ブログトップ

英会話・英語スクール・異文化スタディーズ・英語・英会話出張講座-Muse English - Connection

やばいを英語で?

先日受講生の一人である、S氏とのレッスンの会話の中で、日本語と英語の意味の違いに話が盛り上がる。同氏の質問、やばいってどう訳すんですか?基本的にdangerousですよね?でもこれどう考えてもおかしいですよね〜。」まあ、直訳したら、

''dangerous''=危険。

「やばいぐらいおいしい。ってなんていうんですか?」ここで危険と訳したら、まじ、ヤバい!かも・・・。
「危険」以外にひどいとも言うのかな?ネガティヴなら、awfulcrapもありますね。
今風の使い方なら、若い世代はプラス面の意味で使うterrific, amazing もしくは、すごいつまりreallyという副詞法として使うようだ。

やばいぐらい美味しいは明らかにプラスの意味。私なら、''This is bloody good!''って訳すかな〜?


先日女子大生6人組とバスをともにした。彼女たちの声は大きかった。なので、耳をダンボししなくてもよく会話が聞こえた。どうも関東・中部出身のようだ。

Aさん: あの番組で、Cさんでてたよね〜!      
Bさん:ア〜、みたみた!すごいやばかったよね!
Aさん:うん、まじ、やばい、やばい!

彼女たちの会話をきいて、ちょっと、理解に苦しんだが、声のトーンから、Cさんは彼女たちの
お気に入りタレントだと、察知した。
私なりに英語に直してみる。もっとスラングを使うとリアルなんだけど、ここは、私の立場を考えて遠慮しておきたい。

A: C was on that TV program!
B: Yeah, I saw him. **He was brilliant!
A: Yeah, **he was awesome!
**のheの部分で注釈:彼女たちの会話には主語はなかった。私はhe=彼と訳したが、もしこれがテレビ番組を指してたら、itである。

c0215031_1292351.jpg




コネクション英会話スクールへのお問合せはこちらへどうぞ↓

電話: 06-6211-2181    E-mail: info@connection-eikaiwa.com
ホームページ: www.connection-eikaiwa.com

by connection-eigo | 2012-08-31 01:29