<   2016年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

留学ブログvol.14***My study abroad experiences***

Hello, everyone.
Hope you are having wonderful week so far ☺

2月もあっという間に中旬ですが、暖かくなったり、寒くなったり、風が強かったり、お日様がぽかぽかしていたりとお天気も目まぐるしく変わっていますね。早く春になってほしいです。

では本日も留学ブログスタートです。
留学エージェントに就職し、働きはじめたのが夏でしたが、夏は一番忙しい季節でした。
なぜなら、夏休みを利用して短期留学する学生が多いからです。日本からも沢山の留学生がショートステイ・短期滞在でシアトルに来ていました。1週間から10日、2週間、1ヶ月など様々なコースがありました。皆さん、通常は語学学校のサマープログラムや大学の夏季コースなどを受けるために留学していました。シアトルに来るには夏が一番良い季節でしたので、留学生活を満喫していたようでした。平日は学校でしっかり勉強し、週末は友達やホストファミリーとシアトル観光やキャンプ、旅行にいく方もいました。
c0215031_9143629.jpg

短期留学の場合はホームステイをする学生さんが多く、ホストファミリーと毎日一緒に過ごす中で、英語とともに、アメリカの文化や生活も学んでいたようです。短い滞在でもホストファミリーとあっという間に仲良くなり、最後の別れは寂しく辛かったようです。日本に帰ってからもホストファミリーと連絡を取り合って、のちに再び訪れる学生さんもいらっしゃり、ホストファミリーもとても喜んでいました。海外に行って、その国の人と交流する、さらに同じ屋根の下で暮らすということは特別な経験なのだと改めて感じました。

9月からは新学期が始まるため、長期留学の学生がシアトルへやってきます。日本からだけでなく、世界中から留学生がやってくるため、秋もとても忙しい時期でした。毎年、気づくと夏が終わり、秋になっていた気がします。少し落ち着いてくると、私自身も旅行に行ったりしました。Road Tripとしてシアトルから車でお隣の州のオレゴン州や、国境を越えてカナダへ行ったりしました。
c0215031_9111539.jpg

オレゴン州のポートランドへはシアトルから車で4、5時間で行くことができました。ポートランドは緑の多い、クリーンな街でした。アーティステックなおしゃれな街でもありました。ポートランドはお買い物をしたときに消費税がつかないので高価なものを買うときはポートランドへ行くという人たちもいました。シアトルは消費税が当時で9%以上だった気がします。アメリカでは州によって消費税が違うのも特徴的です。旅行に行かれる際はTax・消費税がいくらか確かめてみてくださいね。


次回はカナダ・ビクトリア島へのDay Tripについてです。お楽しみに!!
Thank you very much for reading.
Have a nice evening.
by connection-eigo | 2016-02-15 18:42

梅田産経学園 『フリートーク』2/5

先週2/5に初めて梅田産経学園でフリートークが始まりました。018.gifこのクラスは元々はJTBカルチャーセンターでスタートしたものです。後、JTBカルチャーセンターは朝日カルチャーセンターと合併し、2年前に梅田校が閉館した際に、なんばパークス産経学園にてお世話になりました。ずーっと午前のクラスだったのですが、2月からは午後クラスになりまた違う場所なので少々慣れない感じでスタートしました。心機一転066.gifこれからもよろしくお願いします。058.gif

さて、S女史のプレゼンの日です。ハプスブルグ家第2弾です。前回はスペイン系ハプスブルグ家でしたが、このパート2では17世紀オーストリアハプスブルグです。この時期の時代背景はなんといっても宗教戦争が挙げられます。三十年戦争(1618~48年)は、ドイツ内の新旧両派の対立による宗教戦争として始まり、西ヨーロッパの新教国、旧教国それぞれの介入によって大規模な国際紛争となりました。また、フランスがカソリックでありながらも、スペインとは敵にあったので、途中で新教支援に転換しました。これはもう単なる宗教戦争にとどまらず、ヨーロッパの覇権を巡る国際的な戦争だったのです。この時期ハプスブルグ家は弱体化したものの、オスマン帝国の第二次ウィーン包囲(1683年)撃退の後に、再び、力を取り戻し、オスマン帝国を破りオスマン帝国支配下にあったハンガリーを奪還しました。074.gif

ハプスブルグ家が繁栄する中で、バロックアートがとても流行しました。ポルトガル語の 'barocco' から由来していて、真珠や宝石のいびつな形を意味します。付け加えると現在の意味での「バロック」という語は、後世の美術評論家によって作り出されたものであり、当時の芸術家は古典主義であると考えていました。中世のフォルムや、建築のオーダーや、ペディメント、など、ギリシア・ローマの題材を利用していたからです。このようなアートにハプスブルグ家は多大なるパトロンであったわけです。
c0215031_16491800.jpeg
c0215031_16494599.jpg

ハプスブルグ家というとマリアテレジアが有名です。1740年にカール6世が男子を欠いたまま没したため、神聖ローマ皇帝位を喪失し、オーストリアは長女マリア・テレジアが相続したものの、それを不服とするプロイセンなど列強との間にオーストリア継承戦争が勃発したのです。
c0215031_16495677.jpg

