Supermoon!

c0215031_15050739.jpg
昨日はSupermoonでした。皆さんお月さんみましたか?8日の「中秋の名月」のひよりもお月様が奇麗でした。
今朝、京都に行くお仕事の移動中にBBCのサイトで投稿された写真欄がありました。Supermoon は ''Harvest moon''とも記載されててまさに、秋の名月ですね。

一度御覧下さい。奇麗ですよ!

[PR]
by connection-eigo | 2014-09-10 14:57

重陽の節句

重陽の節句
陰暦の9月9日は『重陽の節句』あるいは『菊の節句』『重九の節句』と言われている。
古来、中国では奇数を陽数(縁起のよい数)としていたことから、陽数の最大値である九が重なるということで『重陽』と呼ばれている。
この中国での風習を取り入れて、江戸幕府は1/7を人日、3/3を上巳、5/5を端午、7/7を七夕(しちせき)、そして9/9を重陽として五節句を定めた。
中国では、菊の花は香りが高く、気品があるので長寿をもたらし邪気を祓うとされていることから、この日に菊酒(酒にキクの花をひたしたもの)を飲んだり、高い山にのぼったりするという習慣があった。
この中国の風習が平安時代に日本に伝来し、長寿を祈って菊酒を飲んだり、朝露と菊の香りを含んだ『せき綿』で体を拭いて、邪気を祓って若さをねがう。
現在では他の節句に比べて影がうすく、一般的には特別な行事はあまり行われていません。


Choyo – Longivity celebration
According to a lunar calendar, September 9th is a day of Choyo,-no-sekku,or longevity celebration.
From ancient time in China, odds numbers are considered to be auspicious and the double nine of Choyo is considered to be the most auspicious one.
During Edo period, Five seasonal celebrations were adopted; Jinjitu, january7, jyoshi, March 3,
Tango, May 5, Shichiseki,July 7 and Choyo, September 9.
In ancient China, a chrysanthemum has a pronounced scent and was considered to be a flower of grace. It was also believed to have the power to purge evil spirits. Thus on that day there was a custom to drink ‘’kiku sake’’ and clime up to a high mountain.
This Chinese custom was introduced during Heian period and people drank ‘’kiku sake’’ and wipe their body with a cotton fragrance of chrysanthemum to pray for their longevity.
Today, this seasonal celebration isn’t so well known as others.


[PR]
by connection-eigo | 2014-09-09 16:02

The full moon viewing

9/8もあと20分で日付が変わります。今夜は中秋の名月でした。8月から雨の多い中、今日は快晴、夜は雲ひとつなくお月様きれいです。
旧暦ではの8月15日の月を鑑賞するのが『お月見』。この日の月は、中秋の名月、十五夜ともいいます。1年のうちで最も美しい月とされています。中秋の名月を鑑賞する風習は中国の唐の時代からあり、それが平安時代に伝わりました。当初は貴族の間で十五夜を鑑賞していましたが、やがて武士、庶民へと広がりまりました。十五夜は芋などの収穫の時期でもあり芋名月と呼ばれています。十五夜にはお団子や里芋、お神酒などを供え、すすきをかざります。いろいろなイベントがこの日行われます。

O-tsukimi – The moon ViewingViewing a moon on August 15th in the old calendar is called O-tsukimi. A full moon on the day itself is called Chushu-no-Meigetsu or Jugo-ya. It is regarded as the most beautiful moon in a year. The custom was brought to Japan during Heian period from Tang China. At that time, it was only celebrated among the aristocracy, but it was gradually spread to Samurai and people. It was also called the Imo-Meigetsu(sweet potato full moon) since it was the harvest season of sweet potatos.On the day of Jugo-ya, dumplings, taros and sacred sake are offered, and papmas grasses are displayed. The moon Viewing events are hold. As of new calendar, Jugo-ya doesn’t occur on the same day every year. This year it falls on September 8th.


[PR]
by connection-eigo | 2014-09-08 23:47

9月になりましたね。本当に早いものです。日が暮れるのも急に早くなったような気がします。雨が多いせいか涼しくなりました。
8月は雨が多かったです。沢山の被害もでました。9月はどうなるのでしょうか?
先日の火曜日、代講でコネクションにてレッスンを行いました。約10数年前に、京子先生の代講で何度かレッスンを担当させてもらいました。年月の経つのは早いものです。10数年時が経過したということは、それなりにお年も重ねられて(私も)、様々なことがその間にあり、でもまだクラスを続けていらしゃることに感謝の気持ちで一杯です。中には90歳を迎えられる受講生の方もいらっしゃいます。こちらがパワーをいただいているような感じで。本当に。私も頑張ろう!  (T.M)

[PR]
by connection-eigo | 2014-09-01 18:49