<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

christmas in Britain ⑦

Boxing Day
In Britain, Boxing Day is usually celebrated on the 26th of December. However, strictly speaking, Boxing Day is the first weekday after Christmas.

Like Christmas Day, Boxing Day is a public holiday. When Boxing Day falls on a Saturday or Sunday the following Monday is the public holiday.

Why is 26th December called ‘Boxing Day’?
Traditionally on the 26th was the day to open Christmas box to share the contents with the poor.

History of Boxing Day
To protect ships
During the Age of Exploration, when great sailing ships were setting off to discover new land, A Christmas Box was used as a good luck device. It was a small container placed on each ship while it was still in port. It was put there by a priest, and those crewmen who wanted to ensure a safe return would drop money into the box. It was then sealed up and kept on board for the entire voyage.
If the ship came home safely, the box was handed over to the priest in the exchange for the saying of a Mass of thanks for the success of the voyage.
The Priest would keep the box sealed until Christmas when he would open it to share the contents with the poor.

To help the poor
An ‘Alms Box’**was placed in every church on Christmas Day into which worshipper placed a gift for the poor of the parish***. These boxes were always opened the day after Christmas, which is why that day became known as Boxing Day.

A present for the workers
Many poorly paid workers were required to work on Christmas Day and took the following day off to visit their families. As they prepared to leave, their employers would present them with Christmas Boxes.
During the late 18th century, Lords and Ladies of the manor would ‘box up’**** their left over food, or sometimes gifts and distribute them the day after Christmas to tenants who lived and worked on their lands.
The tradition of giving money to workers still continues today. It is customary for householders to give small gifts or monetary tips to regular visiting trades people (the milkman, dustman, coalman, paper boy etc.) and in some workplaces, for employers to give a Christmas bonus to employees.


Schools across the country gather together gifts to be put in Christmas Boxes that are sent to poorer countries.

c0215031_9355515.gif

Twelfth Night (5th January) – Decorations
Why is it bad luck to leave the decorations up after twelfth Night?
Long ago it was thought that leaving the decorations up would cause a disaster. People believed that tree-spirits lived in the greenery (holly, ivy etc.) they decorated their houses with. The greenery was brought into the house to provide a safe haven for the tree-spirits during the harsh midwinter days. Once this period was over it was necessary to return the greenery back outside to release the tree-spirits into the countryside once again. Failure to do this would mean that vegetation would not be able to start growing again (spring would not return), leading to an agricultural disaster.
Today people still feel uneasy about leaving the Christmas decorations up after Twelfth Night. Despite decorations now being made of foil or paper, and even though the tree-spirits are long forgotten, the superstition still survives.

Did you know?
Until the 19th century, people would keep decorations of holly, ivy, box, yew, and mistletoe up until February 2nd, Candlemas Day*****, the end of the Christmas season, 40 days after the birth of Jesus.

The Tree Wise Men are not included in the nativity scene until January 6th, three King’s day. The nativity scene is traditionally not taken down until 2nd February, Candlemas.
In the reign of Victoria decorations came down on Twelfth Night and generally were burnt.
Candlemas

The Twelfth Day of Christmas
Twelfth Day is the last day of Christmas season. In the Church of England, the Christmas season begins at evening Prayer on Christmas Eve.
Twelfth Day, as its name tells us, is the 6th of January. This day is the feast of Epiphany. The term means ‘to show’ or ‘to make known’ or ‘to reveal’. In Western churches, it remembers the coming of the wise men bringing gifts to visit the Christ child, who by so doing ‘reveal’ Jesus to the world as Lord and King.
In some Orthodox churches, Epiphany commemorates Jesus baptism, with the visit of the Magi linked to Christmas.

The Season of Epiphany
For many Protestant church traditions, the season of Epiphany extends from 6th January until Ash Wednesday, which begins the season of Lent leading to Easter.
In some western traditions, the last Sunday of Epiphany is celebrated as Transfiguration Sunday.

