Christmas in Britain ⑥

Father christmas
Who is Father Christmas?
Father Christmas is the version of Santa Claus. He is an old jolly man with white hair, a beard and a moustache. He is dressed in a red suit* outlined in white. He and his elves make all the toys for Christmas in his home in the North Pole.
****The red coat is new Image of Father Christmas prior to about 1880 most pictured showed him with a green coat. The red became the most popular colour after the US introduction by Coca Cola during the 1930s.

History of Father Christmas in England
He was originally part of an old English midwinter festival, normally dressed in green, a sign of the returning spring. He was known as ‘Sir Christmas’, ‘Old Father Christmas’ or ‘Old Winter.’

In this earliest form, father Christmas was not the bringer of gifts for small children, nor did he come down the chimney. He simply wandered around from home to home, knocking on doors and feasting with families before moving on to the next house.

Charles Dickens’ A Christmas Carol (1843) is based on Father Christmas. He is described as a large man with a red beard and fur-lined green robe. Images of Father Christmas dressed in red started appearing on Christmas cards in the late Victorian times.

c0215031_2137946.jpg

Who is Santa Claus?
Santa Claus is based on a real person, St. Nicolas. St. Nicolas, or Sinter Klaas in Dutch, was a very shy man and wanted to give money to poor people without them knowing about it. It is said that one day, he climbed the roof of a house and dropped a purse of money down the chimney. It landed in the stocking which a girl had put to dry by the fire! This may explain the belief that Father Christmas comes down the chimney and places gifts in children’s stockings.
When the Dutch introduced Sinter Klaas to the Americans they called him Santa Claus.

c0215031_21351274.jpg



ファザークリスマス(サンタクロース)
だれがファザークリスマス?
ファザークリスマスはサンタクロースバージョンです。彼は白い髪、おひげ口ひげを持った陽気な男性。白抜きの赤い上着とズボン*を身にまとっています。
彼とトナカイは故郷である北極でクリスマス用の全ての玩具を作っています。
***赤い上着にズボンは新しいイメージのファザークリスマスで、約1880前までの写真は彼が緑色の服をまとっていたのが見られます。赤がもっとも人気のある色になったのは1930年代頃にコカ・コーラが合衆国において紹介してからです。

イギリスでのファザークリスマスの歴史
彼は古いイギリスの冬至を祝うお祭りの一部で、春の再生の象徴である、緑色の服をまとっていました。「サー・クリスマス(クリスマスさん)男性への呼びかかけ」「年老いたファザークリスマス」または「オールドウインター」で知られています。

最も古い形のものは、ファザークリスマスは煙突から降りてきて、小さな子供たちにプレゼントを持って来る人ではなく、ただ、彼はさまよい、家から家をノックしてはその家の家族とともにごちそうを共にしていただけなのです。

チャールディケンズのクリスマスキャロル(1843)」ではファザークリスマスをもとに書かれた小説です。彼は赤いひげに毛皮のふちのついた緑色の服で身をくるんだ大きな男性と描写されています。

誰がサンタクロース?
サンタクロースは聖ニコラスという実在人物が基となっています。聖ニコラス、オランダ語では「シンター・クロース」と言われていますが、彼はとても内気な男性で、誰からも知られずにこっそりと貧しい人にお金を与えたいと思っていました。伝えられる話によると聖ニコラスは家の屋根に上がりお金の入った袋を煙突から落としそれが、暖炉につるしてあった靴下の中に入ったとされています。
この話が、ファザークリスマスが煙突をつたって子供たちのつるした靴下の中にプレゼントを置いていったという話につながったことがわかるでしょう。オランダ人が「シンター・クロース」をアメリカ人に紹介した時に、サンタクロースとなったのです。

to be continued.......

c0215031_21354392.jpg





コネクション英会話スクールへのお問合せはこちらへどうぞ↓

電話: 06-6211-2181    E-mail: info@connection-eikaiwa.com
ホームページ: www.connection-eikaiwa.com

by connection-eigo | 2012-12-24 21:38

講師やスタッフが綴るブログです。


by connection-eigo
プロフィールを見る
画像一覧