今宵はハロウイン

今夜はハロウインです。すっかりハロウインは小さな子供から大人までに知られるようになったイヴェント。今年のハロウインのスイートの売り上げはヴァレンタインを抜いたそう!?昨日、用事でコネクションに行き、堀江界隈をうろうろしたのですが、仮想したキッズでたくさんでした。実はキッズだけではないのです。大人も仮装してパーティに出かけます。今夜は賑やかな夜になりそうです。

c0215031_19105821.jpeg

ハロウインは古代ケルトが祝ったとされるサムへインのお祭りに由来します。この頃は冬至の時期で、10月31日は1年の終わりでした。ケルト人はこの年の終わりのイヴには精霊などがこの世に出現する恐ろしい日とし、身を守るために仮面をかぶり、かがり火を燃やしました。もちろん魔除けだけでなく、豊穣を祈るためのものでもあったのです。
c0215031_19105187.jpeg

古代ローマでは、10月の下旬に亡くなった霊を弔う行事があったそうです。また果物と木女神であるPOMONAを記念するためのお祭りも存在したようです。
c0215031_19110355.jpeg

さて、時代は移り変わり9世紀にもなるとキリスト教がブリテン島にも広まっていきました。7世紀に、教皇ボニファス4世が11月1日を諸聖人を記念する万聖節(All Saints' Day)、翌日の2日を万霊節(All souls' Day)と制定しました。saintはアングロサクソン語では''hallow''となり、eveがなまって、All Hallows EveからHaloweenになったと言われています。

c0215031_19070385.jpg
c0215031_19122571.jpeg

11月2日の万霊節の日は死者のため、とりわけ、煉獄にとどまっている魂のためにいのりました。煉獄とは天国に受け入れてもらえず、また地獄にもいけないさまよえる霊のことです。
c0215031_19122141.jpeg


まるで日本のお盆のようですね。怪談話というと日本では夏。ヨーロッパではこの10月31日から11月2日の3日間が超自然世界に関連する日だったようです。フランスでは11月2日にはお墓にお参りに行くそうです。日本のお彼岸のような感じでしょうか。この時期ヨーロッパは寒さがかなり厳しくなり、日もとても短くなります。今でこそ、ライトがある時代ですが、昔はこの時期になると日をみることがほとんどなく、暗黒のイメージがあったのでしょう。

さて、明日から11月が始まります。日本も暦の上では冬の始まりです。


by connection-eigo | 2016-10-31 22:13

10/26(水曜日)はコネクション心斎橋校にてワインセミナー『イタリア編』を開催しました。今回は7名の方に参加していただきました。
c0215031_22492806.jpg

今回のワイン、まず初めにsparkling wine - Proseccoです。これにはハムとバゲットを合わせていただきました。
c0215031_22501229.jpg

次はwhite wine - Pinot Grigioでほんの少しフルーティで爽快な軽さのワインです。初夏のお昼時にお庭のテラスに座っていただきたいワインです。016.gif もう一本白を用意しました。white wine - GABIです。こちらには、Herb chilled risottoと合わせてみました。なんと005.gifこのリゾットはトマスの奥様の手料理です!058.gifとてもとても美味しかったです。サラダ感覚でいただくリゾット、全然ヘビーでなく、白といいマッチングです。 Thank you!016.gif
c0215031_22455309.jpg
c0215031_23202226.jpg
次に赤に移ります。red wine - Chiantiです。イタリアンワイン色をみるとヘビーな感じがするのですが、とても口当たりのいいワインです。何杯でもいけそう〜029.gif こちらにはチーズやオリーブと合わせてみました。最後の赤 red wine - Primativoはしっかりとした赤です。トマスがアイスチョコを持ってきてくれて、このワインとマリアージュをさせたのですが、なんとも不思議、005.gifワインの後のアフターテイストがベリー系に大変身!とてもとてもバッチリな組み合わせです。これには驚きました。
c0215031_22504619.jpg
こちらの赤2本は90分前に抜栓しておきました。
こちらが今回テイスティングしたワインです。
c0215031_22483765.jpg

今回ご参加頂いたのはコネクションの受講生の方と課外で担当しているクラスの受講生の方にもご参加いただきました。美味しいお酒やおつまみを囲んでのセミナー、あっという間に時間もすぎました。楽しんでいただけたでしょうか?
次回は来年の冬に企画をしています。
c0215031_23180611.jpg
ご参加頂いた皆様、本当に有難うございました。そしてご協力いただいたスタッフメンバーに感謝です。 (T.M.)