The Roman Catholic tradition observes Epiphany as a single day.

c0215031_9361789.jpg



ボクシングデー
英国において、ボクシングデーは12月26日に祝われます。厳密にいうと、この日はクリスマス後のはじめの平日の日です。

クリスマスの日と同様、ボクシングデーも祝日となります。この火が土曜日や日曜日であれば、月曜日が代休となります。

なぜ12月226日はボクシングデーと呼ばれるの?
伝統的に26日は貧しい者と箱の中に入っている者を分けるために箱を開ける日のことでした。

ボクシングデーの歴史
船を守る
探求の時代の間、新天地を見つけるために大きな船が出航する時に、クリスマスボックスが幸運の縁起かつぎのものとして使われました。船が就航する迄、小さな箱が牧師によって各船に備え付けられました。乗務員は無事に帰途につけることを願ってお金をその箱に入れたのです。出航になるとその箱は封印され航海を共にするのです。
無事に航海を終えた感謝の気持ちにかえてその箱は牧師の手に渡されます。牧師はクリスマスに封印された箱を開け貧しい者とともに分け合うのです。

貧しい者への救済
行政区の中にいる貧しい人のためにキリスト教信者がギフトを置いていくための慈善箱がクリスマスの日に各教会に設置されました。これらの箱はクリスマスの後にいつも開けるのでボクシングデーと呼ばれるようになりました。

労働者へのプレゼント
多くの所得者の労働者はクリスマスの日も働くことが要求されましたが、翌日、家族を訪れるため休みをとることができました。彼らの休み支度の時に、雇い主はクリスマスボックスと共にプレゼントを渡しました。
18世紀、マナーハウスの領主や婦人はクリスマスのごちそうの残った食べ物を箱に詰めて渡したり、時には彼らの領地に住んだり、働いている借地人にプレゼントを与えました。
従事するものに心付けを渡す習慣は今日も続いています。牛乳配達、ごみ回収、石炭配達をする人、新聞配達の子供に心付けを渡します。

英国において、学校ではプレゼントが入ったクリスマスボックスを発展途上国に送ります。


12日節前夜(1月5日)—装飾
12日節前夜の後になぜクリスマスの装飾を残しておくと縁起がよくないの?
遠い昔、飾り付けを残しておくと天災が起こると考えられていました。木の妖精が家に飾り付けるモチノキやツタなどの常緑樹に宿っていると信じられていたのです。真冬の厳しい寒さの間に木の妖精を守るために常緑樹は家の中に入れられたのです。
ある一定の時期が過ぎると妖精を自由にするために常緑樹を外に戻す必要がありました。
もし、これをしなければ植物は春になっても芽を出さず農作物への影響を引き起こすことを意味していたのです。

知っていましたか?
19世紀まで2月2日のイエス・キリスト生誕の40日後のクリスマス最後である聖燭節までモチノキ、柊、ツゲ、イチイやヤドリギの飾りを残していました。

東方三博士は1月6日にイエス・キリストの生誕にむけてベツレムに訪れる場面にはじめて登場します。生誕の場面は伝統的には聖燭節の2月2迄で、飾り付けはそまで片付けませんでした。

ヴィクトリア統治時代に飾り付けは12日節の前夜に片付けるようになり、それらは燃やされました。

クリスマス12日節
12日節はクリスマスシーズンの最後の日です。英国教会はクリスマス・イヴの夜の祈りから始まります。12日節は名前の通り、1月6日の日です。この日は公現祭の祝宴です。これは「見せる」「知らせる」「啓示する」という意味です。
西キリスト教会ではその日は東方三博士が指導者としてこの世に生誕したイエス・キリストに贈り物を持ってベツレムに訪れたことです。
東方正教会において、公現祭は東方三博士の訪れがクリスマスと関連しており、この日はイエスの洗礼を祝う日です。

