃げるらしいです。🐏🐏🐏💨  🐕
その性質を利用して、羊たちを巧みに誘導しているんですね。
そのシープドッグをコントロールするのは人間。笛とシンプルな指示で…遠くに離れてしまうと声が届かないので、高い音の笛を使っているのでしょう。
シープドッグふさわしい犬種は限られているとか。

追うだけではなく、2つのグループに分けたり、左右に移動させたり…お見事でした‼️
ご主人に忠実で、「頑張ったでしょ?褒めて、褒めて✨」といった雰囲気でがんばり屋さんの犬と、「なんでやらなあかんのん?」といった奔放なタイプが対象的なのも笑えました。✨

c0215031_18004165.jpg
c0215031_19542329.png
c0215031_19543747.png
ショーが終わり、手元にやって来た犬の背中を触りますと…毛足が硬い😳
大自然の中で生活しているんだなぁと感じる手触りでした。

犬使い?の方が、単に仕事としてやっているというのではなく、羊たちやシープドッグ、またアイルランドに誇りを持ち、愛しておられるんだなと感じました。
ショー終了後の質問コーナーでは、時間を縛ることなく、最後の質問まで丁寧に答えておられました。

ガイドさんがオススメしたのは間違いなかった、いや、動物好きな私としては、それ以上に充実した、楽しい時間になりました。

c0215031_19545575.png
映像をアップロードしようとしましたが、容量が大きすぎて無理みたいです…残念😭

[PR]
by connection-eigo | 2016-11-06 17:58

Café @ Connection 第5&6回 10/26&31

皆さま、こんにちは。
10月のCafé @ Connectionの様子をお伝えします。
今月は10月26日(水)と31日(月)の2回行いました。
どちらも初めての方とリピーターの方がいらっしゃいました。

初めは自己紹介からスタート。ちょうどハロウィンでしたが、ハロウィンがすぎれば一気にホリデーシーズンまっしぐらです。アメリカでは11月のThanksgiving Day、12月のChristmasと続きます。ホリデーや旅行の予定からタイムシェアの話にまで広がっていきました。

後半はゲームをして盛り上がりました。UNOとTABBOOというゲームです。TABBOOは自分の持っているカードを当てるゲームでなかなか答えが出てこなかったり、NGワードを言ってしまったりとドキドキしましたが楽しんでいただけたようです☆

c0215031_1650139.jpg


11月のCafe @ Connectionは以下の予定です。
11月21日(月)15:00〜16:00
11月30日(水)14:30〜15:30
ぜひご参加ください!!

参加費は会員様は初回無料、ビジターの方と会員様2回目以降は700円です。詳細はホームページまたは、06-6390-2133までお問い合わせ下さい。

皆様のお越しをお待ちしております。
Thank you very much and have a wonderful day :)
[PR]
by connection-eigo | 2016-11-01 12:30
最新の記事
LINK
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