1789年のフランス革命は、ハプスブルク家に衝撃を与えたました。ルイ16世とマリー・アントワネットの処刑はハプスブルク家に脅威を与えました。プロイセンと共にフランスに出兵したのですが、フランス革命政府軍に敗れ、さらにナポレオン・ボナパルトの台頭を許して、やがて全ヨーロッパがナポレオン戦争の災禍に呑み込まれ行く動乱の時代に突入していくのでした。
c0215031_16522344.jpeg

S女史がプレゼンでおっしゃっていたのは、この時代のヨーロッパ史は非常に複雑ということです。日本を含めアジアは各地域ごとに王国が誕生し、近隣の影響はあるものの、欧州ほど絡み合っていないということです。基本宗教というバックグランドが同じであることと、政略結婚は国間で行われていたので、もちろん政治にも大きく関わるがでるということで、ややこしいのでしょう。

ややこしい内容をとてもわかりやすくまとめたプレゼンになったと思います。次回は何でしょうか?楽しみです。
次回のフリートークは2/19です。T女史のプレゼンとなります。




by connection-eigo | 2016-02-13 16:54

プレ・オープン古本バザールを開催します!

MUSE甲子園口校が春に開校するにあたり、内装工事も着々と進んでいます。016.gif2月中旬に完成予定です。2月下旬の週末にかけて、古本バザールを開催します。お気軽にお立ち寄り下さい056.gif

c0215031_15494772.png

by connection-eigo | 2016-02-13 15:54

ミューズが新しく近鉄文化サロンで講座を担当します。

4月より近鉄文化サロン阿倍野にて新しい講座をミューズイングリッシュ講師が担当することになりました。

⚫︎大人のための『やり直しの英語塾』講師:居川 直美
⚫︎日常のおもてなしの英会話  講師:南出 照美
⚫︎『接客業』おもてなしの英会話 講師:辰己 恵理

以上3講座です。詳しくは当カルチャーセンターのウェブサイトをご覧ください。(こちらをクリック)3月にトライアル開催されます。

またミューズイングリッシュでは、朝日カルチャーセンター(中之島・京都・川西)和泉生涯学習センターそして、梅田産経学園のカルチャーセンターでも受講しております。ご興味のある方は、各カルチャーにてお問い合わせください。

by connection-eigo | 2016-02-11 22:03

Nippon Bunkaあらかると at Connection

今日はコネクションで初めて教養英語『Nippon Bunkaあらかると』の講座を開催しました。7回目の今日は、神社とお寺についての違いについてです。わかっているようで、実はわかっていない、日本の文化にクローズアップ。今回のトピックはreligion(宗教)なので、なかなか、日々の生活では話さないトピックですよね。日本人は節目節目の行事に神社にお詣りしたり、法事や葬式ではお寺に行ったり、日々の生活の中で自然に触れているしきたり。これが宗教という意識は意外に少ないのかもしれません。

今や世界、においては宗教という名のもとで、殺伐とした世の中になってきています。宗教とは本当は心のよりどころであるべきものが、様々な要因がくっつくと、常に争いとなり、戦争にへと広がります。古代からこれは変わらない事実です。
さて、この教養文化では、宗教をとりあげたのは、現在の世界が抱える問題について討論するのではなく、歴史やしきたりから、日本の宗教観とは何ぞや??について、お話ししていきました。

次回のNippon Bunkaあらかるとは最終回、3/4『この時代にタイムトリップ』です。皆さんは日本のどの時代を垣間見たいですか?034.gif

Thank you and see you next month!

(T.M)



by connection-eigo | 2016-02-05 19:51

朝日カルチャーセンター中之島教室 『英語で話す日本文化』2/4, 2016

昨日、2/4は立春でした。二十四節気の最初の季節が立春です。朝はまだ冷えるのですが、日中にもなると、太陽の陽射しは、随分、強くなりました。

朝日カルチャーセンター中之島での『英語で話す日本文化』。前回トライアルで参加された方が、今回よりレギュラーとなって下さいました。018.gif

いつものように、2月の歳時記について資料とともに進めていきました。もちろん節分は大きな行事ごとです。同じく立春を祝う大切な行事ごとは春節ではないでしょうか?今回はこの春節について、レクチャーを進めていきました。 日本も江戸時代までは旧暦のお正月をお祝いしていたのですが、明治以降、太陽暦の1月1月が新年のお祝いとなります。東南アジアではこちらが珍しく、中国や、朝鮮半島、マレーシアやインドネシアなどなど、旧暦で春節を祝います。もちろん太陰暦を用いてなので、毎年、春節のお正月は違う日となります。今年は2/8が春節となります。
''kung hey fah toy!" 英語では''I wish you a prosperous New Year''となります。

M氏の今回のミニプレゼンは日本の旅行代理店、JTBが訪日客向けに『農家民泊』を提供しはじめるというニュースについてでした。現在多くの海外からの観光客の方が来日されています。先日新聞の記事に出ていたのですが、買い物そして食事が目的のようです。残念ながら、日本文化に興味があって観光されるかたは少々低いような気がしました。M氏曰く、農家民泊はとてもいいアイデアであると、プレゼンの中で、お話されました。間もなくTPPの影響で、農家のあり方も変化してくるとのこと。少しでも多くの方々に、日本の農業を体験してもらうのもいいのではないかとのことです。確かにそうですね。006.gif