公現祭の季節
多くのプロテスタント教会の慣習として公現祭は1月6日から復活祭につながる四句節が始まる季節の聖灰の水曜日(Ash Wednesday)まで延ばしています。西キリスト教の慣習では公現祭の最後の日曜日がキリスト教の変容の日曜日として祝います。

カトリック教会において、公現祭は単一の日として祝います。


7回にわたってChristmas in Britainを掲載しました。 楽しんでいただけたでしょうか?
今日はクリスマスですね。 

Merry Christmas!

c0215031_9402127.jpg









コネクション英会話スクールへのお問合せはこちらへどうぞ↓

電話: 06-6211-2181    E-mail: info@connection-eikaiwa.com
ホームページ: www.connection-eikaiwa.com

by connection-eigo | 2012-12-25 09:37

Christmas in Britain ⑥

Father christmas
Who is Father Christmas?
Father Christmas is the version of Santa Claus. He is an old jolly man with white hair, a beard and a moustache. He is dressed in a red suit* outlined in white. He and his elves make all the toys for Christmas in his home in the North Pole.
****The red coat is new Image of Father Christmas prior to about 1880 most pictured showed him with a green coat. The red became the most popular colour after the US introduction by Coca Cola during the 1930s.

History of Father Christmas in England
He was originally part of an old English midwinter festival, normally dressed in green, a sign of the returning spring. He was known as ‘Sir Christmas’, ‘Old Father Christmas’ or ‘Old Winter.’

In this earliest form, father Christmas was not the bringer of gifts for small children, nor did he come down the chimney. He simply wandered around from home to home, knocking on doors and feasting with families before moving on to the next house.

Charles Dickens’ A Christmas Carol (1843) is based on Father Christmas. He is described as a large man with a red beard and fur-lined green robe. Images of Father Christmas dressed in red started appearing on Christmas cards in the late Victorian times.

c0215031_2137946.jpg

Who is Santa Claus?
Santa Claus is based on a real person, St. Nicolas. St. Nicolas, or Sinter Klaas in Dutch, was a very shy man and wanted to give money to poor people without them knowing about it. It is said that one day, he climbed the roof of a house and dropped a purse of money down the chimney. It landed in the stocking which a girl had put to dry by the fire! This may explain the belief that Father Christmas comes down the chimney and places gifts in children’s stockings.
When the Dutch introduced Sinter Klaas to the Americans they called him Santa Claus.

c0215031_21351274.jpg



ファザークリスマス(サンタクロース)
だれがファザークリスマス?
ファザークリスマスはサンタクロースバージョンです。彼は白い髪、おひげ口ひげを持った陽気な男性。白抜きの赤い上着とズボン*を身にまとっています。
彼とトナカイは故郷である北極でクリスマス用の全ての玩具を作っています。
***赤い上着にズボンは新しいイメージのファザークリスマスで、約1880前までの写真は彼が緑色の服をまとっていたのが見られます。赤がもっとも人気のある色になったのは1930年代頃にコカ・コーラが合衆国において紹介してからです。

イギリスでのファザークリスマスの歴史
彼は古いイギリスの冬至を祝うお祭りの一部で、春の再生の象徴である、緑色の服をまとっていました。「サー・クリスマス(クリスマスさん)男性への呼びかかけ」「年老いたファザークリスマス」または「オールドウインター」で知られています。

最も古い形のものは、ファザークリスマスは煙突から降りてきて、小さな子供たちにプレゼントを持って来る人ではなく、ただ、彼はさまよい、家から家をノックしてはその家の家族とともにごちそうを共にしていただけなのです。

チャールディケンズのクリスマスキャロル(1843)」ではファザークリスマスをもとに書かれた小説です。彼は赤いひげに毛皮のふちのついた緑色の服で身をくるんだ大きな男性と描写されています。