by connection-eigo | 2016-10-27 23:21

9:30ホテル前に集合し、バスでケリー周遊路(Ring of Kerry)ツアーに参加。
昨日から一緒のメンバーもいました。
今日はバスからの景色を楽しむ時間が長いので、眺めが良さそうな座席確保を優先し、友人とは離れて座りました。

途中立ち寄った海沿いのレストランの入り口付近でアイリッシュコーヒーの販売をしていました。ウィスキーベースの、温かく甘い飲み物です。
黒いアイリッシュコーヒーと、少し白っぽいもの…これは名前が違ったのですが、覚えていません💦
爽やかな朝から、両方ともおウィスキーベース。しかし、友人も私もお酒に強いので…No problem‼️😁
白い方がクリーミーで甘かったので、私は黒い方を。肌寒い中、海や山を眺めながら、ほんのり甘く、温かいIrish coffeeを、お店の前のベンチに座っていただきました。
c0215031_18412604.jpeg
c0215031_18415125.jpeg
c0215031_18315460.jpeg
c0215031_18310998.jpeg
c0215031_18321481.jpeg

チャップリン、晩年の別荘周辺でバスを降りると目の前に海。夏のそのキラキラ感とは全く異なる、しっとり落ち着いた海と風。
石でオブジェを作りました。友人はお気に入りの石を見つけ、持ち帰りました。🐚
c0215031_18325792.jpeg
c0215031_18332304.jpeg
c0215031_18335358.jpeg

シープドッグショー。こちらは、また別に動画でアップしようと思います。🐑🐑🐑🐕🐕

数カ所の景色のよいフォトスポットを経て、キラーニー国立公園(Killarny National Park)へ。
ずっと、ずう〜っと緑の大自然…深く浅く、解き放たれたように目の前が開けたかと思うと、ときに鬱蒼とした木々に囲まれながら進みました。
ここでは、大阪での1年分の緑の中に浸ったような気分になりました。
映像におさめればよかったなぁ。

公園の中ではありませんが、左右に広がる放牧地には、羊やヤギ、牛がたくさんいました。
羊が断トツ多かったです。🐑🐑🐑
背中や頭をカラーして、妊娠しているか確認出来るようにしているとか…ラム肉を的確に獲得する為だそうです。
c0215031_18344824.jpeg
c0215031_18351984.jpeg
 
c0215031_18355630.jpeg

ツアガイドさんに、アイリッシュダンスが観たいがどこかあるかと尋ねると、ナイトショーへの送迎バスが出ているとか。
ホテルに戻ると、ショーに間に合うように早めの夕食をとるべくレストラン街へ。
9月末にはオイスターフェスティバルが開催されるほど、牡蠣が美味しい国。
なので、是非とも生牡蠣を堪能しようと、落ち着いたシーフードレストランへ。
18:30…オープンしているか微妙な雰囲気でしたので、あいているのか尋ねますと、何だかおかしなやり取りに。ん⁉️
…なんと、その日から働き始めるスタッフと勘違いされていたのです‼️😂😂😂
無事に美味しい生牡蠣をいただきました。🍽
c0215031_18362801.jpeg

アイリッシュダンスも、また別に動画でアップしようと思います。🎵

by connection-eigo | 2016-10-25 18:29


産経学園でのフリートークの講座、9/16の分より受講生の方のプレゼンテーションがアップできていない状態で、誠に申し訳ありません。自分自身の記憶をたどりキャッチアップしていきたく思います。


9/16はS女史のプレゼンテーションでした。内容は『長谷川等伯』慶長15年2月24日(1610年3月19日)に生まれる。安土桃山時代から江戸時代初期にかけての絵師で能登国・七尾の生まれです。20代の頃から七尾で日蓮宗関係の仏画や肖像画を描いていましたが、1571年に狩野派など諸派の画風を学び、牧谿、雪舟らの水墨画に影響を受けたそうです。