Y女史は竹中工務店が運営する竹中大工道具館についてお話しされました。新神戸にある、この道具館は、大工道具をめぐる世界の広がりと豊かさを感じていただけるように、大工道具の歴史や種類、しくみを紹介する「歴史の旅へ」「道具と手仕事」「世界を巡る」、道具や手仕事の美を感じていただく「名工の輝き」「和の伝統美」ものづくりの心を棟梁の仕事を通して伝える「棟梁に学ぶ」。木を十分にいかす知恵の数々を見ていただく「木を生かす」と7つの展示会場に分かれているそうです。同女史曰く、とても落ち着いた空間でとても気に入ってらっしゃいました。(私も初めて知りました!)また、日本の宮大工の職人さんの存在や、鍛冶屋さんの歴史についても触れられました。非常に興味深かったです。一度訪れようと思います。このミュージアムについてホームページがありました。ご興味ある方はこちらをクリック

今回初めてのS女史は、全くの初めてということで、自己紹介をされました。どうぞ宜しくお願いいたします!

今回はS氏は残念ながら欠席されました。次回の講座は3/3上巳の節句の日です。
この度もお疲れ様でした!

(T.M)



by connection-eigo | 2016-02-05 19:31

留学ブログvol.13***My study abroad experiences***

Hello, everyone! I hope you all have a wonderful day ☺

My favorite places (to eat) in Seattle!
本日はシアトルで私のお気に入りのスポットやFoodをご紹介します。

まずはSeattle downtown にあるPike Place Market. 以前にもブログで紹介しましたが、このPike Place Marketはシアトルの人気観光スポットのひとつです。
c0215031_21224896.jpg

市場やファーマーズマーケットといった雰囲気で、新鮮な野菜・果物、お肉にお魚、ホームメイドクッキーやケーキ、おみやげ用の雑貨や小物、採りたてのお花、そして沢山のレストランやフードスタンドなどがあります。特に名物は魚を投げるパフォーマンスをするFish marketです。お客さんが購入した魚を一人が投げて、もう一人がキャッチします。このパフォーマンスが始まると皆Fish Marketの周りに集まってきます。見ているだけでもとってもたのしかったです。そしてPike Place Marketといえばスターバックス1号店で有名です。お店自体は小さめでコーヒーを購入する人たちが常に並んでいます。このお店のみのオリジナルマグカップや雑貨、コーヒー豆があり、記念に購入したマグカップとタンブラーはいまだに使っています。
c0215031_21233445.jpg

そして私の一番のお気に入りはピロシキのお店、Piroshky Piroshky Bakeryです。スターバックスから数店行ったところにあります。ピロシキはロシアのパンで、ふんわりと柔らかいパンの中に、様々な具材が入っています。サーモンやスピニッチ&チーズ、甘いクリームやジャムの入ったピロシキもありました。ここでピロシキを買い、スターバックスのコーヒーやラテを持って少し先にある広場へいき、そこで食べます。海が目の前に広がり、天気の良い日はキラキラと輝き、木々や花々が咲いている時もあります。地元の人たちもよく来るようで、犬を連れている人がいたり、家族連れで訪れる人も多いようです。
Pike Place Marketは海のそばでFish Marketがあるくらいですので、美味しいClam Chowderも人気です。Bread bowlに入れて食べるのがお気に入りでした。Sleepless in Seattle(邦題/巡り会えたら)の撮影も行われたSeafood restaurantもあります。
また小腹が減ったらミニドーナッツ!シナモンシュガーやチョコレート、パウダーシュガーがかかったミニドーナッツは熱々でペロッと食べてしまいます。

次にオススメの場所はGreen lakeです。Downtownから少し北に行ったところにある湖です。
シアトルは湖がたくさんあります。緑が豊富で、自然に触れられる場所です。お天気の日には地元の人たちが揃って出かけ、ピクニックやBBQ、ウォーキングやヨガ、サイクリングをしたり、近くのカフェでブランチを楽しんだり、コーヒーをテイクアウトしたりしていました。

University Districtも面白い場所でした。学生街なので、人も多く、ローカルなレストランやビンテージショップも多く、もちろんUniversity of Washingtonもあります。春には大学内にある桜が満開になり、アメリカにいながらも桜を存分に楽しむことができました。近くには新しくできた(当時)モールもあり、最新ファッションショップが立ち並んでいました。仕事でUW近くに来た時の帰り道や週末に友達と出かけたり、楽しい時間を過ごしたなぁと懐かしい気分になります。
c0215031_2119275.jpg


まだまだシアトルにはたくさんのオススメスポットがあるのですが、本日はここまでです。
ブログを読んでくださり有難うございました。
Thank you very much for reading!!!
See you next time (*^_^*)
by connection-eigo | 2016-02-01 21:26

講師やスタッフが綴るブログです。


by connection-eigo
プロフィールを見る
画像一覧