誰がサンタクロース?
サンタクロースは聖ニコラスという実在人物が基となっています。聖ニコラス、オランダ語では「シンター・クロース」と言われていますが、彼はとても内気な男性で、誰からも知られずにこっそりと貧しい人にお金を与えたいと思っていました。伝えられる話によると聖ニコラスは家の屋根に上がりお金の入った袋を煙突から落としそれが、暖炉につるしてあった靴下の中に入ったとされています。
この話が、ファザークリスマスが煙突をつたって子供たちのつるした靴下の中にプレゼントを置いていったという話につながったことがわかるでしょう。オランダ人が「シンター・クロース」をアメリカ人に紹介した時に、サンタクロースとなったのです。

to be continued.......

c0215031_21354392.jpg





コネクション英会話スクールへのお問合せはこちらへどうぞ↓

電話: 06-6211-2181    E-mail: info@connection-eikaiwa.com
ホームページ: www.connection-eikaiwa.com

by connection-eigo | 2012-12-24 21:38

Christmas in Britain ⑤

Christmas Trees
Most houses in Britain will have a tree of some sort or other which they will decorate and will place the presents under. The traditional Christmas tree is a fir tree but now-a-days more people buy artificial trees.

The Christmas tree became popular in England in 1841 when Queen Victoria's husband, Prince Albert, brought a Christmas tree over from Germany and put it in Windsor Castle.
The Royal couple were illustrated in a newspaper standing around the Christmas tree with their children, and the tradition of decorating a tree became fashionable.

During the Victorian times, Christmas trees were decorated with candles to remind children of the stars in the sky at the time of the birth of Jesus. Using candles was, of course, a great fire hazard. Today candles have been replaced by little coloured electric lights.

Christmas trees were also decorated with sweets and cakes hung with ribbon. In 1880, Woolworths first sold manufactured Christmas tree ornaments which became very popular.

Today, Christmas trees are decorated with tinsel, lights and small ornaments which hang from the branches.

Why Christmas trees are decorated?
Long time ago people used to decorate trees outside each winter. When the trees had lost their leaves, it was felt that the spirits living in the trees had abandon them. This made people very worried because they believed that without tree-spirits the trees would not grow leaves ever again. To encourage the tree-spirits to return they dressed the trees with strips of coloured cloth. They hoped by making the trees look beautiful, the spirits would return to live in the trees ready for spring.


クリスマスツリー
英国のほとんどの家庭においてクリスマスツリーやまたそれに近いものが飾られプレゼントがその下に置かれます。
伝統的なクリスマスツリーは樅の木ですが、最近では人工的な木を購入するようです。

クリスマスツリーは1841年に英国において人気になりました。 その当時ヴィクトリア女王の夫である、ドイツ人のアルバート王子はクリスマスツリーをドイツからウインザー城に持ってきたのです。ロイヤルカップルが彼らの子供たちと一緒にクリスマスツリーの周りにたっている挿絵が新聞に載り、クリスマスツリーに飾り付けをするのがファッショナブルになりました。

イエス・キリスト誕生の夜空に輝いた星を子供たちに連想してもらうため、ヴィクトリア朝時代にキャンドルがクリスマスツリーに飾られました。しかしキャンドルを使うのは火事になる危険があります。今日ではキャンドルの代わりに小さなカラフルな電球が使われています。

クリスマスツリーはまたキャンディーやケーキがリボンでつるされていました。1880年、ウールウオース(お店の名前)が初めてクリスマスツリーのオーナメントを製造しそれがとても人気になりました。

今日、クリスマスツリーはティンゼル、電球そして枝につるされた小さなオーナメントで飾り付けされます。

なぜ、クリスマスツリーに飾り付けがされるの?
遠い昔、人は毎冬になると外で木を飾りつけていました。葉が枯れ木から落ちて行くときに木に宿っている妖精が居なくなるという言い伝えがあったのです。古来の人はもう、木が葉をつけなくのではならないかととても心配していました。木の妖精にまた宿ってもらうために、カラフルな布を木に着せました。木を美しくすることにより妖精が次の春に向けてまた戻ってきてくれると願ったのです。

to be continued......