墨に五彩あり。まさしく、とても美しくで静かな絵です。こちらはとても有名な松林図です。

c0215031_15463854.jpg
詳しくはこちらをご覧下さい。

S女史のプレゼンテーションはいつも軽快なテンポでわかりやすく話しを進めていかれるので、とても興味をもってもらいやすいです。お疲れ様でした。





by connection-eigo | 2016-10-22 15:55

早朝、6時過ぎ、路面電車ルアスでヒューストン駅へ。ここからはスーツケースを持っての移動なので、かなり余裕を持って朝の支度をすませました。
宿の予約が困難だった為、宿泊先込みの2泊3日の現地ツアーを、「Railtours Ireland」という会社に申し込みました。
駅にはそのツアー会社の事務所があり、そこにたくさんの人が集まっていました。
同じマンスター州、コナート州のツアーですが、その中にも色々なツアーがあり、集まっていた皆さんは様々なツアー内容だったようです。
c0215031_08520593.jpeg
c0215031_08524126.jpeg
c0215031_08531370.jpeg

秒まで表示するホームの時計(笑)ロケット発射⁉️🚀…と、ちょっと笑えました。
スーツケースは決められた車両に預け、4人掛けの座席へ。指定された車両内は、とごに座ってもOKでした。
向かいに座られた、アメリカ、ユタ州から来られていた、素敵なご夫婦と楽しい時間を過ごしました。
「その人といたらhappyになれる…そうな人をMr./Ms.Sunshineと呼ぶんですよ✨」おっしゃっいました。いい言葉だなぁ。😊
「日本では名刺を渡す文化があるんてますよね?名刺をお渡ししても良いですか?」と。
美術作品関係のお仕事を経営なさっているからか、ご主人の名刺は、彼が描いた列車の絵画がプリントされた、ハガキ大のものでした。✨☺️✨
食堂車でのアイリッシュブレックファーストは、かなりのボリューム🍽
豚の血のビスケット⁉️知らずに食べていました😅ボソボソとして、何だこれは?と思いつつ。
車窓からは、ずっしりした重たそうな雲が。
時折、放牧されている羊や馬の姿が見えました。
田舎に向かっているなぁ…と感じました。
c0215031_08533889.jpeg
c0215031_08541300.jpeg
c0215031_08544616.jpeg
港町コーク(Cork)に到着。田舎ののんびりした街。

1446年に領主コーマック レイダー マッカーシーによって要塞として建てられ、長年マッカーシー家によって管理されてきたブラーニー城。
お城が当時の様子を多く残していて、見応えがありました。周辺は緑で溢れる、水分を程よく含んだ空気が清々しい場所。珍しい木々、植物で溢れていました。
お城の上の城壁の一角、仰向けにり、体を乗り出しキスすると…雄弁になるとの伝説。チャーチルもそうしたとか⁈
友人は一瞬で出来たのですが…これ以上頭を動かすと落ちそうで😱怖すぎてリタイアしてしまった😭体を支えてくれているおじさん、大丈夫⁉️と、不安にもなりつつ💦
c0215031_08552221.jpeg
c0215031_08561278.jpeg
c0215031_08563635.jpeg
c0215031_08572300.jpeg
c0215031_08574878.jpeg
c0215031_08581279.jpeg
c0215031_08583337.jpeg
c0215031_08591257.jpeg

イングリッシュ マーケット。珍しいお魚たちを見つけた、活気のある市場。
お魚だけでなく、野菜やお肉、パン、ワイン…色とりどりでした。
c0215031_08594576.jpeg
c0215031_09001899.jpeg
c0215031_09003884.jpeg
c0215031_09010127.jpeg
c0215031_09012370.jpeg
c0215031_09014802.jpeg

コーク(Cork)からコーブ(Cobh)へ移動…名前が出似ている😁
こちらも田舎の港町。ここでは、たっぷりと移民の歴史を学びました。
c0215031_09031704.jpeg
c0215031_09022019.jpeg
c0215031_09024871.jpeg
c0215031_09034278.jpeg
c0215031_09040930.jpeg
c0215031_09043557.jpeg
c0215031_09050201.jpeg

海の近くの聖コルマン大聖堂に立ち寄り、その近くの博物館へ。
コーブは、タイタニック号最後に寄港した港らしく、多くのアイルランド人がアメリカに移住したと知りました。
その航海で多くの方々亡くなったという事も。
統治、大飢饉、独立…決して平穏ではない歴史を抱えた国。
c0215031_09052500.jpeg
c0215031_09055528.jpeg
c0215031_09061668.jpeg
c0215031_09064727.jpeg
ここからボートに乗り、少し沖のタイタニック号に乗り込んだそうです。

