<   2015年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ハロウインです!

今夜はハロウインですね。年々ハロウインはクリスマスに負けないほど、知名度を上げて行事としてかかせない一つとなってきました。子供が仮装してTrick or Treat!とキャンディーをもらいにご近所さんの玄関をノックノック。楽しい行事ですね。いやあ、実は大人も仮装パーティや行列したりでハロウインの夜は街が賑やかになります。

c0215031_19105821.jpeg

ハロウインは古代ケルトが祝ったとされるサムへインのお祭りに由来します。この頃は冬至の時期で、10月31日は1年の終わりだったのです。ケルト人はこの年の終わりのイヴには精霊などがこの世に出現する恐ろしい日とし、身を守るために仮面をかぶり、かがり火を燃やしました。もちろん魔除けだけでなく、豊穣を祈るためのものでもあったのです。
c0215031_19105187.jpeg

古代ローマでは、10月の下旬に亡くなった霊を弔う行事があったそうです。また果物と木女神であるPOMONAを記念するためのお祭りも存在したようです。
c0215031_19110355.jpeg

さて、時代は移り変わり9世紀にもなるとキリスト教がブリテン島にも広まっていきました。7世紀に、教皇ボニファス4世が11月1日を諸聖人を記念する万聖節(All Saints' Day)、翌日の2日を万霊節(All souls' Day)と制定しました。saintはアングロサクソン語では''hallow''となり、eveがなまって、All Hallows EveからHaloweenになったと言われています。

c0215031_19070385.jpg
c0215031_19122571.jpeg

11月2日の万霊節の日は死者のため、とりわけ、煉獄にとどまっている魂のためにいのりました。煉獄とは天国に受け入れてもらえず、また地獄にもいけないさまよえる霊のことです。
c0215031_19122141.jpeg


まるで日本のお盆のようですね。怪談話というと夏。ヨーロッパではこの10月31日から11月2日の3日間が超自然世界に関連する日だったのですね。今でこそ、ライトがある時代ですが、昔はこの時期になると日をみることがほとんどなく、暗黒のイメージがあったのでしょう。

さて、明日から11月が始まります。11月8には立冬ですね。


Happy Halloween!



[PR]
by connection-eigo | 2015-10-31 19:14

Cafe Talk in October

18:00頃すぎまでは、薄雲にかかった満月を見ることができたのですが、19:00頃から雨が降り始めました。057.gif057.gif 久しぶりの雨ですね。はじめはポツポツだったのですが、今ではすごい勢いで雨が地面に叩きつけられるような音がしています。

そんな雨の中、今夜はMUSE加島校にてCafe Talkを開催しました。始めはみなさん、緊張した様子でしたが、025.gif 次第に打ち解け合うようになりました。006.gif ビジターで参加してくれた方、ミューズで勉強しているけれどもcafe talkが初めて、そしてレギュラーに参加してくれている受講生、さて、今夜のcafe Talkいかがでしたか? 机上の上の学習とは違う英語の雰囲気を体験していただけたかと思います。雰囲気を和ませてくれた参加者もいました。そのとたん、みんなが打ち解けれていけたと思います。英語ではbreak the iceという慣用句があります。一度、壁がなくなったら、リラックスした感じでお話しを楽しむことができます。ジョークも飛んできます。笑いがでてきます。003.gif これぞコミュニケーション力ですね。とても大切です。

さて、11月は都合によりcafe talkはお休みです。なので12月が今年最後のcafe talkとなります。クリスマス間近なので、特別にケーキを出します!雰囲気もルンルンクリスマス、楽しいトーク会にしていきましょう。067.gif

今夜参加いただいた皆さん、ありがとうございました。We hope to see you in December.071.gif070.gif

参加ご希望の方はお気軽にご連絡ください。 06-6390-2133



c0215031_22325766.jpg

[PR]
by connection-eigo | 2015-10-27 22:35

留学ブログvol.7 ***My study abroad experiences***

Hello everyone. Hope you are enjoying Fall season.
皆さん、こんにちは。
10月も最終週で、だんだんと寒くなってきましたがいかがお過ごしですか?
今週末31日はハローウィンですね。年々日本でも仮装したり、イベントがあちこちで行われ、賑わっているようです。

それでは本日も留学ブログ7回目スタートです。
12月の初めにfinal exam(期末テスト)が一週間ほどあり、それが終わると、待ちに待ったWinter vacationでした。クリスマスやNew Year’s dayなどアメリカ中がホリデーシーズンを喜び、祝福しているようでした。日本でも年末年始はクリスマスやお正月の飾り付けがいっぱいで、季節を感じますね。