c0215031_132053.jpg










コネクション英会話スクールへのお問合せはこちらへどうぞ↓

電話: 06-6211-2181    E-mail: info@connection-eikaiwa.com
ホームページ: www.connection-eikaiwa.com

by connection-eigo | 2012-12-22 13:03

christmas in Britain ④

Christmas Crackers
They are very popular and accompany meals over the Christmas period, especially on Christmas Day. A Christmas Cracker is a brightly coloured paper tube, twisted at both ends,
A person pulls on each end of the cracker and when the cracker breaks, a small chemical strip goes ''pop''and the contents fall out.
It traditionally contains a paper crown, a small gift and a joke written on a slip of paper.

Who invented the Christmas Crackers?
They were invented by Thomas Smith in 1846. During a visit to Paris he came across the bon-bon, a sugar almond wrapped in tissue paper. Thomas decided to try selling similarly wrapped sweets in the lead up to Christmas in England. His bon-bons sold well at Christmas but not at other times of the year.

In the early 1850s Thomas came up with the idea of including a motto with the sweet. As many of his bon-bons were bought by men to give to women, many of the mottos were simple love poems.

In about 1860, Thomas added the banger, two strips of chemically impregnated paper that made a loud noise on being pulled apart. At first these novelties were called 'cosaques', but they soon became known as ‘crackers’.

Unfortunately poor Thomas, his ‘cracker’ idea was copied by other manufactures and so he decided to replace the sweet with a surprise gift.

When Thomas died his two sons took over the business. The paper hat was added to the cracker the early 1900s and by the end of the 1930s the love poems had been replaced by jokes or limericks.

Why to the English wear king's paper crowns on Christmas day?
We wear paper hats on special occasions like Christmas Day and birthday parties. The tradition of wearing hats at parties goes back to the Roman Saturnalia celebrations (celebrated around 25th December) when the participants also wear hats.

The idea of wearing a paper crown may have originated from the Twelfth Night celebrations, where a King or Queen was appointed to look over the proceedings.

The paper crown hats we wear today are found inside the Christmas crackers. They are very traditional items to have at Christmas.

c0215031_23113253.jpg


クリスマスクラッカー
クリスマスの時期、特にクリスマスの日には特に人気のあるものです。 クリスマスクラッカーとは、カラフルな色の筒状のもので、両端がねじられています。 一人の人が片方をひっぱり、もう一人のひとが反対側を引っ張ります。
クラッカーがポン!となったらその筒の中に入っているものが出てきます。
通常、紙の王冠、小さなプレゼントそして1枚の紙片に書かれたジョークがその中に入っています。

誰がクリスマスクラッカーを発明したの?
1846年にトーマス・スミス氏によって発明されました。彼がパリを訪問中、紙に包まれた、アーモンドキャンデー、ボンボンに出くわしました。トーマスはイギリスでクリスマスの前にこのボンボンに似たスイーツを包んで売ることに決めました。彼のボンボンは、通年を通してではありませんが、クリスマスの時期になるととてもよく売れました。

1850年代のはじめ頃にトーマスはこのキャンデーに格言を一緒に入れるアイデアを思いつきました。多くの格言が愛のポエム(詩)ということでトーマスのボンボン(キャンデー)は男性が女性へのプレゼントとして買っていきました。

1860年頃、クリスマスクラッカーを引っ張ったときに大きな音を出すために細長い紙片の両端に薬品をしみ込ませた火薬を付け加えました。当初、この目新しいものは「コサック」
と呼ばれましたが後間もなく、「クラッカー」として知られるようになりました。

可哀想なトーマス、彼のクラッカーのアイデアは、他の製造者に真似られてしまいました。
そこでトーマスは考案を変え、サプライズギフトとしてのスイーツにするように決めました。