夕方、宿泊するホテルの最寄り駅、キラーニー(Killarney )に到着すると…虹🌈🌈🌈✨✨✨
こんな大きな、鮮明な虹は初めて見ました‼️
10秒違えば色が変わります…なんてラッキーなの😄😄😄
c0215031_09072418.jpeg
チェックインを済ませ、アジアンレストランで夕食。周辺は高い建物がなく、小さなお店や飲食店が立ち並ぶ街です。
多種多様な飲食店があるので、限られた回数の食事をどうするのか迷いました。

ここでの宿泊先は、四つ星ホテルのKillarney International Hotel。
トイレ難民になる事もなく、快適な睡眠を取ることが出来ました(笑)

by connection-eigo | 2016-10-17 08:49

約1週間遅れの朝日カルチャーセンター中之島の講座内容です。

10月は神無月。日本各地の神々が出雲大社に集まり、男女縁結びの会議を開くということから、神様が留守をするので『神の無い月』ということで神無月。一方、出雲地方では『神在月』と言われています。

今月の二十四節気は寒露10/8霜降10/23です。寒露は英語ではCold dewと訳されます。霜降Frost descendです。今週ぐらいから急に秋らしい時節となりました。朝方、肌寒さで目覚め、008.gif2、3日前から毛布を出してきました。039.gif

さて、S氏のミニプレゼンは『お湯を沸かす?』『水を沸かす?』というタイトルです。同氏、最近ある記事を目にしたそうです。 タイトルをご覧になると、お分かりかと・・・。この違いは何なのですか?というものです。日本語を教えてらっしゃる方が、質問されました。どうして英語では『水を沸かす』が日本語では『お湯を沸かす』なのですか? さて、皆さんならどう回答しますか?

どうも『を』の働きのようです。単に何かに働きかける場合の。そして働きかけた結果何かになるという場合の。どちらのをに属するかは同氏の意味によって決まるそうです。沸かす水を沸かしたけれどもまだ熱くならないといはいいません。沸かすは液体の熱を加えるだけでなく、熱を加えて熱くなるという結果までを意味しています。したがって、をの前には熱くなった結果であるお湯やお茶そしてお風呂などの言葉がきて、熱くなる前の状態である水は来ないということです。

日本語はとても難しいですね。普段なにも考えずに使っている日本語ですが、なかなか奥が深いものです。
S氏は国立国語研究所の出店から参考されました。ご興味のある方は・・・・、M氏のミニプレゼンは『京都の上賀茂神社と下鴨神社のルーツと言われている神社』についてです。レアな場所を沢山ご存知の同氏、今回は10キロのハイキングに参加されました。近鉄の忍海駅(おしみえき)からバスで南に30分。かもがみというという地名のところです。遠い昔このあたりは豪族の『かもうじ』が支配していたところだそうです。鴨一族がなんと、弥生中期からこの一帯に住み、水田を開き支配していたと伝えられているそうです。興味部会のは、飛鳥時代とかではなく弥生時代という歴史の古いところです。高鴨神社はその一族の土地を守る神様を祀る神社で、この神社が全国の賀茂神社のルーツと言われているところです。勿論、京都の上賀茂神社と下鴨神社のルーツでもあるのです。高鴨神社がハイキングのスタート地点で、ルートは葛城の道を北絵10キロ、途中には『一言主神社』や『九品寺』に立ち寄り、たっぷり彼岸花を愛でこられたそうです。056.gif056.gif 歴史を感じます。本当に。
c0215031_21365776.jpg
葛城の道コースはこちら050.gif
c0215031_21441181.jpg


S女史は政治&サイエンスと論争中の築地についてコラムを英語でまとめられました。同女史はなかなか面白い記事を見つけてはそれをうまくまとめ発表されます。着眼点がなかなか興味深いです。


最後に、今回は『秋』がテーマです。
c0215031_21442775.jpg
いつも皆さんありがとうございます。季節を感じていつも楽しくいただいています。

次回の講座は11/17になります。
See you next month!
(T.M.)

by connection-eigo | 2016-10-14 21:47

皆さま、こんにちは。
本日は9月最後の水曜日に行われた、第4回 Café @ Connectionの模様をお伝えします。

Cafeでは基本的にはフリートークでThomas先生となんでも話して頂けます。アメリカについて、日本での生活について、休暇や旅行など様々なトピックがあります。今回はアメリカ旅行からアメリカの都市について話ました。New Yorkがやっぱり最高で、何度でも訪れたい場所だということで意見が一致しました。