夏が終わり秋が訪れると、アメリカではイベントシーズンの到来です。
まずは10月31日のハローウィン。パンプキンを取りに行ったり、Jack’O lantern を作ったり、仮装する衣装を選んだりしながら、当日を待ちます。当日は、子供達は仮装してTrick or treatと言いながら、近所のお家を回り、お菓子をもらいます。学生や大人たちもそれぞれにHalloweenパーティーを開催したり、仮装したりします。また、飾り付けが本格的な家もあり、お化け屋敷のようなお家もありました。

Halloweenの後は11月の4週目の木曜日のThanksgiving day感謝祭です。
家族や親戚、友達が集まり、大きなターキー(七面鳥)Turkey and gravy, stuffing, pumpkin pieなどの美味しいお料理をいただきます。ターキーは眠たくなる成分が入っているらしく、また前菜、メインそしてデザートまで沢山食べるので、Food comaになり眠くなります。お料理をいただいた後は、それぞれリラックスしたり、アメリカンフットボールの試合を見たりします。

Thanksgiving dayの次の日はBlack Fridayと言ってホリデーシーズンのショッピングセールの開始日です。お店によっては大特価商品があるので、お客さんは真夜中から並んで、開店を待ちます。そのため、大きなショッピングモールでさえ、駐車場がない!という状況も多々あります。Black Fridayもイベントのようなもので、買うものがなくてもとりあえずお店に出向きたくなります。ショッピングから戻るとThanksgiving day からのleftover(残り物)をいただきます。大きなターキーを食べきるため、しばらくはターキー料理のアレンジが続きます。サンドイッチやスープ、グラタンやパスタに入れたり、日本のおせち料理みたいですね。
そして、最近ではCyber Mondayと言って、Thanksgiving dayの次の月曜日はネット上での大セールがあります。Black Fridayよりもお買い得商品が多くあるようです。Thanksgiving dayが過ぎると、一気にクリスマスモードです。

留学ブログとは話がそれてしまいましたが、私が通っていたワシントン州立大学があるPullmanという町はThanksgiving dayと同時に大量の雪が降りました。そして雪は降り続けて、積もり続け、4月上旬まで雪の世界でした。常にマイナスの気温が続き、寒さが苦手な私にとっては本当に辛い時期でした。何度も雪の上で滑って転んだ思い出があります。
そんな中でも大学のキャンパスでは靴下にサンダルを履いた学生やジャケット無しの薄着な学生もいて、寒くないのかなぁ、見てるこっちが寒いよ、などと思いながら、体感温度がきっと違うのだなぁと羨ましくもありました。
c0215031_18121881.jpg


本日はここまでです。
Thank you very much for reading.
Have a nice day!! See you again soon.
[PR]
by connection-eigo | 2015-10-26 18:19

今日もがんばるぞ!

今朝、フランスから悲報が届きました。 先日、ボージョレ地方はジュリエナでお世話になった友人宅のご近所さん。美味しいワインを息子さんたちが作っていて、そこのお父様が突然、亡くなられました。初対面なのに、とてもオープンでユーモラスな方。とても素敵なご家族でした。突然の悲報です。実は2週間近く前も、公私共々、お世話になった知人が突然亡くなりました。
突然、天に召されるのは本当に残された者には辛いことです。

先日こんな言葉を本で見かけました。般若心経によく出てくる『空』です。空とは、大自然という意味。朝起きて、太陽を拝むことのできる幸せ。目が見える、耳が聞こえる、手が動くこと・・・。普段は当たり前のことに思っているようだけれども、こういうことができる空の力に感謝をしないといけないです。一日一日を大切に一生懸命生きること。そして感謝をすること。誠に実感するばかりです。

合掌

[PR]
by connection-eigo | 2015-10-26 12:17

なんばパークス産経学園『日本の歳時記』

10/25は十三夜
今日の歳時記のクラスの前に、前回紹介した亥の子餅を探しに、阪急百貨店へ。やはり亥の子餅は11月のもんみたいで、(実際に大阪の和菓子屋さんで販売しているのかわからないのですが)そのかわりに十三夜の菓子をゲットしました。
c0215031_20414088.jpg


いつも前倒しで紹介している日本の歳時記。今日は11月でした。11月というと七五三に勤労感謝の日。これを英語でいうと、Labor Thanks Giving Day. 1948年前までは日本では新嘗祭と言われていました。宮中にて行われる祀りごとです。新米を神にお供えし、神と共に戴く。収穫のお礼ですね。

この時期は日本だけでなく、アジアはもとより、欧米などでも収穫を祝ってお祭り行事が開かれます。アメリカでの感謝祭は彼らにとってクリスマスやイースターと同じくらい、とても大切な日となります。
日本の秋の話題と共に、アメリカの感謝祭についてお話ししました。