彼の死後、二人の彼の息子がビジネスを受け継ぎました。紙の王冠は1900年代のはじめに付け加えられ1930年代までには愛のポエムの替わりにジョークやリメリック(こっけいな5行詩)に変わりました。

なぜイギリス人はクリスマスの日に紙の王冠をかぶるの?
クリスマスの日や誕生日のような特別な日に紙の王冠をかぶります。パーティーに頭の上にかぶるという慣習は古代ローマの「12/25頃のサツナリア(Saturnalia)」のお祭りに由来します。当時パーティーの参加者も帽子をかぶっていたのです。

紙の王冠をかぶるという慣習は12日節前夜祭に由来しているかもしれないとのことです。 王もしくは女王がその祝祭の際を見守るために任命されました。

紙の王冠は今日もかぶられ、クリスマスクラッカーの中に入っています。クリスマスにはかかせない伝統的なものなのです。

c0215031_2312245.jpg


to be continued......



コネクション英会話スクールへのお問合せはこちらへどうぞ↓

電話: 06-6211-2181    E-mail: info@connection-eikaiwa.com
ホームページ: www.connection-eikaiwa.com

by connection-eigo | 2012-12-12 23:12

Christmas in Britain ③

A Traditional English Christmas Dinner

It is the main Christmas meal is traditionally eaten at mid-day or early afternoon on Christmas Day in England, and also in the rest of Britain.
A traditional English and British Christmas dinner includes roast turkey or goose, Brussels sprouts, roast potatoes, cranberry sauce, rich nutty stuffing, tiny sausages wrapped in bacon (pigs in a blanket) and lashings of hot gravy.

c0215031_2054812.jpg


The Christmas pudding

The Christmas pudding is a brown pudding with raisins, nuts and cherries. It is similar to fruitcake, except that pudding is steamed and fruitcake is baked.
Traditionally a silver coin (six pence) was hidden inside the Christmas pudding. The silver coin brought good fortune to whomever was lucky enough to find it when the pudding was cut.

c0215031_2062941.jpg


The flaming Christmas Pudding
Brandy is often poured over the pudding, which is then set a light as it is carried to the table. The lights are turned off so people can see the flames.
Christmas Pudding is served with custard or brandy sauce.

c0215031_2065354.jpg


伝統的なイギリスのクリスマスのごちそう
イギリスを含む英国において、一般的にメインのクリスマスの食事はクリスマスの日の正午もしくは昼下がりにいただきます。
英国の伝統的なごちそうは、ローストされた七面鳥もしくはガチョウ、芽キャベツ、ローストだれたポテト、クランベリーソース、こってりとした木の実風味の詰め物にベーコンで包まれた小さなソーセージ(毛布にくるまった子豚)とたっぷりの熱い肉汁があります。


クリスマスプディング
クリスマスプディングはレーズン、ナッツとチェリーの入った茶色いしっとりとしたケーキです。フルーツケーキに似ていますが、違いは、クリスマスプディングはスチームされているのに対してフルーツケーキはオーブンで焼かれているところです。
伝統的には銀貨(6ペンス硬貨)がこのプディングの中に隠されています。プディングがカットされて、銀貨の入っているプディングにあたった人に幸福がもたらせると言われています。

炎のクリスマスプディング
ブランデーがプディングの上にかけられこのプディングに火をつけて炎をともしながら食卓に運ばれます。部屋のライトが消されるのでプディングの炎をみることができます。
クリスマスプディングはカスタードもしくブランデークリームと添えていただきます。


to be continued.....



