朝日カルチャーセンター中之島『英語で学ぶ日本文化』August 3rd 2017

8/3朝日カルチャーセンター中之島での講座です。8月、旧暦では、秋となります。

皆さんのミニ・プレゼンを紹介する前に、8月について私の思いをこちらで綴りたいと思います。
8月は日本では様々な行事があります。楽しいイベントでいうと花火大会に盆踊り、実はこちらはお盆にちなんな祭りごとであります。祭りは祀りごとでもあります。亡き魂を祀ることでもあるのです。8月、風化してはいけないイベントがあります。8月6日は広島で原爆記念日。9日は長崎、そして15日は終戦記念日です。被曝された方の平均年齢は85歳を超えています。そして戦後、今年で72年。日本では憲法をめぐって色々な転換期を迎えようとしています。昨年、5月に前アメリカ合衆国オバマ大統領が広島を訪れた際、日本のメディアはもとより戦争、もとより核の脅威に焦点が当てられました。『戦争は二度といけない。』再認識したと思います。
1年後の今はどうでしょうか?クラスの中で歳時記など毎月の出来事を話題に入れるのですが、残念なことに、8月はどんな出来事?と尋ねた際、積極的に出てこない話題が原爆であったり終戦のことなのです。137.png日本が平和すぎるのでしょうか?歴史を知るにつれて、日本がいや〜なことをする加害者であったりもしました。未だ、近代歴史については討論出来ずタブーなことも多いのは確かです。問題意識をどうもつのか?また、どう直面するのか?一方で、日本は原爆を被った国でもあります。だからこそ、日本が率先して世界に反戦をアピールできるNation(国民)でありたいと思います。

前置きが長くなりました。ではこの日のプレゼンについて。
c0215031_23255852.jpg
本日の菓子です。受講生の皆さん、それぞれトピックに合わせたり、四季に合わせたスイートをお持ち下さいます。ワクワク。楽しみな時であります。101.png

●今回のトップバッターはS女史『犬飼道子』犬飼さんは今年7月24日に他界されました。日本の評論家であり、首相を務めた犬養毅のお孫さんであります。女子学習院、津田英学塾で学んだ後、留学し、1970年代以降ヨーロッパに在住し、1979年から世界の飢餓、難民問題に深くかかわっていることでも知られている人物であります。読書をこよなく愛されるS女史は、今回この方についてミニプレゼンをされました。同時に焦点を当てられたのが犬飼毅氏、号は木堂、道子さんの祖父で、憲政の神様と言われています。今回初めて知ったのですが、岡山県に『犬飼木堂記念館』があるとのことです。
詳しくはこちらをクリックください。

犬飼道子さん、たくさんの本を著作されています。『人はどう生きるのか、どう死ぬのか。』などなど。是非、近く読んで見たいと思います。

●次はY女史。写経についてです。今写経が流行っているとか・・・??写経とは漢字の通り、お経を写すことです。仏教は6世紀に日本に伝わりました。写経は功徳を積むためでもあるのですが、今では、集中力を高めるため、精神的な幸福を求めて、または、瞑想のために・・・。動機は様々です。ストレス社会の中、喧騒としている中、人間関係も薄くなってきています。人は何か、くつろげる、人生のよりどころを模索しているのかもしれません。というわけで写経が巷で流行っているそうです。関西地方では多くの寺院が写経をするスペースを設けているそうです。



●S氏はドーナツの穴について。
c0215031_23593300.jpeg
この本をご存知でしょうか?同氏曰く、この本は哲学書であるらしい。決して哲学だからでなく、S氏はドーナツが好きだからこの本を買ったという。(今回のスイートも食べ比べ、2種のドーナツ。)ドーナツには穴がある。ドーナツの穴だけを残して食べることができるのか?あるいは、ドーナツの穴だけを食べることができるのか?ドーナツの真ん中には何があるのだろうか?凡人には疑問さえもならないドーナツの穴。子供の頃に戻って、もしくは頭を柔軟に。日々の生活では思いもしない『why?なぜ?』でもここに面白い発想があるのかもしれない。

● 本日のラストはM氏。プロジェクターを使って、フィリピンの旅の写真をご披露です。やはり写真はすごいですね。視覚で見て、なるほど〜。興味深い写真がたくさんです。

このフィリピンの写真とは別にハーモニカの歴史について話しされました。ハーモニカはドイツで発明され当時はマウス・オルガンと呼ばれていたそうです。日本には明治24年に初めて輸入され、口琴と呼バレていました。1827年にクリスチャン・メスネルによる近代ハーモニカの原型を完成から1827年。190年経ちます。M氏、1年半前ごろからハーモニカを吹いているそう。毎日、90分。継続は力なり。私みたいな3日坊主ではございません!M氏に尋ねました。 Why did you decide to play harmonica? 答えは非常に現実的かつ、理論的でした。誤嚥を防ぐためだそうです。

次回の講座は9月14日です。





[PR]
by connection-eigo | 2017-08-08 00:22 | プレゼンテーション