レッスンの最後に、前回の復習としてハロウインの由来について、キーポイントとなるところを英語で説明していただきました。

次回の歳時記クラスは1ヶ月後の第四日曜日。日本の師走、そしてクリスマスについてみていきましょう。皆さんのご参加を楽しみにしています。

満月に見えるのですが肉眼ではそうではありません。
c0215031_20414601.jpg

[PR]
by connection-eigo | 2015-10-25 20:51

なんばパークス産経学園『フリートーク』 10/23

昨日、10/23のフリートークはK氏のプレゼンでした。タイトルは『河井継之助について』018.gifです。 慶応4年8月16日(1868年10月1日))は、江戸時代末期の武士で越後長岡藩牧野家の家臣、幕末の浮雲児と呼ばれていました。山田方谷らにまなんで、江戸や長崎に遊学する。開国論さyとなり、藩政改革にも成功して洋式兵法を導入。
戊辰戦争の最に武装中立策をとったのけれども政府軍は認めなかったために激戦とたりこの戦闘でで負傷し、明治2年に戦死。

K氏は今年の4月のプレゼンに「新撰組~土方歳三」についてお話しされました。幕末は日本の歴史において激動の時であります。また様々な武士がこの幕末から明治にかけて近代日本のフォーメーションを作ってきました。土方歳三が幕府擁護派であるならば、河井継之助は開国論者。でも彼のもつ近代的アイデアに政府軍がついていけず、折り合いがつかなかったようですね。005.gif

私自身、日本史というと、天平時代や奈良時代が個人的に好きで、戦の多かった時代に関しては自ら本を読んでもっと知ろうという気持ちはなかったのですが、K氏のおかげで、興味のなかった時代を知りたいと思うようになり、何冊か幕末についての本を読み始めました。明治を迎えた日本、その舞台裏には様々な人が関わってて、幕府派と薩長軍(後の政府軍)でいろいろなことが起こっていたのだな〜と。

タイムスリップのマシンがあれば、幕末から明治を垣間見たい気になります。

K氏プレゼンお疲れ様でした。Thank you

越後長岡 河井継之助記念館が新潟にあり、ホームページを発見。もっと詳しく知りたいお方はこちらをクリック
c0215031_15472190.jpeg
次のフリートークは11/13です。S氏によるプレゼンです。


[PR]
by connection-eigo | 2015-10-24 15:48

講師による『勉強会』

ミューズイングリッシュでは定期的に講師同士による勉強会を実践しています。指導する側だからだからこそ、常に向上心を持って学ぶという姿勢が大切だと考えています。066.gifネイティヴ講師による勉強会、そして日本人講師中心で行われる、時事関連英語の勉強会etc....060.gif
先日、講師一同が頑張って勉強しているシーンを写真に収めました。

c0215031_22375583.jpg
様々な質問が飛び交ったり、テキストの情報交換だったり。皆さん熱心です! 学ぶシーンっていいですね!

私の好きな引用句の一つ。006.gif

I am learning all the time.
The tombstone will be my diploma.
- Eartha Kitt
(私は常に学んでいる。墓石が私の卒業証書だ。)

人生、学びをやめたら終わりやと思っています。
私も含め講師一同これからも頑張るぞ〜! (T.M)066.gif066.gif

[PR]
by connection-eigo | 2015-10-21 22:40

Hello from Vancouver!!

御幣島校のNomi先生のグループレッスンを受講中のA姉妹。8月よりカナダはバンクーバーに語学留学されています018.gif 先日、お二人のイキイキとした写真を入手しました。056.gif とても頑張ってらっしゃいますね。語学留学は1週間からのプチ留学からも可能なんです。外国語を学ぶということは、机上だけのものではなく、人と人のつながりであったり、異文化を知るということも大切です。一人旅もよろしく、また留学を体験することで、いろんな国の人々と出会うというのも、視野がひろがり、とてもいい機会になります。
もうすぐするとお二方帰国されます。お土産話、楽しみにしています。