コネクション英会話スクールへのお問合せはこちらへどうぞ↓

電話: 06-6211-2181    E-mail: info@connection-eikaiwa.com
ホームページ: www.connection-eikaiwa.com

by connection-eigo | 2012-12-09 20:09

Christmas in Britain ②

History Of British Christmas Customs and Traditions
Many of their Christmas customs began long before Jesus was born. They came from earlier festivals which had nothing to do with the Christian church. Long ago people had mid-winter festivals when the days were the shortest and the sunlight was the weakest. They believed that their ceremonies would give the sun back its power. The Romans, for example, held the festival of Saturnalia around 25th December. They decorated their homes with evergreens to remind them of Saturn, their harvest god, to return the following spring.

Some of these customs and traditions were adopted by early Christians as part of their celebrations of the birthday of Jesus Christ.

In Victorian times some new ideas such as Father Christmas, Christmas cards and crackers were added to the celebrations.

Christmas Eve
Christmas traditionally started at sunset on 24th December.
In old time, people considered this to be Christmas Evening (Christmas Eve for short.)

Christmas Day
It is the favourite day for children. They wake up early in the morning to find their stockings have been filled by Father Christmas and excitedly unwrap the presents before breakfast!

Why do we give each other presents on Christmas Day?
Giving gifts is thought to be related to the gift that the wise men (the Magi) brought to Jesus.


Traditional Activities on Christmas Day in Britain

Church Services
c0215031_13174995.jpg


Christmas dinner and Christmas tea
c0215031_13183295.jpg


The Queen's Speech
c0215031_13193333.jpg




英国のクリスマスと伝統
多くのクリスマスの慣習はイエス・キリストが生まれる随分前から始まっていました。
その慣習はキリスト教会とは全く関係のなかった以前の祭りに由来するものです。古来、日が最も短く太陽の光がもっとも弱くなる日に人々は冬至の祭りを行っていました。この祭りを行うことで太陽の力を、再び取り戻すことができると当時の人々は信じていたのです。古代ローマ人を例に挙げると、12月25日頃にSaturnaria(サツルナリア)の祭りを行いました。彼らの収穫の神であるサターン(Saturn)に春に戻って来てもらえるよう、ローマ人は家に常緑樹を飾りつけました。

これらの慣習や伝統のいくつかはイエス・キリスト誕生の祝いとして初期のキリスト教徒によって取り入れられました。

ヴィクトリア朝時代にファザークリスマス、クリスマスカードそしてクラッカーのような新しいアイデアがこの祝典に加わりました。


クリスマス・イヴ
クリスマスは伝統的に12月24日の日没に始まります。 昔、人はこれをクリスマス イヴニング(短くしてクリスマス・イヴ)と考えました。

クリスマスの日
クリスマスは子供たちにとってお気に入りの日。子供はファザークリスマスによっていっぱいになったクリスマスの靴下を確認するためにとても早く起きて朝食の前にプレゼントを開けます。

クリスマスの日、なぜ、プレゼント交換をするのでしょうか?
プレゼント交換は生まれたばかりのイエスに誕生を記念して東方三博士が贈り物を持っていったということにかんれんしていると考えられています。

英国でクリスマスの日に行われること。
礼  拝  
クリスマス晩餐とティー
女王のスピーチ


To be continued.......

c0215031_1320322.jpg








コネクション英会話スクールへのお問合せはこちらへどうぞ↓

電話: 06-6211-2181    E-mail: info@connection-eikaiwa.com
ホームページ: www.connection-eikaiwa.com

by connection-eigo | 2012-12-08 13:21

MUSE-CONNECTION CHristmas Party

びすとろぽたじぇさんにて一足早いクリスマスパーティーを開催しました。
ご参加いただいた皆様、有り難うございました!
c0215031_2154785.jpg
c0215031_21522278.jpg
c0215031_21512222.jpg






コネクション英会話スクールへのお問合せはこちらへどうぞ↓

電話: 06-6211-2181    E-mail: info@connection-eikaiwa.com
ホームページ: www.connection-eikaiwa.com

by connection-eigo | 2012-12-02 21:55

講師やスタッフが綴るブログです。


by connection-eigo
プロフィールを見る
画像一覧