またアメリカの都市のニックネームが話題に上がりました。
New York → The Big Apple
Chicago → The Windy City
Las Vegas → Sin City
New Orleans → The Big Easy
Los Angeles → City of Angeles

皆さんご存知だったでしょうか。新たな発見もあり、面白かったです。

10月の Cafe @ Connectionは2回開催予定です。
10月26日(水)14:30〜15:30
10月31日(月)15:00〜16:00

参加費は会員様は初回無料、ビジターの方と会員様2回目以降は700円です。

また10月はワインセミナーを開催致します。
10月26日 (水) 19:30-21:00

参加費は2500円です。
詳細はホームページまたは、06-6390-2133までお問い合わせ下さい。

皆様のお越しをお待ちしております。
Thank you very much and have a wonderful day :)
by connection-eigo | 2016-10-12 14:00

ダブリン城近くでカロリーオフされているというfish and chipsを昼食に。
揚げ物がなく、お魚もソテーされていて、確かにあっさりしていました。018.gif

話は前後しますが、ダブリンのメイン通りであるO'Cnnel Street(オコンネル・ストリート)には、遠くからでも見える、そびえ立つ塔があります。
Spire of Dublin(ダブリンの尖塔)、光のモニュメントとも呼ばれています。高さ120m、直径3m。005.gif

ダブリンの街中の信号は、滅多に青になりません。しかもその青の時間が短いのです。
戸惑う旅行者を尻目に、サッサと渡る方々。道路には、Look right/Look left.の文字が…そうか、左右確認して大丈夫なら渡りなさいってことなの⁉️039.gif
青は当然go❗️黄色も普通にgo❗️あかは気をつけてgo❗️…という感じ。044.gif
c0215031_13102285.jpeg
c0215031_13173635.jpeg
c0215031_13032275.jpeg
c0215031_13040117.jpeg

お目当てだった国立考古学・歴史博物館は、大掛かりな改装中でまたもや休館。
移動する前に何か…と、すぐ近くにあるアイルランド国立美術館に立ち寄りました。
移動中のトイレ探しは案外難しいので、施設を利用します。🚾
館内1Fに書店があり、そこにはアイルランドに関する書籍、絵はがきなどがカラフルに取り揃えてありました。
そこで色彩ゆたかな絵と歴史が、時系列になっている1冊の本を見つけました。
手に取って見ていますと、50代半ばの女性が声を掛けて来ました。
彼女は小学校の先生で、この本を使ってアイルランドの歴史を教えたいのだとか。
この本を選んだあなたは正しいわ!とも。📗
バスのアナウンスを聞いていてもそうですが、国の歴史への関心度が、日本よりかなり高いと感じます。
日本でも、もっと小さな頃から、世界史の中の日本の歴史…という観点で、自然に触れていけたらいいのにな。001.gif
c0215031_13050035.jpeg
c0215031_13052782.jpeg
c0215031_13104332.jpeg
懐かしい雰囲気が多い中、ちょっぴり都会のおしゃれな通り、Grafton Street(グラフトンストリート)を歩いてヒューストン駅から路面電車でパブ、レストラン、クラブが立ち並ぶTemple Bar(テンプルバー)に。
そこのHard Rock Cafeで最近ドラムを始めた息子へのお土産としてスティックを購入。
その国しかないデザインのTシャツなどが、その国々のHard Rock Cafeで販売されているとか。004.gif
老舗のパブでライブを観ながらビールを楽しむつもりでしたが、18時頃だというのにもうお店はいっぱい。
そこは諦め、barhopping(はしご酒)🍻し、翌日の早朝の移動のチェック。
途中出会った、迷い犬⁉️🐶首輪には丸い金のコインが。えらく焦っていました💨
グラフトンストリート、通りで花を売っていました。🌼

c0215031_13382791.jpeg
c0215031_13071528.jpeg
c0215031_13063960.jpeg
路面電車ルアス。通勤や通学に多く使われている様子。
5:30から5〜10間隔で運行しているし、時間に正確なのでとても便利。
乗り場でカードを購入するのですが、乗り降り、また車内でのチェックが全くない😳
どうやら、たまに抜きうちチェックがあるらしいです😁
c0215031_13075994.jpeg
途中バスの車窓から見たこの少年。暑い中、お客さんがいない馬車に乗りながら、うなだれていました。
友人と、かわいそうだねと話していたのですが、後に別の場所で遭遇することに‼️
ギネスストアハウスに立ち寄った帰り、彼を発見。043.gif
わずか徒歩で15分ほどの距離ですが、駅までお願いしようかと声を掛けると、50ユーロ(5,800円位)だと😱高すぎると交渉するも、交渉決裂(笑)
しっかりしています、大阪のおばちゃん負けました😂
タクシー代わりには使えないですね、定額の観光タクシーという感覚でしょうか。
c0215031_13090313.jpeg
c0215031_13092585.jpeg
c0215031_14412805.jpg
c0215031_14414475.jpg