短期留学や留学一般などご興味のある方はお気軽にお尋ねください058.gif

c0215031_22250743.jpg
c0215031_22251374.jpg

[PR]
by connection-eigo | 2015-10-21 22:26

Markのワインテイスティング

10/10土曜日、コネクション心斎橋校にて、ワインテイスティングを行いました。今回のテーマは『ブルゴーニュワイン』です。ブルゴーニュワインのぶどうの品種は白のシャルドネそして赤のピノノワールのみで生産されています。縦長につづくブルゴーニュの畑、ワインの味はなかなか複雑です。お値段もピンキリでどんなものを選んだらいいのか、難しいですよね。グランドクリュ(Grand Cru)の高級ワインを選ばずともお手頃で美味しいワインを飲むことができます。またお料理とのマリアージュでもワインの味はとても変わります。もちろん、ワインそのものを美味しくいただくということも大切なのですが、フランス人は、フードがキングでワインがクイーンと言います。まずはいただく食材から次にワインを選ぶというのが大切なのですね。

今回テイスティングしたワインは8本。まず白からです。Pouilly Fuiseeとても樽のきいたもの。そして、Chablisこちらは爽快感のあるワインでした。006.gif

次に飲み比べたワインは、MeursaultRully、こちらのRullyはCote de Chalonnaiseの畑のものであまりよく知られていないのですが、とてもミネラル感があり、ご参加いただいたみなさんから美味しい!と好評をいただきました。

赤はMercureyFixinを。最後の飲み比べに、MarsannayPommardをいただきました。個人的な意見なのですが、私はこのPommardが大好きです。エレガントでどこかマイフェレイディを思い出させるような。感じでしょうか。

ヴィンテージによってこなれ方も変わってきますが、飲み比べをして如何でしたか?様々なワインの性格を感じ取っていただけましたか?なかなか、飲み比べをすることってできないので楽しんでいただけたと思います。017.gif

c0215031_22063506.jpg

ブラインドテイスティングは、フランスのワインではなかったのですが、南アフリカの2012年pinotageを入れました。
c0215031_22062987.jpg
c0215031_22061983.jpg


お忙しい中ご参加いただきありがとうございました。



[PR]
by connection-eigo | 2015-10-11 22:07

なんばパークス産経学園『フリートーク』 10/9

10/9のフリートークのプレゼンターはO氏でした。

『今、日本が熱い!!』O氏のプレゼンが続く。ラグビーで知名度をあげた日本。そして今年のノーベル賞には物理学者の梶田隆章氏と微生物学者である大村智氏が選ばれた。
O氏曰く、さむらい精神のコアである『sincerity(誠意)genuineness(誠実さ)beauty(美)』が存在するからではないからだろうか。とお話された。日本人は正直者で寛大である。2011年の東日本大震災と津波のときにも、被災者の人々は秩序をくずすことなく互いに助け合うという精神を忘れなかった。これはもちろん、海外メディアに報じられた。
日本は治安において安全である。海外の方が日本に来て驚くこと、それはいたるところに自動販売機が設置されていることらしい。確かに屋外に自動販売機が設置されているのは海外でみたことがないですね〜。次に日本には四季がある。これは日本の美しさの一つである。

O氏は最後に、日本の文化水準についても挙げられた。江戸時代において、士、つまりさむらいの識字率は100%,商、商いをする者、また農民においても40%の識字率だったらしい。
国の象徴である天皇の存在は日本人にとっておおきな支えとなっている。ここだけを伝えるとどうも右派的に聞こえるかもしれないが、歴史という観念からみて、古代日本を遡り今日に至るまで、天皇家は2,675年以上続いているということ。
日本人は清潔な民族といわれている。銭湯の歴史ははるか昔にさかのぼる。調べたところ、鎌倉時代には一般の人向けに銭湯が営業されていたとのこと。すごいですね。

O氏の参考文献は下記の通り。おすすめの本は
日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか。 黄文雄
日本人は外国人にどうみられていたか 三笠書房
21世紀の日本最強論 文春新書

このあと、ディスカッションタイムに入った。日本は引き続き、世界に貢献できるのか?先ほども触れたが、現在、ノーベル賞を受賞されてらっしゃる方々はほとんどの方が50歳以上である。最近のニュースでは日本の教育レベルがどんどん低下している傾向にあることがあげられた。
また、『タフさ』について。実際、私も感じたことだが、ヨーロッパや日本の近隣諸国の学生には生きていくための強さがある。日本は本当に住みやすい国である。そして平和。サービス精神、ホスピタリティーを大切にするからなのか、今では教育もサービス化(少子化だから仕方ないか〜)箱入り息子・娘に育てられているから、タフにはなかなかなれない。英語の資格などに重点をおくのもわかるし、英会話を重要視することも大切だけどそれだけでは生きていけない。たくましく生きていく力を身につけなさいと、教え子には伝え続けている。

O氏プレゼンお疲れ様でした。

次回は10/23K氏のプレゼンです。




[PR]
by connection-eigo | 2015-10-11 21:34

講師やスタッフが綴るブログです。


by connection-eigo
プロフィールを見る
画像一覧