by connection-eigo | 2016-10-09 12:47

終日乗り降り自由のバス「Hop-On Hop-Off Bus」2日間のチケットで、ダブリン探索。実質使ったのは1日半ですが。
バスに乗ると、カードをかざす場所があります。
1日目、2日目で点灯するランプの色が変わりました。3日チケットまであります。
バスの運転手さんは、街のガイドツアーを歌をまじえて行います。乗客から拍手も003.gif
人によってそれは異なり、録音されたものを流すだけの運転手さんもおられました。
ピンクの短いルートと、パープルの長めのルートに分かれており、互いのバスはオコンネルストリートで乗り換えられる。
どのバス停も、長くても15分待てばバスが来るので、とても便利でした。

c0215031_22314634.jpeg
c0215031_22115263.jpeg

c0215031_22122950.jpeg
c0215031_22130477.jpeg
c0215031_22133497.jpeg
c0215031_14423873.jpg
c0215031_14424920.jpg
オスカーワイルドの生家近くの国立公園。
「幸福の王子」を書いた、アイルランドの有名な作家。彼の像は着色されておらず、天然の彩り鮮やかな石で作られていました。
公園内には野生の鳥たちが多くいて、間近までやって来ます。
住民の方々が朝食を持って、各々にくつろいでおられたり、昼寝されていたり、犬の散歩をなさっていたり…気楽に立ち寄れる雰囲気の、気持ちの良い場所。
c0215031_22140374.jpeg
c0215031_22142516.jpeg
c0215031_22153810.jpeg
c0215031_22160980.jpeg
c0215031_22164386.jpeg
c0215031_22171126.jpeg
Dubh linnは、ノルマン人のバイキングが、ゲール語で「黒い水たまり」と呼んだことからついた名前らしいです。
修復工事中で入り口がどこなのか迷ったダブリン城。復元されているものがほとんどなので、想像力を働かせ、過去の様子を思い浮かべました。
現在はでは、一部大統領の就任式や国際会議の会場として利用されているそう。
ガイドツアーについて、2時間ほどたっぷり過ごしました。
館内のドアにはアイルランドの国章であるハープが。
アイルランドと言えば、ギネス…と言われる由縁に納得するほど、ギネスの工場がダブリン市内の広い面積を占めていました。
そのギネスのマークがハープ。ところが、そのハープと実際のハープとは向きが違うとか。
ガイドの方は、経済に貢献してもらっているので、文句は言えないんです😁と、冗談めかしに話しておられました。
街の中にあるお城。ですので、周辺はほどよく賑やかでした。
c0215031_22181442.jpeg
c0215031_22183998.jpeg
c0215031_22190777.jpeg
c0215031_22193526.jpeg
c0215031_22195374.jpeg
c0215031_22201625.jpeg
c0215031_22204309.jpeg
c0215031_06592723.jpeg
c0215031_22212356.jpeg
c0215031_22215084.jpeg
c0215031_22222605.jpeg
c0215031_22225516.jpeg
c0215031_22231538.jpeg
アイルランド最大の教会、セントパトリック大聖堂。ここでは擦り絵⁈のようなものにトライ。(何と説明したら良いかわからない)
分厚いチャプタードアには、縦長の穴が。
争いの和解の際、握手をするために開けられたものだとか。
和解なのに、顔をあわせられないというのが、時代を物語っているなぁ。

ダブリン市内、様々なバスが走っている。その多くが二階建てバス。
そのバスが、狭い道や凸凹道を、巧みに行き交うのが驚くほど見事で😳
こんなところに?という場所にも軽々と縦列終車。また、多少木にこすっても気にしない(笑)
効率的にダブリンの街の骨組みを知るのに、このバスを使って良かったと思いました。
バスでの街探索、まだまだ続きます006.gif
c0215031_22235432.jpeg
c0215031_22243608.jpeg


by connection-eigo | 2016-10-02 22:11